霜月(しもつき)とは、旧暦での11月の呼び方です。

でも、秋である11月(霜月)で、なんで「霜(しも)」と言う、冬にできるモノがついているのか?疑問に思いませんか?


そこで、今回は、
  • 霜月の意味は何か?
  • 読み方は?
などの基本的なことから
  • 名前の由来・・・?
  • いわれ、語源とは・・・?
  • 旧暦との関係は・・・?
  • 他の言い方・異名とは・・・?
といったポイントを紹介し、「霜月」を理解できるようにまとめて紹介しています。

 

スポンサーリンク




他の意味は?

霜月(しもつき)」は、旧暦(陰暦)の11月を指すのが一般的です。

それ以外には、「霜月(そうげつ」と呼んで、

  • 霜と月の光
  • 霜の降りた夜の冷たく澄んだ月

などという意味もあります。

霜月の読み方・呼び方

霜月の読み方は、旧暦(陰暦)の11月を指す場合は、「しもつき」です。

別の読み方としては、「霜と月の光」や「霜の降りた夜の冷たく澄んだ月」を指す場合は、「そうげつ」と言うようです。

英語では?

霜月は、11月を意味する場合は、英語で11月を意味する「November」になります。

しかし、霜月を「霜の降りた夜の冷たく澄んだ月」、「霜と月の光」と言った意味で使う場合は、インターネット上の翻訳ソフトを使うと

  • 「The month of frost」
  • 「eleventh month of the lunar calendar」

といった直訳的な翻訳がされました。

※英語の詳しい人、教えて頂けると助かります m(–)m

スポンサーリンク

なぜ、霜月というの?

そもそも、旧暦では、なぜ、「霜月(しもつき)」と言うのでしょうか?

ここからは、「霜月(しもつき)」の由来や意味、語源などを詳しく見ていきます

「霜月」の疑問点・・・!?

「霜月」の「霜(しも)」とは、冬の寒い時期にできるものです。

今では、1月~2月ぐらいにできることが多いのではないかと思います。

そんな「霜月」が、なんで「11月」なの?といった疑問が出てきます。

その答えは、新暦(現在の歴)と旧暦の季節のズレが原因でした。

旧暦と新暦の違いとは・・・?

現在使われている新歴だとは、

  • 9月
  • 10月
  • 11月

の3ヶ月を秋と言います。

しかし、旧暦の場合は、は、

  • 7月
  • 8月
  • 9月

になります。

また、旧暦では、は、

  • 10月
  • 11月
  • 12月

といった3ヶ月を指します。

このように旧暦の場合は、11月は、冬の真っただ中で、一番寒い時期を指しているので、「霜月」という名前になったと言うのが一般的に言われている由来です。

新暦(現在の歴)と旧暦の対比表一覧

実際に、新暦と旧暦は、どれくらいの日にちのズレがあるのか?2017年を例に紹介します。

2017年の旧暦と新暦の比較

旧暦 新暦(現在の日付)
1月1日 1月28日
2月1日 2月26日
3月1日 3月28日
4月1日 4月26日
5月1日 5月26日
閏5月1日 6月24日
6月1日 7月23日
7月1日 8月22日
8月1日 9月20日
9月1日 10月20日
10月1日 11月18日
11月1日 12月18日
12月1日 1月17日
1月1日 2月16日

上記は、旧暦の11月1日は、現在の新暦では「12月18日」に該当すると言った見方になります。

新暦と旧暦の季節の違い

2017年の場合に限ってですが、基本的に霜月(11月)は、現在の歴で見ると、12月の中旬から1月中旬になります。

新暦と旧暦では、1ヶ月~2ヶ月の差があるので、旧暦で見ると、霜ができやすい時期であることが分かります。

旧暦の11月って、今なら、何月ごろ・・・?

基本的に「霜月」は、今でいうと11月下旬~1月上旬のころを指します。

旧暦の11月1日は、いつか?

  • 2017年:12月18日
  • 2018年:12月7日
  • 2019年:11月27日
  • 2020年:12月15日
  • 2021年:12月4日

上記の通り、年によって違いはありますが、旧暦の11月は、現在の歴では、11月下旬から1月中旬に該当することが分かります。

※旧暦とは?
旧暦とは、陰暦とも言われ、月の満ち欠けを基準にして、1ヶ月を29日か30日で計算する歴です。

現在の暦は、1年を12ヶ月とし、365日前後で計算しています。現在の歴と比べると旧暦(陰暦)は、1年で11日も短くなるので、同じ月が2度ある閏月(うるうづき)で調整し、13カ月となっています。

スポンサーリンク

霜月の由来・いわれ・語源とは?

