5月24日は、菌活の日という記念日です。

菌活の日は、菌そのものを食べる唯一の食材である「きのこ」の栄養素や効果効能によって、美容健康のために一年を通じて菌を積極的に摂りいれる「菌活」で、健康に過ごしてもらうのが目的で制定された記念日です。

さらに詳しく、菌活の日について知りたい場合は、このまま読み続けることで知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「菌活の日」に関する基本情報

ここでは、菌活の日が、なぜ、5月24日なのか?誰が制定したのか?といった基本的なことがらを紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

ホクト株式会社が制定した記念日です。

ホクト株式会社とは?

ホクト株式会社は、長野県長野市に本社があり、「菌活」という言葉を最初に生み出した「きのこ総合企業」です。

なぜ、5月24日が記念日になったのか?

菌活の日は、記念日を制定したホクト株式会社が、全国発信のテレビコマーシャルで、「菌活」という言葉を初めて発信したのが2013年5月24日であるのにちなんで日付が決められています。

菌活の日のホクトのキャンペーン・イベントとは?

5月24日の菌活の日まで、カウントダウンキャンペーンとして、ホクトが、「菌活の日まであと何日?」といったキャンペーンを2017年に行いました。

具体的に、どんなキャンペーンなのか?

具体的に、キャンペーンは、菌活の日の1ヶ月前となる、年4月24日から開始され、菌活の日となる5月24日までの30日間、毎日、違う商品が当たるといったキャンペーンです。

キャンペーン期間中は、「ホクトの公式サイト」で、菌活の日まで、あと何日かといった、簡単の質問に答えることで、正解者の中から抽選で2名に素敵なっ商品があたるようになっています。

スポンサーリンク

 

「菌活の日」に関する雑学、豆知識

ここからは、菌活の日にちなんで「菌活」に関係する雑学、豆知識などの情報を紹介します。

「菌活」の読み方とは?

「菌活」の読み方は、訓読で「きのこ」となります。

菌活とは?意味は?

菌活とは、キノコをはじめとする、カタダに良い菌を日常的に食べるようにすることで、身体の中からキレイで健康になる方法です。実際に、菌活を提唱するホクトによると「菌活を実践したことがある」と「実践意欲がある」といった人は、84.9%と多くの人に興味がもたれた健康法です。

菌活の「きのこ」の効果とは?

菌活の効果のポイントとしては、「美腸」「美肌&ツヤ髪づくり」「ダイエット・スリムアップ」「スポーツをする人の身体作りに!」「ストレス対策の栄養補給に」「免疫力の維持」「二日酔いの予防」「夏バテの予防・解消」「糖尿病対策」「脳の活性化」などが期待できることは、「ホクトのきのこの効果効能」で紹介されています。ここでは、ホクトで紹介されている内容の抜粋して紹介します。

美腸

キノコは、食物繊維が豊富です。食物繊維は、腸内の労はい物質を絡め取って、便として排出する効果が期待できるので、腸内環境を整えることで、食べたものの栄養素の吸収を良くすることで、身体の免疫アップが期待できます。

美肌&ツヤ髪づくり

キノコは、肌や髪に良い栄養成分でるビタミンB群が豊富に含まれています。特に、美容ビタミンとも言われるビタミンB2が豊富で、お肌や髪のターンオーバーを整えるのに役立ちます。

スポンサーリンク

ダイエット・スリムアップ

キノコは、ビタミンなどの栄養が豊富でありながら、低カロリーの食材なので、ダイエット中の人でも安心して食べれます。また、ビタミンB群が豊富に含まれていますが、ビタミンB群は、エネルギー代謝を促すので、脂肪燃焼を行いやすい身体にするのが期待できます。

スポーツをする人の身体作りに!

キノコは、筋肉や骨、エネルギーを作るのに欠かせない、ビタミン、ミネラルである「潤滑栄養素」が豊富です。その為、スポーツをしている人が、食事にキノコを加えることで強い身体を作るのにも役立ちます。

ストレス対策の栄養補給に

人によっては、腸は「第二の脳」と言われる通り、ストレスを受けるとお腹の調子が悪くなることがあります。キノコは、食物繊維が豊富に含まれています。この食物繊維を普段から食事で摂取しておくことで、腸内環境を整えて、ストレスに負けない腸作りを目指すことができます。

また、キノコの中でもブナピーには、GABAが豊富に含まれています。GABAは、神経の高ぶりやイライラなどを抑えることで、リラックスさせる効果があると言われています。

免疫力の維持

キノコを食べて腸内環境を整えることで、腸の免疫細胞を活性化させることで、免疫力を高めておくことができます。

二日酔いの予防

アルコールを分解する作用がある成分としては、「オルニチン」が有名です。キノコには、このオルニチンが豊富に含まれています。

スポンサーリンク

夏バテの予防・解消

キノコには、ビタミンB1が豊富です。ビタミンB1は、疲労物質の分解に役立つ栄養成分なので、夏バテの予防、解消が期待できます。

糖尿病対策

キノコに含まれる食物繊維は、食事で食べておくことによって、食後の血糖値の上昇をゆるめる効果が期待できます。特に、ブナピーというキノコは、血中コレステロールの値を低下、動脈硬化を抑制する効果が期待されています。

脳の活性化

キノコには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンDが豊富に含まれています。特にビタミンB群は、「神経ビタミン」とも言われ、脳を活発に働かせる栄養素として知られています。

 

まとめ

菌活の日は、キノコの栄養成分を食事でとることによって、「食物繊維で、腸内環境を整える」、「ビタミンB群で、代謝を整える」といった効果で、美容、健康、ダイエットなどが期待できる栄養成分です。

毎日の食事に、炒め物、味噌汁など、キノコは、簡単に普段の料理に加えやすい食事でもあります。この為、自炊をしている人なら、簡単に菌活はできるのではないかと思いました。