5月23日は、キスの日(KISSデー)という記念日です。

キスの日(KISSデー)は、日本で初めてとなるキスシーンが登場する映画、佐々木康監督の「はたちの青春」が封切されたのにちなんで制定された記念日です。

さらに詳しく、「キスの日(KISSデー)」についての知識を深めたい場合には、このまま読み続けることで知ることができます。
 

スポンサーリンク




「キスの日(KISSデー)」に関する基本情報

ここでは、キスの日(KISSデー)に関連する基本情報として、なぜ制定したのか?どんなイベントがあるのか?なんで、5月23日なのか?といったキスの日の由来や理由など基本的な情報を紹介します。

なぜ、5月23日が記念日になったのか?

日本で初めてキスシーンが登場する映画の「はたちの青春」の封切りが、1946年5月23日であったことにちなんで日付が決まっています。

誰が制定した記念日なのか?

キスの日を制定したのは、誰かは分かりませんでした。日本記念日協会にも登録されていませんでした。

なんで、キスシーンが映画に登場したのか?

1946年、当時は、映画製作は、GHQの検閲下にあり、「はたちの青春」の脚本も検閲を受けていました。そして、GHQの望む情報を大衆に教え込むのを目的として設置された部署の「民間情報教育局(CIE)」が検閲を行っていました。

この民間情報教育局(CIE)が、完成した脚本をチェックした時に、その前に見たものと違うという指摘をしたうえで、さらに接吻の場面を入れることを要求しました。なぜ、接吻シーンを入れるように要求したのか?その理由は不明です。

実際に、どのようなキスシーンだったのか?

「はたちの青春」の映画でのキスシーンは、主演の大坂史郎と幾野道子が、唇をほんのわずかあわせただけでした。しかし、それでも話題となり、映画館は連日満員になるほどの人気でした。

スポンサーリンク

世界的な「キスの日」は、7月6日

世界的には、「キスの日」は、7月6日です。海外では、子どもから大人までが、キスをしている姿を写真にし、アップしているサイトもあります。

7月6日は、世界キス・デー

7月6日は、世界キスデーです。その起源は、イギリスにおいて、19世紀末に、愛が芽生えた一つの表れとして個人的お祝いにキスがふさわしいものとされたことで始まりました。そして、国連では、世界キス・デーを国際的な祝日として認めています。

その為、世界キス・デーには、世界中の多くの年で、各種のプレゼントや賞が用意され、キスの長さ、美しさ、などオリジナリティーを競うなど、ユニークなコンククールが開催されています。

2月12日も世界キス・デーとして祝われている

バレンタインデーの2日前となる2月12日も、世界キス・デーとして祝われています。

外国のキスの日の日付とは?

外国のキスの日は、国によって色々です。
具体的な海外のキスの日としては、

  • 2月12日、2月13日:インド
  • 4月13日、9月8日:アメリカ
  • 5月23日:日本
  • 6月14日:韓国
  • 7月6日:イギリス
  • 8月25日:オーストラリア

といったような記念日が存在します。

特に、インドは、3500年前のインドのウェーダに世界最古のキスに関する記述があったということなので、歴史を感じますね。

韓国のキスの日

韓国のキスの日は、この日に限って、おおぴらにキスをしまくっていい日です。

世界には、色々なキスの日があるようですね。

スポンサーリンク

 

「キスの日(KISSデー)」に関する豆知識

ここからは、キスの日(KISSデー)にちなんだ豆知識、雑学を紹介します。

キスの日のイベントとは?

キスの日は、特に、公的な組織や大手の会社、団体が制定した訳ではないので公式なイベントは存在しません。しかし、キスの日にちなんで、キスの日のイベントを開催した企業もあります。

アクリル板越しにキスできるイベント

キスの日には、東京、青山のクラブ「EDITION 青山」では、「恋NOBORI~光るリングと共に恋を掴み取るのは誰だ!?」としてアクリル板越しにキスできるイベントが、2015年に開催されました。

誰が仕掛けたのか?

このイベントを開催したのは、朝活、異業種交流会、街コンなど、色々な交流イベントを年回800回手がけている「スリーピーシーズ」です。

どんなイベントになったのか?

このイベントは、男女250人前後が参加する予定となっており、ルールは、参加者と会話を楽しんだ後、「アクリル板キス体験リング」を渡して、受け取ってもらえれば交渉成立となり、体験ブースに移動した上で、アクリル板越しにキスするというものでした。

アクリル板でのキス体験は、1度のみで、参加費用は、男性1人5500円、男性二人以上で参加すると1人5000円、女性一人3000円、二人以上で参加すると2500円になります。

ただし、参加には年齢制限があり、20歳~35歳で、入場時に、免許書、パスポート、住基カードなどの身分証明書が必要です。

当日の料理は、ビュッフェスタイルで、無くなり次第終了ですが、アルコール、ソフトドリンクは飲み放題となっています。

 

まとめ

キスの日(KISSデー)は、映画で、日本初のキスシーンが登場したことによって制定された記念日です。キスシーンを出すことを要請したのがGHQの検閲であったということが、何とも不思議に感じますが、なぜ、映画にキスシーンを入れることを指示したのか?その本当の理由が知りたいと思った記念日でした。