5月20日は、森林の日という記念日です。

森林の日は、岐阜県美並村などの村名の最初の「美」の文字がつく村が集まってつくった記念日です。

さらに詳しく、「森林の日」について興味がある場合は、このまま読み続けることで理解を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「森林の日」に関する基本情報

ここでは、森林の日が、なぜ、5月20日なのか?また、誰が制定したのか?といった基本情報を紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

「美」の文字が、村名の最初につく村が、10村集まって結成した「美し村連邦」が制定した記念日です。

なぜ、5月20日が記念日になっているのか?

森林の日の記念日の日付は、「森林」と書いて「木」の文字が「5つ」あることで5月「森林」の総画数が「20画」であることで20日を組み合わせて、5月20日になっています。

日本は森林が多い国!?

国土にしめる森林率の平均は、世界の国では31%と言われています。これに対して日本の森林率は、約66%です。免責でいうと、日本の国土面積は、3779万ヘクタールです。森林の面積は、2510万ヘクタールです。

このように、日本は、世界的にみて森林が多い国です。これは、山と雨が多いことで、平地が少なく、山間部が多い、日本特有の地形が関係しているのではないかと思います。

「美し村連邦」は、解散された!?

森林の日を制定した「美し村連邦」は、市町村の平成の大合併によって、参加していた村のほとんどが消滅したことで、2003年に解散しています。

平成の大合併とは?

平成の大合併とは、1995年に、「合併特例法」から始まり、大合併を促進するために、1999年に改正され、2005年から2006年にあけて市町村の合併のピークを迎えました。特に合併を促進させるために、財政優遇策が盛り込まれました。

どれくらいの市区町村が減ったのか?

1995年には、市区町村の数は、3234でしたが、2007年3月には、1812に大幅に減少しています。

スポンサーリンク

 

「森林の日」に関する豆知識・雑学

ここからは、森林の日にちなんで、森林関連の豆知識、雑学の情報を紹介します。

森林の日に似た記念日とは?

森林の日を制定した美し村連邦は、2003年に解散しています。この為、森林の日は、実質的に何も行われていない記念日でしょう。ここでは、森林の日に似て、実際に、活動されている森林に関する記念日を紹介します。

国際森林デー

国際森林デーは、自然環境の重要性を啓発することで、森林や樹木に対する意識を高めることを目的として制定された記念日です。英語表記は、「International Day of Forests」です。

記念日の日付は、いつか?

記念日として、国際森林デーの日付は、3月21日で、国際デーの1つになっています。

いつ制定された記念日なのか?

2012年12月の国連総会において、3月21日が、国際森林デーと決議され、創設されました。

どんなイベントが行われている記念日なのか?

国際森林デーは、日本国内のイベントとしては、東京都が整備中の東京湾の埋め立て地である「海の森」で、植樹会、交流会を行っています。

イベントは、2014年から、毎年3月に行われています。

イベント開催の目的とは?

イベントの開催の目的は、樹木に親しみを感じて、森林を大切に思う心を世界に広げる思いが込められています。

どのような人がイベントに参加するのか?

国際森林デーのイベントに参加しているのは、駐日大使、大使館の職員、国際機関の職員、留学生、家族、日本の子ども、学生市民などが参加します。

 

まとめ

森林の日は、村の名前の最初に「美」の文字が付いている村が集まって作った「美し村連邦」によって制定された記念日です。現在は、平成の大合併で、市町村が減ったことで「美し村連邦」が解散しているので、実質的に無くなった記念日のようなは残念に思いました。