毎月29日は、肉の日という記念日です。

肉の日とは、焼き肉店など、「お肉」に関連しているお店において、イベントやキャンペーンが行われていることがある記念日です。

さらに詳しく、「肉の日」について知識を深めたいと思っている人は、このまま読み続けることで知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「肉の日」に関する基本情報

ここでは、「肉の日」を、誰が制定したのか?なぜ、毎月29日なのか?といった基本的な情報を紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

肉の日は、都道府県食肉消費者対策協議会が制定した記念日です。

なぜ、毎月29日なのか?

毎月29日が記念日の日付になっているのは「29」で、「2 = に 9 = く」の「肉(にく)」の語呂合わせで決められています。

どんな記念日なのか?

「肉の日」には、焼き肉店やファミリーレストランなど、「肉」が関連するお店では、イベントやキャンペーンが行われています。お店によって、肉の日の特別メニューや食べ放題など、お肉がお得に食べれるようなお店が多いようです。

スポンサーリンク

「肉の日」に関連する記念日

「肉の日」に関連する日本記念日協会に登録されている記念日を紹介します。

熟成肉の日(10月9日)

10月9日は、熟成肉の日です。熟成肉の日は、国産黒毛和牛を提供する「但馬屋」などの焼き肉店を展開するステーキ店の株式会社牛心が制定した記念日です。

牛一頭を丸ごと、温度、湿度、風などを管理し、数十日間にわたる熟成する肉の美味しさを多くの人に知ってもらうのが目的で制定された記念日です。日付は、10月9日なのは、「10 = じゅ 9 = く せい」の語呂合わせで決められています。

猪肉の日(4月4日)

4月4日の猪肉の日は、「4と4」で「シシ」の語呂合わせで日付が決まっています。猪肉は、野生食肉のシンボルとして歴史、文化を大切にして、多くの人に猪肉を味わってもらうのが目的で制定された記念日です。

猪肉は、昔から「イのいちばん」といわれるほど美味しい肉で、体内を活性化し、疲れがとれると言われています。記念日として制定したのは、猪肉、鹿肉、熊肉などをジビエの肉を扱う有限会社「肉の鈴木屋」が制定しています。

国産とり肉の日(10月29日)

10月29日は、国産とり肉の日で、一般社団法人の日本食鳥協会が、国産とり肉の安全性と美味しさをPRするために制定された記念日です。

国産とり肉の日が10月なのは、干支の10番目が酉(とり)であるためです。29日なのは、肉(にく)で、「29」の語呂合わせで決められています。

いい肉の日(11月29日)

11月29日は、いい肉の日で、全国でも有数の肉用牛の産地である宮崎県の「より良き宮崎牛づくり対策協議会」が、品質と味の良さで知られる宮崎牛をアピールするのが目的で制定された記念日です。

11月29日が記念日の日付なのは、「11と29」で「11 = いい 29 = 肉」の読む語呂合わせで決められています。

スポンサーリンク

 

「肉の日」に関する雑学・豆知識

ここでは、「肉の日」に関連して「肉の日」や「肉」に関する豆知識を紹介します。

肉は、カラダに良い成分を含んでいる!?

お肉は、メタボや生活習慣病の予防といった観点から健康を気にする人から敬遠するケースもありますが、お肉には、良質な「アミノ酸」「ビタミン類」などの栄養が豊富です。

アミノ酸は、生命を維持する栄養素

アミノ酸に期待できる効果としては、

  • 集中力を高める
  • 精神を安定させる
  • 体力を増強する
  • シワ、シミを防ぐ
  • 風邪をひきにくくする
  • 記憶力を保つ
  • 脳の働きを向上させる

といった効果が期待できると言われています。

お肉を健康的に食べる方法

体に良い栄養成分を豊富に含んでいる肉ですが、よりヘルシーに食べるためには、余分な脂肪分を落とす為に、煮たり蒸したりすると良いです。また、肉を焼く時は、フライパンや鉄板で焼くのではなく、網で焼いて、脂肪を落とすと良いです。

スポンサーリンク

肉の種類と特徴の違いとは?

お肉には、「牛肉」「豚肉」「鶏肉」「羊肉」「馬肉」「鯨肉」などがあります。それぞれのお肉によって栄養素などの違いがあります。

牛肉

牛肉は、良質なタンパク質と鉄分が豊富に含まれています。牛肉の赤身には、ヘム鉄、ビタミンB12、亜鉛が多いので、風や貧血予防、成長促進などが期待できます。

豚肉

豚肉は、ビタミンBが豊富で、疲労回復、ストレスの緩和などが期待できます。悪玉コレステロールを下げるオレイン酸、ステアリン酸も豊富に含まれています。

鶏肉

鶏肉は、アミノ酸のバランスが良く、ビタミンA、コラーゲンが豊富です。カルシウムの吸収、皮膚の保湿性をアップするコラーゲンが豊富に含まれています。また、ビタミンAは、肌荒れに効果的で美肌にも最適と言われています。

羊肉

羊肉は、ビタミンB12、ナイアシン、ビタミンE、コラーゲンが豊富に含まれています。ナイアシンは皮膚炎、胃腸病の予防に、ビタミンえは、老化の予防、コラーゲンは皮膚や骨、目の老化の防止にいいと言われています。

馬肉

馬肉は、豚肉や牛肉よりも低カロリーなのが特徴で、健康的な食品として知られています。エネルギー源となるグリコーゲンは、牛肉の3倍。カルシウムは、豚肉や牛肉の3倍。ビタミンA、ビタミンB12、ビタミンE、ペプチド、リノレン酸なども豊富です。

鯨肉

鯨肉は、低脂肪、低カロリー、低コレステロールのヘルシー食品です。健康食品などでも注目を集めているEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)なども含まれています。

 

まとめ

「肉の日」は、毎月29日です。全国チェーンのレストランや、焼き肉店など、お肉料理を扱っているお店では、「肉の日」に、お得にお肉が食べることができる可能性があるので、行ってみたいお店があれば、前もって調べておくのがオススメです。