6月1日は、スーパーマンの日という記念日です。

スーパーマンの日は、スーパーマンが初めてコミックに登場した「アクション・コミック」が創刊した日にちなんで制定された記念日です。

さらに詳しく、「スーパーマンの日」について興味がある場合には、このまま読み続けることで知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「スーパーマンの日」に関する基本情報

ここでは、「スーパーマンの日」の記念日を、誰が制定したのか?なぜ、6月1日を記念日にしたのか?といった基本的な情報を紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

スーパーマンの日は、誰が制定したのかは不明な記念日です。日本記念日協会にも登録されていません。

なぜ、6月1日が記念日なのか?

アメリカの人気ヒーローのスーパーマンがデビューした雑誌は、「ACTION COMICS(アクション・コミックス)」です。この「ACTION COMICS(アクション・コミックス)」が創刊されたのが1938年(昭和13年)6月1日であるのにちなんで、スーパーマンの日の日付が決められています

アメリカンコミックを代表するスーパーヒローの誕生

スーパーマンは、アメリカン・コミックを代表するスーパーヒーローの誕生となりました。その後も、スーパーマンに続いて、バットマン、スパイダーマンなど、アメリカン・コミックから、スーパーヒーローが続々と登場しました。

スポンサーリンク

 

「スーパーマンの日」に関する豆知識・雑学

ここからは、「スーパーマンの日」にちなんで「スーパーマン」に関する豆知識、雑学を紹介します。

コミックのスーパーマンは、原作、作画は別人が担当した

スーパーマンは、1938年に、アクション・コミックの創刊号に登場し、原作ジェリー・シーゲルであり、作画ジョー・シャスターの2人によって作られた作品です。

アクションコミックスは、80年、1000号を超えるコミック

アクションコミックスは、1938年に創刊し、2018年には、80周年を迎え2018年4月には1000号を達成している、アメリカの伝統的老舗なコミックでした。

スーパーマンの意味とは?

スーパーマンは、普通の人よりかけ離れた優れた能力を持つ超人というのが一般的な意味です。

スーパーマンのキャッチフレーズは!?

スーパーマンのキャッチフレーズは、「空を見ろ!」「鳥だ!」「飛行機だ!」「いや、スーパーマンだ!」です。

スーパーマンは何星人か?

スーパーマンは、アメリカのスーパーヒーローですが、アメリカ生まれではありません。地球から離れた「クリプトン星」で生まれた「クリプトン星人」です。

スポンサーリンク

スーパーマンの名前とは?

スーパーマンの名前は、地球名は、「クラーク・ジョセフ=ケント」です。クリプトン星でのスーパーマンの本名は、「カル=エル」です。

スーパーマンの飛行速度は?

スーパーマンの飛行速度は、最高時速が800万キロです。

スーパーマンの弱点は、後から付け加えられた!?

スーパーマンの弱点は、「クリプトナイト」という鉱石です。この弱点ができたのは、スーパーマンのラジオシリーズが開始された時に、スーパーマンの声優をしていたバッド・コルヤーの休憩をとるために弱点が作られたと言われています。

実際に、新聞記者のクラーク県とが地球に衝突した隕石の取材に良き、どこで目まいを覚え弱体化し、スーパーマンは一時任務を離れています。その間、声優のバッド・コルヤーは、スーパーマン同様、休暇をとっていました。

 

まとめ

スーパーマンの日は、アメリカのアクション・コミックが創刊した時から掲載されていたスーパーヒーローということで、コミックの創刊された日にちなんで記念日が制定されています。

スーパーマンが誕生してから80年以上がたち、コミック、ラジオ、アニメ、映画、ドラマなど、色々な媒体に出ているスーパーマンですが、空を飛ぶというのが有名ですが、なぜ、空を飛んでいるのかが不明らしいです。