5月31日は、古材の日という記念日です。

古材の日は、古材の魅力を伝えて、古材の有効利用を考えるなど、古材にとって大切な日となる位置づけの日として制定された記念日です。

さらに、「古材の日」について興味がある場合は、このまま読み続けることで、5月30日を記念日の日付にした理由、記念日を制定したのは誰か?などの知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「古材の日」に関する基本情報

ここでは、古材の日という記念日について、誰が制定したのか?なぜ、5月30日になったのか?などの基本情報を紹介します。

なぜ、5月31日が記念日になったのか?

古材の日の記念日が、5月31日なのは、「5 = こ 3 = ざ 1 = い」で「古材(こざい)」の語呂合わせで日付が決められています。

誰が制定した記念日なのか?

株式会社アステティックスジャパンが制定した記念日です。

株式会社アステティックスジャパンとは?

株式会社アステティックスジャパンは、愛媛県松山市に本社がある、「古材流通の文化」の創造を目指して、古材の再活用に関する事業を展開する会社です。

古民家があるが、どうすれば良いの分からない、床下、耐震が心配古民家の売買、解体古民家に関する思い出の詰まった家の構造材を活用して家を建替えたい古材を探しているなど、古民家や古材に関するビジネスを展開しているのが、アステティックスジャパンです。

株式会社ヴィンテージアイモクから社名変更した!?

2015年(平成27年)に、株式会社ヴィンテージアイモクから株式会社アステティックスジャパンに社名を変更しています。古い情報のサイトでは、旧名の株式会社ヴィンテージアイモクになっていますが、社名と代表者が変わっただけで、基本的に同じ会社です。

日本記念日協会に認定、登録されている記念日

古材の日は、一般社団法人日本記念日協会に正式に認定、登録されている記念日です。

スポンサーリンク

 

「古材の日」に関する豆知識・雑学

ここからは、古材の日にちなんで、「古材」に関係する豆知識、雑学を紹介します。

古材とは?

古材とは、築50年以上の民家から取り出した木材のことで、長い時間かけて、自然に乾燥させることで、木材の強度をます「天然乾燥材」です。木材を乾燥させることによって、木材としての強度が優れるのが魅力です。

古材の魅力とは?

古材の魅力としては、表面の黒ずみ経年劣化による割れや傷大工が刻んだノミの跡など、新しい木材では出すことができない魅力や風合いも、古材の魅力です。

古材の購入が可能

古材の日の記念日を制定した株式会社アステティックスジャパンでは、古材をネットで販売しています。また、実際に、古材を使ってどのようになるのか?「洋風建築」「和風建築」「古民家再生」「古民家移築」「リノベーション」などをした住宅の写真をホームページに公開していいます。

 

まとめ

古材の日は、古材の有効活用をしている株式会社アステティックスジャパンという会社が制定した記念日です。古い住宅に住んでいて、古材がある家の場合、解体する時は、使われている古材が売れる可能性もあるので、古い家、古民家を処分するときは、一度、古材について調べてみると良いと思います。