毎月20日は、発芽野菜の日という記念日です。

発芽野菜の日は、発芽野菜(スプラウト)をアピールするのが目的で制定された記念日です。

さらに詳しく、「発芽野菜の日」について興味がる場合は、このまま読み進めてもらえれば知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「発芽野菜の日」に関する基本情報

ここでは、発芽野菜の日に関して、誰が制定したのか?なぜ、毎月20日なのかといった基本的なことを紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

発芽野菜を手がけ、本社が、広島県広島市にある、株式会社村上農園が制定した記念日です。

なぜ、毎月20日が記念日なのか?

毎月20日という、日付が記念日になっているのは、「20日(はつか)」と「発芽(ハツガ)」の読む語呂合わせで決められています。

発芽野菜(スプラウト)とは?

発芽野菜(スプラウト)は、一般的な野菜と比べて、数倍の栄養価がありく、生活習慣病の予防にも注目されています。

スポンサーリンク

 

「発芽野菜の日」に関する豆知識

ここでは、「発芽野菜の日」にちなんで「発芽野菜(スプラウト)」に関連する豆知識を紹介します。

発芽野菜(スプラウト)とは?何?

発芽野菜(スプラウト)とは、野菜の種が発芽した「野菜の赤ちゃん」です。発芽野菜は、「天然のサプリ」と言われるぐらい栄養が豊富です。

具体的に、発芽野菜(スプラウト)の種類とは?

具体的に、発芽野菜(スプラウト)とは、どのようなモノか紹介すると、

  • もやし
  • かいわれ大根
  • アルファルファ
  • オクラの新芽
  • 豆苗(とうみょう)
  • 縁豆もやし
  • 黒豆もやし
  • 発芽大豆
  • 空心菜の新芽
  • 香り糸ネギ
  • チコリ
  • 赤ラディッシュの新芽
  • ブロッコリーの新芽(ブロッコリースプラウト)
  • マスタードスプラウト
  • レッドキャベツスプラウト
  • クレススプラウト


とういった野菜のことを指します。

発芽野菜に栄養がある理由とは?

野菜が乾燥した種子の状態から、発芽して成長すると、種子の時には存在しなかった種類のビタミンなどの栄養成分を、自分で合資するので、栄養価が増します。。

スポンサーリンク

発芽することで、どれくらい栄養が増すのか?

えんどう豆が発芽した「豆苗(とうみょう)」の場合は、種子のときと比較すると

  • カロテン : 31倍
  • ビタミンE : 16倍
  • ビタミンK : 13倍
  • 葉酸 : 5倍


といった様に、栄養価が増します。

種子では存在しなかった栄養も出てくる

えんどう豆が発芽して「豆苗(とうみょう)」になると、ビタミンCの量

  • 種子 : 0mg
  •  ↓↓↓

  • 発芽 : 43mg


と言った変化が起こります。

 

まとめ

芽野菜の日は、発芽野菜(スプラウト)をアピールするのが目的で制定された記念日です。実際に、発芽野菜(スプラウト)について調べてみると、かなり栄養価が豊富なことが分かりました。

発芽野菜(スプラウト)は、新芽で柔らかいので、料理にも使いやすいので、まずは、「カイワレ大根」や「モヤシ」のように、安く、手軽に買えるモノから、普段の食事に取り入れていきたいと思いました。