6月2日は、ローズの日という記念日です。

ローズの日は、「奈良の雑貨屋さんのフレンチレースふぁ、バラをこよなく愛する人のための日」と「ブルガリアのバラの収穫祭を祝う感謝祭にちなんで、ローズ文化を日本に定着させるのが目的」といった、2つの記念日になっています。

さらに詳しく、「ローズの日」に興味がある場合は、このまま読み続けることで知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「ローズの日」に関する基本情報

ここからは、「ローズの日」が、誰が制定したのか?なぜ、6月2日なのか?といった記念日についての基本的な情報を紹介します。

バラの雑貨ショップ「フレンチレース」のローズの日

ここでは、まずは、バラの雑貨ショップが制定した「ローズの日」を紹介します。ブルガリアのローズの日は、雑貨ショップのローズの日の後で紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

フレンチレースが制定した記念日です。

フレンチレースとは?

フレンチレースとは、奈良県香芝市の雑貨店です。「フレンチレース」で、インターネットのGoogleで検索すると楽天市場の通販サイト、楽天ブログが目につきます。どちらもフレンチレースについては、バラについての紹介ページが目につきました。

なぜ、6月2日が記念日の日付になったのか?

ローズの日の記念日が、6月2日になったのは、「6 = ロ 2 = ツー」の「ローズ」の語呂合わせで日付が決まっています。

6月がバラの季節であるのも記念日の日付の理由

6月は、バラが最も美しい季節でもあるのでこの時期に記念日を制定しています。

ローズの日の制定の目的とは?

バラが最も美しく咲く季節に、バラをこよなく愛する人のための日として、ローズの日が制定されています。

どんな記念日なのか?

ローズの日は、バラの雑貨ショップである「フレンチレース」が制定したということもあり、ローズの日には、バラで部屋を飾ったり、ローズ風呂を楽しむなどの提案をしている記念日です。

フレンチレースの「ローズの日」は、書籍で紹介されている記念日

フレンチレースの「ローズの日」は、一般社団法人日本記念日協会の編集、加瀬清志著の「366日記念日事典 第三版」、創元社の書籍で紹介されている記念日です。

スポンサーリンク

ブルガリアの「バラ祭り」が由来のローズの日

ここからは、ブルガリアの「バラ祭り」が由来する「ローズの日(Rose Day)」について、どのような記念日であるのかを紹介します。

どんな目的で制定された記念日なのか?

ブルガリアのローズの日は、ブルガリアの素晴らしい文化を日本に広げるのを目的として制定した記念日です。

誰が制定した記念日なのか?

2017年4月に、一般社団法人ブルガリアンローズ文化協会が「感謝の気持ちを伝える日」の普及・定着のため、記念日として制定しました。

記念日の制定にあたっては、2011年から駐日ブルガリア大使が、6月2日を「ローズの日」と宣言していました。

日本記念日協会に正式登録された記念日

ブルガリアのローズの日は、日本記念日協会に正式に認定、登録された記念日です。

一般社団法人ブルガリアンローズ文化協会とは?

一般社団法人ブルガリアンローズ文化協会は、ブルガリアンローズの普及、及び新しいブルガリアンローズ文化の創造、発信を目的として活動している神奈川県横浜市にある組織です。

なぜ、6月2日が、記念日の日付になっているのか?

ローズの日の記念日が、6月2日なのは、「6 = ロー 2 = ズ」で、「ローズ」の語呂合わせと、バラが美しく咲く時期でありで、日付が決められています。

また、ブルガリアにおいて、バラの収穫祭として祝いである「感謝祭」が6月初旬に行われるということも関連しているようです。

どのような意味がある記念日なのか?

ブルガリアでは、6月初旬は、バラの収穫祭の「感謝祭」が行われます。この文化を、日本でも広く定着させて、バラの花のもとに人々が集まって、温かい平和な世の中になることを願いが目的で制定された記念日です。

スポンサーリンク

 

「ローズの日」に関する豆知識・雑学

ここからは、ローズの日にちなんで「ローズ」に関連する豆知識、雑学を紹介します。

ブルガリアの「バラ祭り」とは?

ブルガリアでは、6月の第一日曜日を含む3日間は、バラの王国ブルガリアにおいては、盛大に「バラ祭り」が開催されています。

バラ祭りは、感謝の日である理由とは!?

ブルガリアの「バラ祭り」は、ダマスクローズの収穫感謝祭です。この感謝祭には、世界中から観光客が訪れます。バラは、たった3週間しか咲かない花です。

バラの花で生計を立てている村人たちにとって、この感謝祭は、心からの深い愛情あふれる感謝の日であり、自然の恵みに感謝する日として、新しく生まれるローズオイル、農作業などにたずさわる人に感謝する日でもあります。

バラ祭りは、どんなお祭りをするのか?

ブルガリアの「バラ祭り」には、民族衣装を着て、歌って踊ってのお祭りになります。さらに、ローズウォーターが入ったお菓子やパンを焼いてふるまい、ローズドリンクで乾杯して、感謝の気持ちを贈りあうイベントが、「バラ祭り」です。この為、バラ祭りの日は、村は、ローズの香りと笑顔に包まれます。

日本においてのローズの日の意味とは?

ブルガリアのローズの日は、ちょうど、日本でもバラがキレイに咲くシーズンになります。特に、6月2日は、「6 = ロー 2 = ズ」と読めることから、ローズの日として、「ありがとう」の気持ちを伝え合う感謝の日となっています。

日本の新しい「Happy Rose Day!」の記念日を楽しむ日に!?

美しいバラが咲いているのを見ると、思わず笑顔がこぼれます。感謝するローズの日としては、大切な人に感謝の気持ちを贈りたくなるそんな素敵な季節として、クリスマスのように、ローズパーティーやローズコンサートを開いたり、ローズギフトを贈り合って、ローズカクテルで乾杯、ローズケーキを食べるなど、みんなで楽しめる記念日でもあります。


 

まとめ

ローズの日は、日本の雑貨店のフレンチレース、ブルガリアのブルガリアンローズ文化協会といったような2つの組織が制定した記念日です。ローズの日には、バラの美しさを楽しみ、皆でパーティーなどを楽しむというのも良いですね。