5月4日は、うすいえんどうの日という記念日です。

うすいえんどうの日は、関西地方で主に食されている「えんどう豆」をPRするために制定された記念日です。

さらに詳しく、「うすいえんどうの日」について興味がる場合は、このまま読み続けてもらえれば理解を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「うすいえんどうの日」に関する基本情報

ここでは、うすいえんどうの日を誰が制定したのか?なぜ、5月4日なのか?といった基本的なことを紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

和歌山県の農業協同組合連合会が制定した記念日です。

農業協同組合連合会とは?

和歌山県の農業協同組合連合会とは、「実えんどう」のうち「うすいえんどう」の収穫量で、日本一を誇っている組合連合会です。

なぜ、5月4日が記念日なのか?

うすいえんどうの日の記念日が、5月4日なのは、収穫時期のピークが5月のゴールデンウィークのころで「みどりの日」が、「うすいえんどう」のさわやかな緑と重ね合せて、日付が決められています。

スポンサーリンク

 

「うすいえんどうの日」に関する豆知識

ここからは、「うすいえんどうの日」についての豆知識、雑学などを紹介します。

「うすいえんどう」とは?

「うすいえんどう」とは、「紀州うすい」とも言われ、グリンピースににていますが、「えんどう豆」の一種です。分類は、「マメ科のエンドウ属」です。

主な生産地は?

主な生産地は、和歌山県です。関西地方を中心に生産されている「えんどう豆」です。

「うすいえんどう」の由来とは?

「うすいえんどう」の由来は、明治にアメリカから持ってきた「実えんどう」を、大阪府羽曳野市碓井(うすい)で栽培しました。特に、和歌山県では、栽培に適した地域であったことで、改良種の「紀州うすい」などの品種が生まれました。

「うすいえんどう」の特徴とは?

「うすいえんどう」の特徴は、さやをとって中身のみを食べる「実えんどう」です。上品で繊細な甘みがあり、ホクホクとした食感です。見た目はグリンピースに似ていますが、グリンピースと比較すると皮が薄く、青臭さも少ないことから関西地方で古くから「豆ごはん」として親しまれてきました。

スポンサーリンク

「うすいえんどう」と「えんどう豆」の違いとは?

「うすいえんどう」と「えんどう豆」の違いは、何でしょうか?「えんどう豆」は、基本的に、「うすいえんどう」を含む、「グリンピース」「サヤエンドウ」などの総称となります。

「うすいえんどう」と「グリーンピース」の違いとは?

グリンピースは、未成熟の「えんどう豆」を収穫したものです。「うすいえんどう」は、アメリカから持ち込まれた実を食べるえんどうを、改良して生まれた「紀州うすい」という種の違いがあります。

基本的に、関西地方で良く食べられ、豆ごはんなどにすると美味しく食べることができます。グリンピースは、関東地方で豆ごはんとして食べられることがありますが、未成熟なので美味しくないと言う人も多い違いがあります。

種まきの時期は?

「うすいえんどう」の豆まきの時期は、11月~12月です。

収穫時期は?

路地栽培の場合は、4月~5月ごろです。ハウス栽培の場合は、12月~4月ごろです。

「うすいえんどう」の選び方

「うすいえんどう」の選び方としては、中の身だけを食べるので、全体的にふっくらと膨らみ、中の実が十分に成長したものを選びます。また、さやの色が、みずみずしい緑の物が美味しいです。

 

まとめ

うすいえんどうの日は、和歌山県で主に生産され、関西地方で食されている「えんどう豆」のPRのために制定された記念日です。うすいえんどうを使った豆ごはんは美味しいので、関西人は、豆ごはんが好きです。しかし、関東には、うすいえんどうが出回っていないので、豆ごはんにグリンピースが使われるので、豆ごはんが好きな人が少ない、と言うぐらい、「うすいえんどう」は美味しいようですね。