11月8日は、「いい歯の日」です。

いい歯の日とは、どのような由来や意味がる記念日なのか?

誰が制定した記念日なのか?

ここでは、「いい歯の日」について詳しくまとめて紹介しています。
 

スポンサーリンク




「いい歯の日」ができた理由とは?

11月8日の「118」が「いい歯」の語呂合わせで、日本歯科医師会が歯の健康増進の啓発のために作った記念日です。

「いい歯の日」を作った目的とは?

日本歯科医師会は、厚生労働省とともに、「口の中の健康を保ち、長く食事を楽しむ」といった願いを込めて、1989年(平成元年)から「80歳になってからも自分の歯を20本以上保とう」という「8020運動」を推進しています。

8020運動の一環として、歯の健康維持の啓発を目的に、「いい歯の日」が作られました。

8020運動の達成者の推移

8020を達成している人は、年々、増加の傾向があり、平成23年度の歯科疾病実態調査によると、

  • 1987年: 8.2%
  • 1993年:10.9%
  • 1999年:15.3%
  • 2005年:24.1%
  • 2011年:38.3%

と、かなり多くの人が80歳になっても20本以上、自分の歯を維持している人が増えています。

この為、将来的には2022年には、8020を達成する人が、50%の達成を目指しています。

スポンサーリンク

なぜ、20本以上の歯が必要なのか?

8020は、80歳になっても、自分の歯を20本、維持するという意味ですが、なぜ、20本の歯なのでしょうか?

20本の歯を維持する理由は、20本以上の歯があればほとんどの食べ物を噛み砕くことができ、味を楽しみながら食事ができるためです。

食事の美味しさと歯の本数の関係

(財)日本口腔保健協会が発行する「口から始まる全身の健康」によると、

  • 20.1本:食事がとても美味しい
  • 19.3本:食事が美味しい
  • 16.8本:普通
  • 11.1本:美味しくない

といったような統計データがあります。

この為、20本以上の自分の歯を維持することができれば、食事を美味しく食べることができるので「8020」ということになったようです。

「8020」を達成するためのポイント

「8020」を達成するため、または、「いい歯」を維持するためには、毎日のケアが大切です。

具体的に、歯を健康に維持するためには、

  • 毎日のブラッシングをする
  • ブラッシングで、口内に残った食べ残しなどを取り除きます。

  • デンタルフロスや歯間歯ブラシを使う
  • 歯磨きでは取りきれない、歯と歯の間の食べ残しを取り除きます。

  • 歯ごたえのあるモノをよく噛んで食べる
  • 固い物を噛むことで、アゴの筋肉を鍛えます。

  • 歯が抜けたら歯科医で見てもらう
  • 歯が抜けたら、かみ合わせや歯並びを整えて、噛む機能を回復させます。

  • 定期検診をかかりつけの歯科医で行う
  • 定期的にかかりつけの歯科医で定期検診を受け、早期発見を目指します。

といった、毎日の丁寧な口内ケアが大切になります。

丈夫な歯を維持するためには、毎日の歯磨きと定期検診が大切になります。

スポンサーリンク

いい歯の日のイベント

いい歯の日のイベントとして有名なのが、

  • ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー
  • スマイルフォトコンテスト

といったイベントが行われています。

「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」は、全国の日本歯科医師会会員の投票によって、歯が印象的な笑顔の男女の有名人が選出されるイベントです。スマイルフォトコンテストは、全国から寄せられた笑顔が素敵で、いい歯の日にふさわしい写真の選出が行われています。

「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」の過去の受賞者とは?

ベストスマイル・オブ・ザ・イヤーは、1993年から行われている歴史のあるイベントです。過去の受賞者は下記の通りです。

2016年

  • 男性:松坂桃李
  • 女性:三宅宏実

2015年

  • 男性:松岡修造
  • 女性:土屋太鳳

2014年

  • 男性:坂上忍
  • 女性:橋本環奈

2013年

  • 男性:山本裕典
  • 女性:指原莉乃

2012年

  • 男性:スギちゃん
  • 女性:剛力彩芽

2011年

  • 男性:三浦知良
  • 女性:武井咲

2010年

  • 男性:佐々木蔵之介
  • 女性:松下奈緒

2009年

  • 男性:佐藤隆太
  • 女性:ベッキー

2008年

  • 男性:DAIGO
  • 女性:谷本歩実

2007年

  • 男性:藤木直人
  • 女性:長澤まさみ

2006年

  • 男性:室伏広治
  • 女性:黒木瞳

2005年

  • 男性:武豊
  • 女性:上戸彩

2004年

2004年は、表彰自体が行われなかった。

2003年

  • 男性:永井大
  • 女性:伊東美咲

2002年

  • 男性:丸山茂樹
  • 女性:鈴木杏

2001年

  • 男性:石原伸晃
  • 女性:国仲涼子

2000年

  • 男性:瀧本誠
  • 女性:田島寧子

1999年

  • 男性:王貞治
  • 女性:茂森あゆみ

1998年

  • 男性:清水宏保
  • 女性:深田恭子

1997年

  • 男性:佐々木主浩
  • 女性:平木理化

1996年

  • 男性:十文字貴信
  • 女性:有森裕子

1995年

  • 男性:川口能活
  • 女性:田村亮子

1994年

  • 男性:イチロー
  • 女性:田中眞紀子

1993年

  • 男性:布施博
  • 女性:伊達公子

上記の通り、「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」は、その時の人気がある人、話題になった人の中から、笑顔が似合う人が選ばれているようです。

スポンサーリンク

市区町村で行われるイベント

11月8日や、その日のある週などには、「いい歯の日」の健康フェアとして、

  • 親子よい歯のコンクール
  • いい歯で笑顔、歯の健康チェック
  • 「いれ歯のいろいろ」「歯によい食べ物」等の展示コーナー
  • 川柳コンクール
  • 健康体験フェスタ
  • いい歯の日フェア
  • 歯のひろば

などの歯や口内の健康維持、増進のためのイベントが各地で行われています。

「いい歯の日」に似た記念日

いい歯の日と同じような記念日としては、

  • 4月18日:「よい歯の日」
  • 4月18日の「418」が、4(よ)1(い)8(は)の語呂合わせで出来た記念日です。

  • 6月 4日:「むし歯予防デー」
  • 6月4日の「64」が、6(む)4(し)にちなんで、「むし歯予防デー」として虫歯を予防する記念日です。

まとめ

11月8日の「いい歯の日」は、年をとっても長く健康な歯を維持することで、長く美味しく食事が食べれ、健康でいるために、歯磨きの方法や大切さを意識するのにいい記念日だと思います。