12月17日は、明治ブルガリアヨーグルトの日という記念日です。

明治ブルガリアヨーグルトの日は、「明治ブルガリアヨーグルト」の魅力を世に伝えるのを目的に制定された記念日です。

さらに詳しく「明治ブルガリアヨーグルトの日」について知りたい場合は、このまま読み進めてもらえれば理解を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「明治ブルガリアヨーグルトの日」に関する基本情報

明治ブルガリアヨーグルトの日が、どのような由来や意味がある記念日なのか?どんな特徴があるのか?基本的な情報を紹介します。

なぜ、12月17日に制定されたのか?

1973年(昭和48年)12月17日に、「明治ブルガリアヨーグルト」が発売された日であることから、この日を記念日として制定されました。

誰が制定した記念日なのか?

「明治ブルガリアヨーグルトの日」は、発売元である株式会社明治が制定しました。

いつ制定された記念日なのか?

2012年(平成24年)に、株式会社明治が制定した記念日です。

スポンサーリンク

 

「明治ブルガリアヨーグルト」に関する豆知識

明治ブルガリアヨーグルトに関連する豆知識を紹介します。

明治ブルガリアヨーグルトとは?

明治ブルガリアヨーグルトは、株式会社明治(旧名:明治乳業)が発売している、日本国内で、ヨーグルト市場の30%を占めているトップブランドのヨーグルトです。

開発のきっかけは大阪万博

1970年に開催された大阪万博に出展されたブルガリア館で、当時、明治乳業の幹部が、本場のブルガリアのヨーグルトを試食し、感銘を受けたのを切っ掛けとして開発がはじまりました。

開発当初は、試行錯誤を繰り返す

ヨーグルトの開発当初は、本場のブルガリアのヨーグルトの味を再現するため、サンプルを持ち帰り、試行錯誤を繰り返し、研究を重ね、研究のため、何度もヨーロッパに足を運んだそうです。

日本で初めてのプレーンヨーグルト

明治ブルガリアヨーグルトは、日本で初めてのプレーンヨーグルトとして発売されました。それまでの日本で発売されていたヨーグルトは、ゼリー加工されていました。

本場、ブルガリアの菌を使ったヨーグルト

明治ブルガリアヨーグルトは、今でも、定期的にブルガリアから乳酸菌の株を輸入してヨーグルトを作っています。輸入する理由は、現地以外で培養すると菌の性質が変わるためです。

ブルガリア政府の公認のヨーグルト

明治ブルガリアヨーグルトは、ブルガリア政府に公認されているヨーグルトです。その理由は、ブルガリア国内から乳酸菌株を持ちだすためには、政府の許可が必要であるためです。

どうやって正式にブルガリアの許可を得たのか?

明治ブルガリアヨーグルトの元になる乳酸菌株を、国外に輸出するために、様々な交渉が行われましたが、その過程で、「ブルガリア」という国名を商品名に入れることで、ブルガリア政府に正式に許可されました

スポンサーリンク

 

明治ブルガリアヨーグルトの商品ラインナップ

プレーンヨーグルト

明治ブルガリアヨーグルト LB81プレーン

「明治ブルガリアヨーグルト LB81プレーン」は、最も伝統がある正統派のプレーンヨーグルトです。1984年からLB51乳酸菌を配合。1993年からLB81乳酸菌を配合。1996年には、特定保健用食品の許可を取得。2014年には、特許を取得した「まろやか丹念発酵技術」を使用し、「明治ブルガリアヨーグルト LB81プレーン」が進化しています。

明治ブルガリアヨーグルト LB81 ドマッシュノ

「明治ブルガリアヨーグルト LB81 ドマッシュノ」は、「明治おいしい牛乳」のナチュラルテイスト製法を応用して製造されたヨーグルトです。濃厚なプレーンヨーグルトが特徴でしたが、2004年に発売を開始しましたが、2008年には発売を終了しました。

明治ブルガリアヨーグルト LB81 そのままおいしい脂肪0プレーン

「明治ブルガリアヨーグルト LB81 そのままおいしい脂肪0プレーン」は、既に発売されていた「脂肪0」と「そのままで」を統合して2012年10月に発売されました。「まろやか丹念発酵」と乳糖分解技術を使うことで、酸味を抑えて、脂質ゼロのプレーンヨーグルトが誕生しました。

