5月9日は、呼吸の日という記念日です。

呼吸の日は、生き物すべてに行っている「より良い呼吸を考える日」、「呼吸に大切な肺を守る日」にして制定された記念日です。

さらに詳しく、「呼吸の日」について興味がある場合は、このまま読み進めることで理解を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「呼吸の日」に関する基本情報

ここでは、「呼吸の日が、誰が制定したのか?なぜ、5月9日なのか?といった基本的な情報を紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

1999年に、NPO法人の日本呼吸器障害者情報センターが制定した記念日です。

日本呼吸器障害者情報センターとは?

日本呼吸器障害者情報センターは、呼吸器障害やその家族、医療者、福祉関係者などに対して、医療メーカー、医療機関、行政などから収集した情報を、正確に、分かりやすい形にして、社会に発信することで市民に情報提供している組織です。

なぜ、5月9日が記念日なのか?

呼吸の日の記念日が、5月9日なのは、「5 = こ 9 = きゅう」で「呼吸(こきゅう)」の語呂合わせと、新緑の美しい季節であり、風のそよぎに深呼吸すると自然への感謝と生きる喜びを感じるころということで日付が決まっています。

何が行われている記念日なのか?

5月9日の呼吸の日は、呼吸器疾患について、全国各地で周知する市民公開講座が開催されます。

呼吸器疾患の予備軍は、どれくらいいるのか?

呼吸器専門家の学術調査によると、日本においては、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者予備軍が、約500万人を超えると予測されています。

スポンサーリンク

 

「呼吸の日」に関する豆知識・雑学

ここからは、「呼吸の日」にちなんで、「呼吸」に関連する豆知識、雑学を紹介します。

呼吸で健康になる方法

呼吸は、意識して行うことで、体の内側を動かし、心を落ち着かせることで健康を目指すことができる健康法です。

「普段の呼吸」と「呼吸法」の違いとは?

普段の呼吸は、無意識で行います。これに対して、呼吸法は、意識的に行う呼吸です。意識して行う呼吸法は、体感部分にある体の内側の筋肉をシッカリと動かす運動です。武道においても体の動きとともに呼吸が取り入れられています。

呼吸法のメリットとは?

呼吸法のメリットは、内臓や血管の働きをコントロールすることで、自律神経を調整し、体調を整えることで、身体の不調を改善する効果が期待できます

呼吸法の効果とは?

呼吸法として、「腹式呼吸」「胸式呼吸」などを行うことで、下記のような5つの高価が期待できます。

心を落ち着かせる

呼吸法を行うことで、リラックスするのは多くの人が実感していると思います。実際に、呼吸と脳は、密接な関係があり、リラックスできるのは、脳内物質の「セロトニン」に効果だとも言われています。

代謝アップでダイエット効果

呼吸法を行うときに、お腹を大きく伸び縮みさせ、筋肉を強く使うことで、呼吸法で筋トレ効果が得られます。この呼吸による筋トレで代謝があがる方法としては、ロングブレスダイエットは多くの人が知っていると思います。

姿勢を若々しくすることができる

呼吸は、「脊柱起立筋」と関連している筋肉であり、さらに、姿勢を保つ筋肉でもあります。その為、呼吸法で、呼吸を変えることで、良い姿勢が保ちやすくなります。

肩こり・首こりを改善する効果

呼吸法を行うことで、身体の血流を良くする作用があります。また、呼吸すると、肩や首の筋肉も働いしてるので、呼吸法で、肩や首の筋肉もストレッチさせると、肩こり、首こりの改善効果が期待できます。

自律神経を整える効果

呼吸法を行うことで、息を吐く時に、長くゆっくりと吐くことで、自律神経を整えることができます。自律神経が整うと内臓や血管の働きが整い、腸の調子も良くなります。これが呼吸法の一番の効果だと思います。

どんな呼吸法が良いのか?

基本の呼吸法は、「腹式呼吸」です。

  1. 手をお腹にのせます
  2. まずは、手をお腹にのせて、腹式呼吸で、お腹が「膨らんだり」「凹んだり」するのを確認します。

  3. 鼻から息を吸う
  4. 鼻からゆっくりと息を吸い、お腹がゆっくりと膨らむのを意識します。

  5. 口から、ゆっくり息を吐く
  6. 息を吐くときは、ゆっくりと息を吐きながら、お腹がグッと凹むのを確認します。このお腹を凹ませる時は、「お腹が筒状に縮まる」のを意識すると効果的です。

 

まとめ

呼吸の日は、呼吸について考える日です。基本的に、呼吸や肺に関する、病気や疾患に関する記念日ですが、それだけではなく、健康な人が、より健康になれる「腹式呼吸」など、より健康になるために、呼吸に意識するのにも良い日ではないかと思いました。