5月9日は、ドール 極撰の日という記念日です。

ドール 極撰の日は、研究開発によって極上のバナナなどの商品である「極撰(撰の巳は己)」をPRするのが目的で制定した記念日です。

さらに詳しく、「ドール 極撰の日」について詳しく知りたい場合は、このまま読み続けることで知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「ドール 極撰の日」に関する基本情報

ここでは、「ドール 極撰の日」を誰が制定したのか?なぜ、5月9日なのか?といった基本的なことがらを紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

株式会社ドールが制定した記念日です。

株式会社ドールとは?

株式会社ドールは、フレッシュで美味しい野菜、果物の生産、加工、販売などを行っています。

どんな思いで制定された記念日なのか?

ドール 極撰の日は、極上の美味しい果物を味わってもらいたいといった思いが込められて制定された記念日です。

なぜ、5月9日が記念日なのか?

ドール 極撰の日の記念日が、5月9日なのは、「5 = ゴ 9 = ク」で、「極(ゴク)」の語呂合わせで決められています。

スポンサーリンク

 

「ドール(Dole)極撰の日」に関する雑学・豆知識

ここからは、「ドール(Dole)極撰の日」にちなんで、「ドール」や「極撰の日」に関する豆知識、雑学について紹介します。

ドールの極撰とは?

ドールの極撰は、「ちょっと高いが美味しい。もっちり濃い甘さの耕地栽培バナナ。」です。極撰は、美味しいバナナが有名です。

ドールのバナナとは?

ドールの極撰バナナは、ドールが研究、開発した100種類以上の中から、栽培地や品質などの選定を繰り返し、選び抜いた、食感、香り、甘みと、すべてにおいて高品質なバナナです。

高地栽培が極撰バナナの秘訣

極撰バナナは、標高500メートル以上の高地で栽培しています。高地でバナナを栽培することで、夜になると気温が急激に下がるので、温暖な低地と比べると、ゆっくりとバナナが成長するので、糖分に変換されるデンプンが増えて、甘いバナナになります

実際に、収穫までの期間は、低地栽培のバナナが10ヵ月なのに比べて、耕地栽培のバナナは1年以上を必要となっています。

バナナの食べごろの見分け方は?

バナナの食べごろは、皮全体が黄色くなり、さらに、茶色い斑点(はんてん)が出てきたころです。この茶色い斑点(はんてん)は、シュガースポットと言われています。

スポンサーリンク

バナナの保存方法とは?

ドール(Dole)の極撰バナナを美味しく食べるために、適切な保存方法をとりましょう。基本的に、バナナハンガーや軸にひもをかけてぶら下げると傷みにくくなります

通常

風通しがよく、直射日光の当たらない場所に保存します。

夏場

25度以上になると、バナナは傷みやすくなります。その為、夏は傷みやすいので、皮に斑点(はんてん)が出てきたら新聞紙などにくるんでビニール袋やジップロックに入れ、口をしばって冷蔵庫の野菜室に保管します。冷蔵庫に入れることで、皮は黒くなりますが果肉のみずみずしさは保てます。冷蔵庫に入れるとバナナの熟成が止まるので、冷蔵庫に入れるタイミングは注意が必要です。

冬場

バナナは、熱帯の植物なので寒い場所が苦手なので、13.5度以下で保存すると熟成が止まります。その為、13.5度以下になる冬場は、リビングなど、比較的に温かい部屋で保管しましょう。

 

まとめ

ドール(Dole)の極撰の日は、極撰バナナなどの商品をPRするのが目的で制定された記念日です。ドールの極撰の日は、いつもは少し高くて買っていなかったドールのバナナを購入して、試しに食べて、安いバナナとの違いを実感してみるのも良いかもしれませんね。