毎月13日は、お父さんの日という記念日です。

お父さんの日は、月に1回、お父さんに感謝の気持ちを表す日として記念日が制定されました。

さらに詳しく、「お父さんの日」について知識を深めたい人は、このまま読み続けてもらえれば知識を深めることが液ます。
 

スポンサーリンク




「お父さんの日」に関する基本情報

ここでは、「お父さんの日」は、誰が制定したのか?なぜ、毎月13日なのか?といった基本的なことがらを紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

お父さんの日は、「人も地球も健康に」をコーポレートスローガン掲げる株式会社ヤクルトが制定しました。

なぜ、毎月13日が記念日なのか?

記念日になった日付は、毎月13日の「13」を「とおさん」と呼んで、「お父(10)さん(3)」の語呂合わせで決まっています。

記念日制定の目的とは?

お父さんの日は、一家の大黒柱として、毎日、働いているお父さんに、月1回、感謝の気持ちを表す日です。お父さんが健康にとう願いも込められています。

日本記念日協会に認定された記念日

お父さんの日は、一般社団法人の日本記念日協会が正式に登録を認めた記念日です。

記念日を制定したヤクルトとは?

ヤクルトとは、日本の飲料、食品、医薬品、化粧品メーカーであり、乳酸菌飲料メーカーとしては日本最大で、社名と同じ「ヤクルト」という飲料が有名です。

スポーツに積極的なヤクルト

ヤクルトと言えば、「東京ヤクルトスワローズ」というプロ野球チームが有名です。野球以外にも、陸上部も有名です。さらに、BJリーグ、Jリーグのジェフユナイテッド市原・千葉のオフィシャルパートナーも務めています。

スポンサーリンク

 

「お父さんの日」に関する豆知識

お父さんの日に関連して「父の日」について紹介します。

父の日とは?いつ?

父の日は、毎年6月の第3日曜日に行われています。

父の日は、いつから有名になったのか?

父の日が知られるようになったのは、1950年代と言われています。しかし、今ほどの認知度は無く、一般的に多くの人に知れるようになったのは1980年代に入ってからです。

どうして広まったのか?

父の日は、デパートや百貨店が売上げアップを目指して、普及させたと言われています。

父の日の起源とは?

父の日は、アメリカのワシントンに住んでいるソノラ・スマート・ドッドという女性が、1909年に、教会の牧師に、彼女の父の誕生日である礼拝をお願いしたのが始まりだと言われています。

父の日の由来とは?

父の日の由来は、母の日と同じように、お父さんに「感謝を表したい」という声から設立された記念日です。

 

「お父さんの日」と「父の日」は同じような記念日

「お父さんの日」は、毎月13日の記念日です。「父の日」は毎年6月の記念日です。どちらも、「お父さんに感謝をする」といった意味では、同じことを目的に設立された記念日でした。

 

まとめ

お父さんの日は、まだまだ、普及していません。今後は、毎月、給料を家族に届けてくれるお父さんに対して、今の生活は、お父さんのおかげであるという感謝の気持ちを持ちたいものです。