5月2日は、交通広告の日という記念日です。

交通広告の日は、駅や電車、バスの車内に貼られている広告に関する記念日です。

さらに、「交通広告の日」について詳しく知りたい場合は、このまま読み続けてもらえれば理解を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「交通広告の日」に関する基本情報

ここでは、交通広告の日を誰が制定したのか?なぜ、5月2日なのか?といった基本的なことがらを紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

1993年(平成5年)に、関東交通広告協議会が制定した記念日です。

なぜ、5月2日が記念日なのか?

交通広告の日の記念日の日付が5月2日なのは、「5 = こう 2 = つう」の「交通(こうつう)」の語呂合わせで決まっています。

スポンサーリンク

 

広告に関連する記念日とは?

ここからは、「交通広告の日」にちなんで「広告」に関連する記念日を紹介します。

求人広告の日(7月14日)

東京日日新聞に、1872年(明治5年)に、日本で初めての求人広告が掲載されたことに由来して記念日が制定されています。

日本で最初の求人広告とjは?

日本で最初の求人広告は、「乳母(うば)」の求人広告であると言われています。実際に、乳母の求人広告の文章は、「乳母雇い入れたきに付心当たりの者は呉服橋内、元丹波守邸内、天野氏へお訪ねくださるべく候。乳さえよろしく候へば給金は世上より高く進ずべし。」でした。当時、商売を行っているかていにおいては、乳母、子守を雇っているケースは珍しくありませんでした。

屋外広告の日(9月10日)

国会を屋外広告法が通過したことを記念して制定された記念日です。

誰が制定した記念日なのか?

1974年(昭和49年)に、関東地区屋外広告組合連合会が記念日として制定しました。

屋外広告法が国会お通過したのが、1973年(昭和48年)9月10日にちなんで日付が決められています。

新聞広告の日(10月20日)

新聞広告の日は、新聞広告の意義や役割をPRするのが目的で制定された記念日です。

誰が制定したのか?

日本新聞協会が制定した記念日です。

新聞広告の日は、何が行われているのか?

新聞広告の日は、新聞広告賞などの賞の授賞式が行われています。また、新聞広告クリエーティブコンテストの表彰式も実施されています。

雑誌広告の日(11月5日)

雑誌広告の日は、消費者保護のために、雑誌広告の信頼性を向上させることを目指して制定された記念日です。

誰が制定した記念日なのか?

雑誌広告の日は、日本雑誌広告協会が制定しました。

民放の日(放送広告の日)

1951年(昭和26年)年4月21日に、民間放送の予備免許を日本で初めて16社に与えられたのを記念して制定された記念日です。

 

まとめ

交通広告の日は、電車や駅、バスなどの交通機関において、広告が掲載されたのを記念してせいていされた記念日です。また、ここでは、広告に関連する記念日が、複数存在したので関連する記念日を紹介しました。