「霜月」は、「霜」と「月」という字の組み合わせの通り、「霜が降りるような寒い月」という意味が読み取れます。

つまり、旧暦の11月は、現在の12月~1月なので、一番、霜ができる寒い月という説が一番有力ではないかと思います。

霜月の由来・語源は「霜降月」?

霜月の由来としては、「霜降り月・霜降月(しもふりつき)」が語源で、それが縮められて「霜月」になったと言う説が有力だと思います。

霜降り月・霜降月(しもふりつき)とは?

霜降り月・霜降月とは、霜が降りやすい月という意味です。霜ができやすいほど、寒い月と言うことです。

「霜降月」が「霜月」となった理由?

平安末期の歌人の藤原清輔(ふじわらきよすけ)は、「奥儀抄(おうぎしょう)」という歌学書の中で、
「十一月(しもつき)、霜しきりに降るゆえに霜降月(しもふりつき)といふを誤(あやま)れり」
という歌が残されています。

この藤原清輔の歌から、「多く霜が降る月」である「霜降月(しもふりつき)」が短くなって、「霜月」になったというのが有力な由来ではないかと思います。

「霜月」の由来・語源の他の説とは?

霜月の由来、語源は、色々な説があります。ここでは、色々な「霜月」の由来や語源の説を紹介します。

ここでは、「霜月」の語源、由来として

  • 下な月
  • 食物月(おしものづき)
  • 凋む月(しぼむつき)

といったモノを紹介します。

下な月

11月の数字の「11」は、最初に戻り「下の月はない」と言う意味です。

私たちが使う10進法の数字は、「1、2、3、・・・9、10」と、10で折り返して、「11、12、13・・・」と数えられます。

この為、「11」は、「最初の数字」に戻ってきたので、「この下はない月」 = 「下な月(しもなづき)」となり、それが変化して「霜月」になったという説もあります。

食物月(おしものづき)

「食物月」は、秋の収穫のお祭りを意味する言葉です。

秋には、各地で収穫祭としてお祭りが行われますが、その代表的なのが、11月の勤労感謝の日に行われる新嘗祭(にいなめさい)です。

新嘗祭は、宮中行事で、天皇陛下が、毎年、その年にとれたモノを神殿にお供えし、恵みに感謝する儀式です。この「食物月(おしものづき)」の読み方の「おしものづき」が、「霜月」の語源になったという説もあります。

凋む月(しぼむつき)

「凋む月」とは、太陽の光が弱まり物がしぼむ意味です。旧暦の11月の「霜月」は、現在の歴になおすと、11月下旬~1月上旬」を指すと言われています。

この時期には、冬至(とうじ)を迎えることもあり、1年のうちで、最も日照時間が短く、夜が長い日が続くことから、「食べ物もしぼんでしまう」ような様子を表したのでは、とも言われています。

色々な11が言い方・異名とは?

11月を指す、言葉としては、「霜月」以外にも色々な言い方があります。ここでは、11月を意味する、様々な言葉を紹介します。

  • 神来月・神帰月(かみきづき)
  • 10月に出雲大社に集まった神様が帰ってく月として、「神帰月」と言います。

  • 霜降月(しもふりづき)
  • 霜が降りる月ということで、「霜降月」と言います。

  • 仲冬(ちゅうとう)
  • 旧暦では、冬は10月、11月、12月の3ヶ月です。11月は、旧暦で冬の真ん中なので、「仲冬」と言います。

  • 建子月(けんしげつ)
  • 「建」は、北斗七星の柄を意味します。この北斗七星の柄が旧暦で子の方位を向いているので、「建子月」と言われます。

  • 霜見月(しもみづき)
  • 露ごもりの葉月(つゆごもりのはづき)
  • 神楽月(かぐらつき)
  • 雪見月(ゆきみづき)
  • 雪を見る月
  • 雪待月(ゆきまちづき):冬籠りをする前の雪を待つ
  • 大雪(たいせつ)
  • 広寒月(こうかんげつ)
  • 子月(ねづき)
  • 子の月(ねのつき)
  • 辜月(こげつ)
  • 天正月(てんしょうげつ)
  • 陽復(ようふく)
  • 竜潜月(りゅうせんげつ)
  • 葭月(かげつ)
  • 末つ月(すえつつき)

まとめ

霜月(しもつき)の由来や語源、意味などを調べてみました。

語源や由来は、いくつかありましたが、個人的には、旧暦を意識することで、「霜ができやすい月」というのがシックリきました。

あなたは、「霜月」の語源、由来は、なっとくできたでしょうか?