毎月15日は、中華の日という記念日です。

中華の日は、「全国規模で、中華料理の普及を目指す」のと「全国の組合員の結束を強める」といった2つの目的があり制定された記念日です。

さらに詳しく、「中華の日」について知りたい場合は、このまま読み進めてもらえれば、より深い知識を得ることができます。
 

スポンサーリンク




「中華の日」に関する基本情報

ここでは、まず、中華の日は、誰が制定したのか?など、記念日としての基本的なことがらを紹介します。

誰が制定したのか?

東京都中華料理環境衛生同業組合が制定した記念日です。

商標登録されている記念日

「中華の日」は、一般社団法人の日本記念日協会には登録されておらず、全国中華料理生活衛生同業組合連合会によって、特許庁に「毎月15日は中華の日」を商標登録しています。

なぜ、毎月15日なのか?

中華の日は、月の真ん中の日ということで、「15日 ⇒ 月の半分 ⇒ 中間 ⇒ 中華」ということで毎月15日になりました。

スポンサーリンク

 

「中華の日」に関する豆知識

ここでは、中華の日に、どんなキャンペーンが行われているのか?紹介しています。

中華の日のキャンペーン

中華の日は、中華に関連するお店によっては、ラーメン400円や10%OFFなどのキャンペーンが行われている店舗もあります。ここでは、ネットで調べて見つけたものを紹介します。どんなキャンペーンがあるか参考になればと思います。

かながわサンマー麺の会のキャンペーン

かながわサンマー麺の会では、「50円サービスチケット」を配布しており、毎月15日に、神奈川県中華組合所属の組合員や各支部飲食 食堂組合のお店、「毎月15日は中華の日」のポスターを貼ってあるお店などで使うことができるようです。(HPはこちら

鍛冶屋トヨクニのキャンペーン

鍛冶屋トヨクニでは、毎月15日の「中華の日」は、杉本中華包丁フェアとして、低下より10%OFFで購入できます。急いで買う必要がないなら、15日に買いに行くと良いですね。(HPはこちら

ネットでポップのキャンペーン

「ネットでポップ」は、ポスターの印刷やパネルの製作をしている株式会社ラビーズのホームページです。毎月15日の中華の日にお店で使えるポスターが無料で使えるように準備されています。(HPはこちら

宮城県仙台市青葉区上杉の「香林」のキャンペーン

宮城県仙台市青葉区上杉にある「香林」という中華レストランのラーメンが、400円で食べることができます。

楽天デリバリーのキャンペーン

楽天デリバリーでは、15日は中華の日ということで、対象店舗を利用するとポイント3倍のキャンペーンを2014年に行っていました。

 

まとめ

中華の日は、近くの中華屋さんは要チェックです。お店によっては割引価格での提供があるかもしれません。特に、中華街などがある地域の人は、商店街で、グループでキャンペーンをしている可能性もあるので、要チェックです。