毎月25日は、プルーンの日という記念日です。

プルーンの日は、プルーンの魅力を伝えて、1年中美味しプルーンを食べてもらいたい、販売促進につなげたいと言った願いが目的に制定された記念日です。

さらに詳しく、「プルーンの日」について知りたい場合は、このまま読み続けてもらえれば理解を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「プルーンの日」に関する基本情報

ここからは、「プルーンの日」を誰が制定したのか?なぜ、毎月26日なのか?といった基本的なことがらを紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

プルーンメーカーのサンスウィートの日本支社であるサンスウィート・インターナショナル日本支社が制定した記念日です。

サンスウィート・インターナショナル日本支社とは?

サンスウィート・インターナショナル日本支社は、世界的に有名なプルーンの生産、販売量を行っている会社です。

なぜ、毎月26日が記念日なのか?

毎月26日が、記念日の日付になっているのは、「26日」が「「2(プ)、6(ルーン)」といった語呂合わせで決められています。

なぜ、毎月の記念日なのか?

プルーンの日が、毎月の記念日になっているのは、1年中、美味しいプルーンを食べてもらいたいといった願いがあるからです。

 

プルーンの日に行われるイベントとは?

プルーンの日には、カリフォルニアプルーン協会が、記念日の制定を積極的にサポートし、販促やPR活動などが行われています。

スポンサーリンク

 

「プルーンの日」に関する豆知識

ここからは、「プルーンの日」に関連する豆知識、特徴を紹介します。


プルーンの歴史

プルーンの歴史は古く、紀元前までさかのぼり、カスピ海沿岸のコーカサス地方が発祥の地です。この地域は、健康で長寿な人が多いことでも有名です。

携帯食品としてヨーロッパに広まった

ヨーロッパにおいては、隊商の携帯食品として、ドライプルーンとして持ち込まれ、その後、南フランスで盛んに栽培され広がりました。

カリフォルニアプルーンの誕生

19世紀中頃に、フランス人のルイ・ペリエが、カリフォルニアにおいてプルーンを移植し、品種改良を行い、現在のカリフォルニアプルーンが誕生しています。

日本におけるプルーンの歴史

日本におけるプルーンは、ヨーロッパやアメリカから明治時代初期に伝えられました。日本にプルーンが伝来した当初は、東日本で栽培されました。当時は、雨が多く気温が高い環境が、プルーンの栽培に適していませんでした。

プルーンの生産地は?

プルーンの世界一の生産地は、アメリカのカリフォルニアです。その生産量は、世界の4分の3で、世界最大のプルーン生産地として有名です。

日本におけるプルーンの生産地

日本におけるプルーンの生産地は、日本の中でも雨が比較的に少ない地域である北海道、青森県、長野県などの地域で生産されています。特に、日本国内のプルーンの生産量の6割が長野県です。

スポンサーリンク

プルーンの期待できる効果効能とは?

プルーンは、欧米においては「ミラクルフルーツ」と言われるほど、ビタミン類、ミネラル類、食物繊維などが豊富に含まれています。

どんな健康効果が期待できるのか?

プルーンは、一般的には、「貧血予防」「便秘対策」「骨の健康」「むくみ予防」「疲労回復」などに対しての健康効果が期待できると言われています。

プルーンの栄養価・栄養成分とは?

プルーンには、様々な栄養価、栄養成分が含まれています。

  • :30.92g
  • エネルギー:240kcal
  • タンパク質:2.18g
  • 脂質:0.38g
  • 炭水化物:63.88g
  • 食物繊維:7.1g
  • 糖類:38.13g

ミネラル

  • カルシウム:43mg
  • 鉄分:0.93mg
  • マグネシウム:41mg
  • リン:69mg
  • カリウム:732mg
  • ナトリウム:2mg
  • 亜鉛:0.44mg

ビタミン

  • ビタミンA:39mcg_RAE
  • 葉酸:4mcg_DFE
  • ビタミンB-6:0.205mg
  • ビタミンC:0.6mg
  • ビタミンE:0.43mg
  • ビタミンK:59.5μg
  • βカロテン:394μg
  • チアミン:0.051mg
  • リボフラビン:0.186mg
  • ナイアシン:1.882mg

脂肪酸

  • 飽和脂肪酸:0.088g
  • 一価不飽和脂肪酸:0.053g
  • 多価不飽和脂肪酸:0.062g

プルーンの品種・種類とは?

プルーンの品種、種類としては、下記のように複数あります。

  • チューアン:古くから日本にある代表的なプルーンで。糖度は15度。
  • くらしま早生:長野市の倉島氏が開発した品種で、糖度は17~20%。
  • サマーキュート:長野県果樹試験場が開発した新品種で、糖度は20%前後。
  • くらしま:長野市の倉島貞子氏が開発した品種で、糖度17%。
  • サンプルーン:佐久地方で選抜された品種で、糖度は18%以上。
  • オータムクイーン:長野県果樹試験場が開発した新品種で、糖度は22%前後。
  • ローブドサージェン:古くから日本に導入されたヨーロッパ種で、糖度は17~18%。
  • アーリーリバー:1834年にイギリスで選抜された極早生種で、糖度は15~16%程度。
  • オパール:スエーデンの品種で、糖度は16%。
  • サンタス:ベルギー生まれのプルーンで、糖度16%。
  • ツアー:イギリス生まれのプルーンで、糖度は15%程度。
  • プレジデント:アメリカ生まれのプルーンで、糖度は16%程度。
  • シュガー

 

まとめ

プルーンの日は、プルーンの販売促進のために制定された記念日です。プルーンには、豊富な栄養が含まれています。その為、体調が不調な人にとっても日々、摂取すると良いと言われているので、日々の生活に取り入れてみるのも良いかもしれませんね。