5月15日は、ストッキングの日という記念日です。

ストッキングの日は、アメリカのデュポン社によって、ナイロン製のストッキングを全米で発売した日を記念してできた記念日です。

さらに詳しく、ストッキングの日について、興味がある人は、このまま読み続けることで知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「ストッキングの日」に関する基本情報

ここでは、「ストッキングの日」は、誰が制定したのか?なぜ、5月15日なのか?といった基本的なことがらを紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

残念ながら、誰が制定した記念日なのかは不明です。

なぜ、5月15日が記念日になったのか?

アメリカのデュポン社がナイロン制のストッキングを発売したのが1940年5月15日であったことにちなんで、記念日の日付が決められています。

誰がナイロン製ストッキングを開発したのか?

ナイロン製ストッキングは、1937年に、ウォーレス・カロザースによって開発されました。1940年には、極細のナイロンものフィラメント線維のストッキングが開発され、爆発的に世界中に普及しました。

ナイロン製のストッキングが発売される前は、どうだったのか?

ナイロン製のストッキングが発売されるまでは、アメリカのストッキング市場は、日本の絹製の、非常に高価なものが独占状態でした。

当時の日本の絹製のストッキングは高額で、一部の人しか使うことができませんでした。しかし、ナイロン製になると大量生産ができるので、絹製と比べ安く作れるので、ストッキングが大衆に広まるキッカケとなりました。

ストッキングの日のイベント・キャンペーンは?

ストッキングの日のイベントは、特に見つかりませんでした。記念日を制定したのが誰だか分からないので、記念日のイベントは行われにくいと思います。大手のストッキングメーカーがストッキングの日を制定したらイベントやキャンペーンが行われたのではないかと思いました。

スポンサーリンク

ストッキングに関連する記念日とは?

ここからは、ストッキングに関連する記念日を紹介します。

弾性ストッキングの日(10月26日)

弾性ストッキングの日は、弾性ストッキングを広く一般の人にPRするのが目的で制定された記念日です。

弾性ストッキングの日とは?何か?

弾性ストッキングとは、ストッキングの圧迫圧を加えることで四肢の循環を改善させる医療機器です。圧迫することで静脈血栓の予防などの治療に使われます。

誰が制定したのか?

日本静脈学会 弾性ストッキング・コンダクター養成委員会が制定した記念日です。日本静脈学会 弾性ストッキング・コンダクター養成委員会は、神奈川県横浜市に事務局に本拠地があります。

10月26日が記念日の理由は?

弾性ストッキングの日は、イギリスにおいて、イギリス人のウイリアム・ブラウン氏が弾性ストッキングの特許を所得したのが、1848年10月26日にちなんで決められています。

メディキュットの日(9月10日)

メディキュットの日は、履くことで、脚のむくみを改善し、キュッと脚を引き締め、軽くしてくれる人気商品の「メディキュット」を、さらにPRするのが目的で制定した記念日です。

メディキュットとは?

メディキュットは、1904年にフット&レッグケア専門ブランドのドクター・ショールとして誕生し、サブブランドの「メディキュット」として、イギリスの医療用ストッキングのルーツとなる段階圧力ソックスです。

誰が制定した記念日なのか?

レキットベンキーザー・ジャパン株式会社が制定した記念日です。

なぜ、9月10日が記念日なのか?

9月10日が、「脚をキュッと」で、「9 = キュ 10 = ッと」の語呂合わせで記念日の日付が決まっています。

スポンサーリンク

 

「ストッキングの日」に関する豆知識・雑学

ここからは、ストッキングの日にちなんで、ストッキングに関連する豆知識、雑学を紹介します。

ストッキングの意味・定義とは?

ストッキングとは、足部と脚部をおおう薄手の長い靴下です。

ストッキングの効果・利点とは?

ストッキングの効果、利点とは、

  • 足元のお洒落
  • 冷え対策
  • 防寒用と
  • 脚線美
  • 脚の圧迫、血流対策

といった利点、効果が期待できます。

ストッキングの種類とは?

ストッキングには、いくつか種類があります。

ストッキンの歴史・ 由来とは?

いつからストッキングがあったのか?

古代ローマにおいては、「udo」という靴下がありました。これは、戦士の長ブーツに合わせて長くなってきたのがストッキングの歴史です。ただし、当時から女性ストッキングも存在していたようで、男性がブーツを履かずにストッキング姿でいると、「女性みたい」と言われていたそうです。

日本におけるストッキングの歴史

日本におけるストッキングの歴史は、16世世紀頃に、室町時代に行われた南蛮貿易の中に、メリヤスゴウズと言った手編みストッキングがありました。

江戸時代には、ストッキングは、メリヤスタビと言われ、1969年には、水戸黄門で有名な水戸光圀の遺品に7足のストッキングが発見されたことで、話題になっています。

明治時代には、ストッキング専門店となる「メリヤス店(女利安屋)」が誕生し、大正時代の1924年には、絹のストッキングが登場しました。戦後には、ナイロン製のストッキングが主流になりました。

2000年代になり、「生足ブーム」が起こり秋冬でも生足の女性が増えましたが、2000年代半ば頃からは「レッグファッション」が流行となり、相乗効果でタイツやストッキングの着用者が増えました。

スポンサーリンク

パンティストッキング

パンティストッキングは、略称としては「パンスト」と言われます。パンティストッキングは、パンティー部分とストッキング部分が一体となったナイロン製の靴下で、見た目はタイツとほぼ同じで、ガーターがいらなく、ずり落ちないように伸縮性がすぐれており、現在のストッキングの多くがこの形状になっています。

ガーターストッキング・ノン‐ガーターストッキング

ガーターストッキング・ノン‐ガーターストッキングは、外見は、ニーソックスと同じようになっていますが、シームレスのパンティストッキングが普及する以前は、ストッキングがズレ落ちるのを防止するために、ガーターベルトを使ってズレ落ちないしていました。ガーターを使うのが面倒なので、現在は、あまり使われていません。

ショートストッキング

ショートストッキングは、見た目はハイソックスのようになっています。ショートストッキングは大きな意味では、ガーターストッキング・ノン‐ガーターストッキングにも含めるケースもあります。

医療用ストッキング

医療用ストッキングは、脚部のむくみの初期治療として、静脈瘤の対策、静脈血栓塞栓症の予防などで使われます。特に、圧力、伸縮性が強いのが特徴で、医師の指導のもと使います。

和装ストッキング

和装ストッキングは、和服を着ている時に使うストッキングです。和服を着ている時に、裾がまくれ上がると足袋上部の脚部が露出します。この露出を防止するのが目的で使われます。

エアーストッキング

エアーストッキングは、スプレーを使って、塗布するタイプの脚用化粧料のファンデーションのことです。

 

まとめ

ストッキングの日は、アメリカでナイロン製のストッキングが生まれたことに由来して制定された記念日です。ナイロン製のストッキングができるまでは絹製で、高価であったため一般には普及しませんでした。ナイロン製のストッキングで大量生産ができ、安くなったことで、ストッキングが一般的に普及しました。