5月30日は、掃除機の日という記念日です。

掃除機の日は、掃除機を活用した掃除を促進するために制定された記念日です。

さらに詳しく、掃除機の日について知りたい場合は、このまま読み進めることで、記念日を制定したのが誰か?5月30日の日付になったのはなぜか?といった知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「掃除機の日」に関する基本情報

ここでは、掃除機の日は、誰が制定したのか?なぜ、5月30日になったのか?などの基本的な情報を紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

一般社団法人日本電機工業会(JEMA)が制定した記念日です。

元々は、「お掃除の日」だった!?

元々は、1986年から「お掃除の日」として実施していたが、1997年に「掃除機の日」に改称しています。

なぜ、5月30日が記念日になったのか?

掃除機の日の記念日が、5月30日なのは、「5 = ゴ 3 = ミ 0 = ゼロ」で、「ゴミゼロ」の語呂合わせで日付が決められています。

また、5月30日は、カビやダニが多く発生しやすくなる梅雨どきに向けて、掃除の大切さを呼びかけるという意図もあって制定されています。

どのようなキャンペーンが行われている記念日なのか?

掃除機の日に合わせて、記念日を制定した日本電機工業会(JEMA)は、掃除機の安全啓発運動として、紙パック式掃除機で純正紙パックを使用するように呼びかける「純正紙パック使用推奨」のキャンペーンを行なっています。

スポンサーリンク

 

「掃除機の日」に関する豆知識・雑学

ここからは、掃除機の日に関連する「掃除機」の豆知識、雑学を紹介します。

「純正紙パック使用推奨」のキャンペーンとは?

「純正紙パック使用推奨」のキャンペーンは、毎年、5月30日の掃除機の日に、行っているキャンペーンです。紙パック式の掃除機の性能を決めるには、紙パックは、掃除機の性能を決める大切な機能部品です。

いつからキャンペーンを行っているのか?

日本電機工業会(JEMA)は、1999年(平成11年)から、安全啓発の一環として、「純正紙パック使用推奨」のキャンペーンを実施しています。

なぜ、紙パックは純正が良いのか?

掃除機メーカーは、掃除機を安全に使用するためには、カタログや取扱説明書に記載されている純正の紙パックを使用することを推奨しています。もしも、純正紙パック以外を使うい、その品質が良くなかった場合、掃除機の吸引力に耐えられず、モーターの発煙や発火する可能性があります。その為、日本電機工業会(JEMA)は、純正紙パックを使うことで安全啓発を呼びかけています。

日本電機工業会(JEMA)の掃除機の日の取り組み

日本電機工業会(JEMA)は、5月30日の掃除機の日には、純正紙パック使用推奨キャンペーンを行っています。このキャンペーンに合わせて、掃除機純正紙パックの適応表を、日本電機工業会(JEMA)のホームページに掲載しています。

また、安全に使う方法についてもホームページにて掲載しています。

スポンサーリンク

掃除機の紙パックの交換の目安とは?

掃除機の紙パックの交換の目安は、掃除機の吸い込みが弱くなってきたときが、紙パックにゴミがたまっている可能性があります。掃除機の機種によっても変わりますが、毎日掃除している人は、約1ヶ月に紙パックの交換をするのが目安です。

色々な種類の掃除機の紙パック

最近では、色々な機能の紙パックが販売されており、ゴミを捨てる時に、ホコリが逆流しないシール付きの紙パックであったり、抗菌防臭加工された高機能の紙パックなど、色々な特徴があるものが販売されています。

なぜ、紙パックには、色々な形があるのか?

紙パックの形状や大きさは、それぞれの掃除機の仕様に合わせて作られています。特に、紙パックは、掃除機の機能に関連する部品なので、純正を使うのが良いようです。

紙パックのゴミのたまり具合が分かる方法

掃除機の紙パックは、どれくらいゴミが入っているのか分かりません。その為、掃除機の本体に付いている、ゴミ捨てを知らせるランプやメーターを参考にすると良いです。

 

まとめ

掃除機の日は、年に1度です。頻繁に掃除をしている人は、頻繁に掃除機の紙パックを交換していると思います。もしも、一人暮らしで、なかなか紙パックを交換していなかった人は、5月30日の掃除機の日には、必ず、紙パックを交換すると良いと思います。