12月1日は、下仁田葱の日です。

下仁田葱の日は、群馬県の下仁田町で、伝統的な方法で栽培されている食通をうらなせるネギをPRをするための記念日です。

下仁田葱の日の近くの11月の下旬には、下仁田ねぎ祭りも行われて、実際に、下仁田ネギを楽しむことができるイベントもあります。

詳しく下仁田葱の日について知りたい場合は、さらに読み進めると参考になります。
 

スポンサーリンク




「下仁田葱の日」の基本情報

下仁田葱の日という記念日が、どんな由来や意味があり、誰が、いつ、どんな目的で制定したのかをまとめて紹介します。

下仁田葱の写真

「下仁田葱の日」とは?

下仁田葱(しもにたネギ)とは、群馬県甘楽郡下仁田町を中心として、その周辺でのみ栽培できるネギです。

伝統的な栽培方法を守って生産されており、煮ることで特有の風味ととろりとした食感が食通をうならせるネギです。

江戸時代には、大名が「送料はいくらかかってもいいから大至急200本送れ」というほど昔から有名なネギらしいです。

誰が制定したのか?

2009年(平成21年)に、群馬県甘楽郡下仁田町馬山地区の下仁田ファーム、下仁田葱の会が制定した記念日です。

「下仁田葱の日」の由来、目的とは?

下仁田葱をアピール、PRするために制定された記念日です。将来的には、ボジョレーヌーボーの解禁のように、多くの人に知ってもらえればという思いが込められている記念日です。

なぜ、12月1日なのか?

12月1日は、下仁田ファームの下仁田葱の出荷解禁日であることから、この日にしたようです。

下仁田葱の日のイベント・プロモーション

ここからは、下仁田葱の日に関連するイベントやプロモーションに関する情報を紹介します。

下仁田葱の日が日本記念日協会に正式登録さらた時

下仁田葱の日が制定された年は、「道の駅 しもにた」で「下仁田葱のブランド箱の初売り」、「葱の会のネギをプレゼント」などが行われました。

下仁田ねぎ祭り

下仁田ねぎ祭りは、11月下旬、これから下仁田ネギの収穫時期を迎えるにあたり、「下仁田ねぎ」をPRするイベントが毎年行われています。

お祭りの内容

下仁田ねぎ祭りでは、

  • 下仁田ネギの直売
  • 農産物の直売
  • 巨大ねぎま:参加者が作り焼く
  • 大名焼き:ネギをシンプルに焼く
  • ねぎの鉄板焼き:下仁田葱の会が無料で提供
  • しもにた汁:JA甘楽富岡が無料で提供
  • 焼き肉:群馬県食肉消費対策協議会が無料で振る舞う
  • イートブースも出店
  • 人力車:昭和レトロな街並みをめぐれる
  • ご当地キャラの大集合
  • お楽しみ抽選会
といったことが行われています。

開催日は?

2016年は、11月20日(日曜日)に行われました。2017年は11がtう23日(木曜日・祝日)に行われています。

時間は?

午前9時~午後16時までです。

住所

住所:群馬県甘楽郡下仁田町大字下仁田390-1

アクセス

  • 上信電鉄下仁田駅から徒歩で5分
  • 上信越自動車道下仁田ICから車で10分

 

スポンサーリンク

ネギに関する豆知識

ネギに関する豆知識を紹介します。

ネギの栄養効果

ネギに含まれている栄養成分は、

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • βカロテン
  • カルシウム
  • アリシン

といった成分が含まれています。

ネギと納豆の組み合わせがオススメ

ネギの臭いは、アリシンという成分です。アリシンはビタミンB1の吸収を高めるので、納豆と一緒に食べるのが良いと言われています。

納豆には、血栓を溶かすというナットウキナーゼという成分が含まれています。ネギは、血栓を予防する成分が入っているとも言われているので、血液をサラサラにしたい人は、納豆とネギを一緒に食べると良いみたいです。

食べ過ぎは良くない?

ネギには、アリシン(硫化アリル)という物質が含まれています。アリシンは、血行促進や強い殺菌作用があると言われています。食べ過ぎると、強い殺菌作用で、胃粘膜が荒れる可能性があると言われています。

青い部分と白い部分の違いとは?

ネギの青い部分

ネギの青い部分は、香りがいいので、「炒め物」「薬味」として使うのに適しています。
栄養成分としては、

  • βカロチン(ビタミンA)
  • カリウム
  • 葉酸
  • ビタミンK
  • カルシウム

などが含まれています。

ネギの白い部分

ネギの白い部分は、甘みがあるので、「やき鳥」や「煮込み」などの料理に使うと美味しく食べれます。
含まれている栄養成分としては、

  • アリシン(硫化アリル)
  • カルシウム
  • カリウム

といった成分が含まれているようです。

 

まとめ

下仁田葱の日は、下仁田ネギをPRする日です。下仁田ネギを知らない人も多いと思いますが、江戸時代の大名が「送料はいくらかかってもいいので大至急送れ」といったほどのネギなので、機会があれば、実際に食べて未来ネギだと思います。

群馬県の近くに住んでいる人なら、11月下旬の下仁田ねぎ祭りに参加すると美味しいネギが食べれるのでオススメではないかと思います。