毎月25日は、歯茎の日という記念日です。

歯茎の日は、毎日、頑張っている歯を元気に保つために、「お手入れ」「栄養」を与えてほしいといった願いで制定された記念日です。

さらに詳しく「歯茎の日」について知りたい場合は、このまま読み進めて頂ければ知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「歯茎の日」に関する基本情報

ここでは、「歯茎の日」が、誰が制定したのか?なぜ、毎月25日なのか?といった基本的な情報を紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

歯茎の日は、毎日、頑張ってくれている歯と歯茎に感謝して、佐藤製薬が制定した記念日です。

なぜ、毎月25日が記念日なのか?

毎月25日が記念日になっているのは、25日の給料日に、もらった給料で、デンタルケアのグッズを購入して、歯と歯茎をいたわってあげようという意味があるそうです。

スポンサーリンク

 

「歯茎の日」に関する豆知識

ここからは、「歯茎の日」にちなんで、歯茎に関する豆知識を紹介します。

歯茎の健康が大切

歯茎を健康に保つケアが出来ていないと、「歯茎の腫れ」「歯茎が痛い」「歯茎が下がる」「歯茎から血が出る」などの症状に悩まされることになります。

歯茎の汚れが、歯ぐきの健康を害する

歯磨きをサボっていると、口内が汚れて細菌が繁殖し、炎症が起こり、腫れたり、血がでたりします。

自宅で歯茎をケアする方法

歯茎が腫れる、血が出る、歯周病になる、といった状態で困っている人は、自宅での歯茎ケアを見直すのがオススメです。

シッカリと歯ブラシでブラッシングする

最低でも1日1回のブラッシングは必須です。しかし、歯茎が腫れている、痛いなどの症状が出ている場合は、1日に2度、3度と歯磨いて、口内をキレイに保ちましょう。

フロスで歯と歯の間の汚れを取り除く

歯ブラシをシッカリしていても、どうしても歯と歯の間の汚れは残りがちです。この為、歯と歯の間の汚れは、フロスを使うことで取り除きましょう

歯茎をマッサージする

歯茎のマッサージは、歯磨きが終わった後に、指をキレイに洗って、歯茎と歯の境目を、奥から手前に3回~5回、人差し指の腹の部分でなでるようにマッサージします。爪で歯茎が傷つかないように注意しましょう。

歯医者でクリーニングをする

自宅での自分でのクリーニングでは、十分に汚れを取り除くのは難しいです。その為、定期的に歯医者に通って、専門家にクリーニングをしてもらい、歯石の除去、歯周ポケットをキレイにクリーニングしてもらいましょう。

 

まとめ

歯茎の日は、歯茎を健康に保つために、毎月25日に、意識して歯や歯茎をキレイにする心がけをするのにオススメな日です。特に歯茎が腫れた、下がってきた、歯周病、血が出たといった症状がでている人は、特に意識して口内をキレイにしておくのが大切です。