5月21日は、ニキビの日という記念日です。

ニキビの日は、「ニキビ」は、皮膚科で治療が可能な疾患であることを多くの人に知ってもらうために制定された記念日です。

さらに詳しく、「ニキビの日」について興味がある場合は、このまま読み続けることで知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「ニキビの日」に関する基本情報

ここでは、ニキビの日を、誰が制定したのか?なぜ、5月21日が記念日になったのか?といった基本的な情報を紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

ガルデルマ株式会社塩野義製薬株式会社が制定した記念日です。これらの会社は、ニキビの治療薬の製造販売をしている会社です。

ガルデルマ株式会社とは?

ガルデルマ株式会社は、世界最大の食品会社のネスレと世界最大の化粧品会社のロレアル・グループが50%ずつ出資して、1981年に出来た、皮膚科学専門のグローバル医薬品の企業です。

塩野義製薬株式会社とは?

塩野義製薬株式会社とは、「シオノギ製薬」の表記の方が見慣れている人も多いと思いますが、1878年(明治11年)に、薬種商の家庭で商売を学んだ塩野義三郎氏によって、1878年3月17日の誕生日に、大阪で独立した会社で、当初は、和漢薬を扱っていました。

なぜ、5月21日が記念日になったのか?

ニキビの日の記念日の日付は、5月21日が、「5 = いつも 21 = ニキビは 皮膚科へ」の語呂合わせで決められています。

夏場を前に、記念日の日付が決まっている!?

5月21日は、梅雨、夏を前に、ニキビの要注意の時期です。特に思春期のニキビは、皮脂の分泌が過剰になるのが原因で、顔のTゾーンにできやすい疾患です。

皮脂の分泌量が増え、毛穴が不潔になるが、特に夏場は、汗をかき、湿気があることでニキビには要注意です。

5月21日は、そんな夏を迎える前に、ニキビは皮膚科で治療を行うと良いということを認知してもらうということで、記念日の日付は、良い時期になると思います。

このようなニキビ治療、ケアに良い時期を選んで記念日を制定したのか?調べましたが、特に、そのような話しが正式にあるわけではありませんでした。

スポンサーリンク

 

「ニキビの日」に関する豆知識・雑学

ここからは、「ニキビの日」にちなんで「ニキビ」に関連する雑学や豆知識を紹介します。

大人ニキビはできたことがあるのか?

大人ニキビができたことがある人は、約80%と比較的、多くの人が大人ニキビができているようです。

大人ニキビは、どれくらの人が悩んでいるのか?

大人ニキビは、思春期ニキビと違い、できる人の割合は減ると思います。そんな大人ニキビに悩んでいるか?といったアンケートによると「悩んでいる人:27.7%」「気になる:31.2%」と、約60%の人が気にしているようです。

大人ニキビは、いづ出来るか?

大人ニキビができるタイミングとして、「月経前」に出来る人が約半数以上と多いです。その他にも、「甘い物、脂っこう物を食べ過ぎた」「寝不足」といった人もいます。なお、「ニキビができたことがない」という人は、約6%ぐらいいました。

ニキビは、メイクで隠せているのか?

ニキビができたときに、 メイクでニキビが隠せているのか?といったアンケートに対しては、「あまりうまく隠せていない:51.8%」「隠せていない:15.3%」といった様に、67.1%の人が隠せていないと認識しているようです。

大人ニキビの上にメイクするのは抵抗があるか?

大人ニキビの上から直接メイクをするのに抵抗を感じている人は、「非常に抵抗がある:34.1%」「少し抵抗がある:53.9%」よ、88%の人が、ニキビの上に直接メイクをするのに抵抗を感じているようです。

ニキビで恥ずかしい思いをしたことはあるのか?

2011年のアメリカの皮膚科医らによって行われた調査によると「ニキビのせいで恥ずかしい思いをしたことがある」という若者は64%です。また、「恋人を見つけることが難しい」と答えた人が43%でした。

 

まとめ

ニキビの日は、ニキビは、皮膚科で治療する疾患であることを広めるのを目的に、製薬会社が制定した記念日です。ニキビを治すためにスキンケア用品が多く販売されていますが、病院に行って医薬品を貰うと、早く治りそうでいいですね。特に女性や思春期の人は、少しでも早く治したいなら病院に行くのは良さそうですね。