明治ブルガリアヨーグルト LB81 なめらかクリーミープレーン生乳100

「明治ブルガリアヨーグルト LB81 なめらかクリーミープレーン生乳100」は、「明治おいしい牛乳」に使われていた「ナチュラルテイスト製法」と「脱酸素発酵」の製法を組み合わせて、口当たりがシッカリとした食感の生乳100%のプレーンヨーグルトが誕生しました。

スポンサーリンク

 

ハードヨーグルト

明治ブルガリアヨーグルト LB81低糖

「明治ブルガリアヨーグルト LB81低糖」は、「明治北海道十勝ヨーグルト」に比べて、34%の糖類をカットした低糖タイプです。

明治ブルガリアハネーヨーグルト LB81

「明治ブルガリアハネーヨーグルト LB81」は、宅配専用に開発された製品です。ローヤルゼリーが配合されており、カルシウムも牛乳の1.5倍と、女性に嬉しいヨーグルトです。
 

ソフトヨーグルト

ソフトタイプのヨーグルトは、「明治ブルガリアヨーグルト脂肪0」、「明治ブルガリアヨーグルト」の2種類があります。

明治ブルガリアヨーグルト脂肪0

「明治ブルガリアヨーグルト脂肪0」は、「ストロベリー低脂肪」「ブルーベリー低脂肪」「秋の果実ミックス」「白桃」と言ったフルーツ果汁入りの間食向けのヨーグルトです。

明治ブルガリアヨーグルト

「明治ブルガリアヨーグルト」は、「ストロベリー」「ブルーベリー」「白桃」「アロエ」「8種のフルーツ」「葡萄」のラインナップで、食べきりタイプの小分けの4個パックがあります。
 

ドリンクヨーグルト

特定保健用食品の飲むヨーグルト

特定保健用食品を取得しているドリンクタイプのヨーグルトは、「明治ブルガリアのむヨーグルト LB81プレーン」「明治ブルガリアのむヨーグルト プレーンLB81」「明治ブルガリアCaのむヨーグルト」の3種類があります。

その他の飲むヨーグルト

その他にも、ドリンクタイプのヨーグルトとしては、「明治ブルガリアのむヨーグルト LB81プレーン」「明治ブルガリアのむヨーグルト プレーンLB81」「明治ブルガリアのむヨーグルト アロエ」「明治ブルガリアのむヨーグルト ブルーベリー」「明治ブルガリアCaのむヨーグルト」「明治ブルガリアのむヨーグルト つぶつぶ果肉 ブルーベリーミックス」「明治ブルガリアのむヨーグルト つぶつぶ果肉 ストロベリー」「明治ブルガリアのむヨーグルト ストロベリー」「明治ブルガリア活力すっきりのむヨーグルト」「明治アクアブルガリア」と言ったような数多くの飲むタイプのヨーグルトが発売されています。

容器の進化

明治のヨーグルトの発売当初は、乳牛パックと同じ容器で販売されていました。それが、1981年からは、プラスチック製の上蓋が付いた、現在の容器に変わっています。

2012年の誕生40周年

2012年には、明治ブルガリアヨーグルトが、誕生40年目を迎えました。それを記念して「明治ブルガリアヨーグルトレシピBOOK」が発売されています。

スポンサーリンク

 

ヨーグルトに関係する記念日

ヨーグルトに関連する記念日は、「明治ブルガリアヨーグルトの日」以外にも、様々な記念日が制定されています。

具体的なヨーグルト関連の記念日としては、

  • LG21の日(2月1日)
  • 2連ヨーグルトの日(2月2日)
  • 脂肪0%ヨーグルトの日(4月4日)
  • ヨーグルトの日(5月15日)
  • 豆乳で作ったヨーグルトの日(7月8日)
  • バニラヨーグルトの日(8月24日)
  • ギリシャヨーグルトの日(9月1日)
  • カスピ海ヨーグルトの日(11月18日)
  • 明治ヨーグルトR-1の日(12月1日)
  • ビフィズス菌の日(12月2日)
  • アロエヨーグルトの日(12月10日)

と言った様に、数多くの記念日が制定されています。
 

まとめ

12月17日の「明治ブルガリアヨーグルトの日」は、明治が発売するヨーグルトです。この記念日を活用して、ヨーグルトを食習慣に取り入れて、より健康な体になるように心がけてみるのも良いのではないかと思います。