5月24日は、伊達巻の日という記念日です。

伊達巻の日は、洒落て、華やかで、滋養豊富な卵料理である伊達巻を、日本における食文化として広く後世に伝えていくのを目的として制定した記念日です。

さらに詳しく、伊達巻の日について詳しく知りたい場合は、このまま読み続けることで知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「伊達巻の日」に関する基本情報

ここでは、伊達巻の日を誰が制定したのか?なぜ、5月24日なのか?といった記念日の基本情報を紹介します。

「伊達巻き」の読み方とは?

伊達巻きは、「だてまき」と読みます。伊達巻は、大阪寿司やおせち料理の一品として欠かせない食べ物となっています。

なぜ、5月24日が記念日になったのか?

伊達巻きの日は、戦国武将として有名な伊達政宗の命日が5月24日であると言われているのに由来して制定された記念日です。

誰が制定した記念日なのか?

株式会社せんにちが制定した記念日です。なお株式会社せんにちの記念日制定時の社名は、「株式会社千日総本社」でした。

「株式会社せんにち」とは?
「株式会社せんにち」は、大阪府吹田市にある厚焼き、玉子焼きなどの寿司具の全般のトップメーカーです。

「株式会社せんにち」は、どんな商品を扱っているのか?

「株式会社せんにち」は、玉子焼き、だし巻玉子、厚焼き、錦糸玉子、薄焼き玉子、天津キット、オムライスキット、セット巻芯などの卵を使った料理、寿司具材の干瓢、おぼろ、シイタケなど、おはぎ用あんこを製造しています。

スポンサーリンク

 

「伊達巻の日」に関する豆知識・雑学

ここからは、伊達巻の日にちなんで「伊達巻」に関連する豆知識、雑学についての情報を紹介します。

伊達巻の名前の語源の由来とは?

元々、「伊達」とは、豪華、洒落ている、華やかさ、魅力などの意味がある用語だとされています。その為、伊達巻の名前の語源となったのは、普通の玉子焼きよりも見栄えが良い、華やかな卵料理という意味があります。

着物に使う帯に、「伊達巻」が存在する

着物には「伊達巻き」というモノが存在します。着物の伊達巻は、着くずれを防ぐモノで、着物の帯の下にしめる幅のせまい帯です。特に、帯を渦状に巻いた形が、伊達巻とそっくりな形状になっています。着物の伊達巻は、着物を華やかでオシャレを維持するためのモノです。玉子の伊達巻きが、見栄えが良い玉子焼きなので、和服の「伊達巻」と通じるものがありますね。

伊達巻の意味とは?

伊達巻には、下記の3つの意味が込められています。

  • 知識
  • 華やかさ
  • 子孫繁栄

「知識」の意味が込められている理由とは?

伊達巻は、巻いている形状なので、昔の書物である巻物に似ていることから「知性」を表す象徴となっています。その為、伊達巻は、勤勉になり、勉強や習い事が成熟する縁起物と考えられています。

「華やかさ」の意味が込められている理由とは?

伊達巻は、「華やかさ」としては、「伊達」という名前が、派手好きであった伊達政宗が由来していつとも言われています。

また、伊達という意味には、お洒落な着こなしをして、外見を着飾ったという意味もあります。この為、色や形が、派手で豪華な玉子焼きを「伊達巻」と名づけたと言われています。

「子孫繁栄」の意味が込められている理由とは?

卵を使った料理は、子孫繁栄のシンボルといった願いが込められています。また、色が黄色いことで、土の色をイメージし、豊穣という意味を持っています。このことからも「子宝」が連想されています。

「形」の意味が込められている理由とは?

伊達巻きの「丸い形」は、家族円満の意味があります。ぐるぐると巻きこんでいる形が、力を合わせて生産する、仲良く噛みあうといった意味もあります。


 

まとめ

伊達巻の日は、玉子料理、寿司具などを製造している大阪のメーカーが制定した記念日です。記念日の日付は、伊達政宗の命日にちなんでいるということなので、見栄えのいい豪華な伊達巻を販売しているメーカーが作った記念日なのかと思いました。