29日金曜日の場合、筋肉を考える日という記念日です。

筋肉を考える日は、「筋肉の重要性」と「筋肉を支えるタンパク質の摂取」について考えるのを目的に制定された記念日です。

さらに詳しく「筋肉を考える日」について興味がある場合は、このまま読み続けてもらうことで知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「筋肉を考える日」に関する基本情報

ここでは、「筋肉を考える日」に関して、誰が制定したのか?なぜ、毎月29日なのか?といった基本的な情報を紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

森永製菓株式会社が制定した記念日です。

なぜ、29日の金曜日が記念日なのか?

筋肉を考える日の日付は、「筋肉」から、「金曜日 = 筋(きん)」であり、「29日 = 肉(にく)」になる日が記念日になっています。

「筋肉を考える日」とは、どんな記念日なのか?

日常生活において、人間が元気で健康に過ごすためには、筋肉が大切です。筋肉を作るためにはプロテインであるタンパク質の摂取が必須です。この為、筋肉を考える日において、筋肉の重要性を考え、タンパク質との関係を知り、日常的にタンパク質をとるようにしてもらうのが目的で制定された記念日です。

スポンサーリンク

 

筋肉に関連する記念日

「筋肉を考える日」以外にも、筋肉に関連する記念日を紹介します。

こりを癒そう「サロンパス」の日(5月18日)

コリを癒そう「サロンパス」の日は、貼ることで筋肉のコリや痛みをほぐす商品として代表的な「サロンパス」をPRすることと、肩コリへの正しい知識を普及させることが目的で制定された記念日です。

記念日としては、サロンパスなどの医薬品などを手掛けて、貼る治療文化を世界に広げている久光製薬株式会社が、2015年に、サロンパスが新しくなったのに記念して制定しています。

ロコモ予防の日(6月5日)

ロコモ予防の日は、筋肉や骨、関節など、カラダの運動器の衰えで寝たきり、要介護になる危険性の高い状態になる運動器症候群こと「ロコモティブ・シンドローム(略称:ロコモ)」の認知度を高めて、その予防に関する知識を広めることを目的に制定された記念日です。

記念日として制定したのは、ロコモティブ・シンドローム予防推進委員会です。

キン肉マンの日(毎月29日)

キン肉マンの日は、1979年から集英社の週間少年ジャンプに連載され、多くのファンがいる、日本を代表する漫画、アニメでゆでたまご原作の「キン肉マン」の魅力を多くの人に伝えるのが目的で制定された記念日です。

スポンサーリンク

 

「筋肉を考える日」に関する豆知識・雑学

ここからは、「筋肉を考える日」に関連した「筋肉」関連の雑学や豆知識を紹介します。

筋肉を増やすために栄養摂取で重要なこととは?

筋肉は、筋線維が束になっています。さらに、筋線維は、筋原線維が束になっており、筋線維は、筋タンパク質の集まりでできています。この為、筋肉を増やすためには、筋タンパク質を増やす必要があります

筋肉は24時間、増減を繰り返いしている

筋肉は、24時間、いつも、筋タンパク質が、「合成され作られる」と「分解し減少」を繰り返しています。

通常は、筋肉量は維持される

普通に生活していると、筋タンパク質の作られる量と減る量のバランスがとれていることで、筋肉量が減らないようになっています。

筋肉量が減る理由

過度なストレスであったり、ダイエット、病気などが起こると、筋タンパク質の合成される量よりも、分解される量が減って、筋肉量が減ることになります。

筋肉量が増える理由

運動や食事によって、筋タンパク質の合成される量が増えると、筋肉が増えます。筋肉を増やすためには、適切な筋トレなどの運動が大切ですが、それと同じく、より効率的に筋肉量を増やすためには、タンパク質の摂取も大切です。

スポンサーリンク

食事で摂取したタンパク質は、どうやって筋肉になるのか?

食事で摂取したタンパク質は、体内で消化されるとアミノ酸として血液に取り込まれ、筋肉へと運ばれていきます。筋肉に運ばれたアミノ酸は、遊離アミノ酸プールという貯蔵庫に保管し、筋タンパク質を合成するのにつかわれます。

筋タンパク質の合成にアミノ酸が大切

筋タンパク質を合成するためには、血液中にあるアミノ酸の量によって刺激されることで行われます。その為、アミノ酸の量を増やすことで、筋タンパク質の合成が促されます。これが、筋肉を増やすためにタンパク質(アミノ酸)を多くとる必要があることと関係しています。

さらに筋肉量を増やすためには筋トレが必要

さらに効果的に筋肉量を増やすためには、筋トレが必要です。筋トレを行うことで、さらに筋タンパク質の合成が行われるようになります。

効率的に筋肉量を増やすためには筋トレと食事!

効率的に筋肉を付けるためには、筋トレを行いつつ、適切にタンパク質を摂取する必要があります。

 

まとめ

筋肉を考える日は、ダイエットや筋肉量を増やしたい人など、筋肉の知識を正しく得ることによって、筋トレと食事のことを学び、適切に筋トレ、食事を行うためにいい機会になる日だと思います。ダイエット中の人、筋肉量を増やそうとしている人などは、「筋肉を考える日」に、筋肉について考えて学ぶのに良い日だと思います。