12月1日3月25日毎月1日は、ワッフルの日です。

ワッフルの日は、「ワッフルと言う食文化を広めるため」「ワッフルの魅力を多くの人に伝える」ことでワッフルを食べようという記念日です。

実際に、ワッフルの日は、「12月1日は、ワッフルやスイーツのお店のR.L(エール・エル)」「3月25日はイケア」で、キャンペーンが行われているので、お得にワッフルが食べれたり、限定ワッフルを食べるチャンスです。

さらに詳しく「ワッフルの日」について知りたい場合は、下記を読み進めると参考になります。
 

スポンサーリンク




「ワッフルの日」の基本情報

ワッフルの日は、複数の日にちが存在します。ここでは、「12月1日」と「3月25日」、「毎月1日」のワッフルの日について、どのような由来や意味があり、誰が制定したのか?どんなイベントやキャンペーンがあるか?と言った点をまとめて紹介します。

12月1日は、「ワッフルの日」

12月1日のワッフルの日は、日本記念日協会が認定した記念日です。

誰が制定した記念日なのか?

12月1日のワッフルの日は、ワッフル・ケーキの店である「R.L(エール・エル)」を運営する株式会社新保哲也アトリエが制定した記念日です。

なぜ、12月1日なのか?

R.L(エール・エル)の1号店は1991年12月1日にオープンしています。この創業日である12月1日を記念日にしています。

語呂合わせでも12月1日になっている

ワッフルの日を分解すると

  • ワン = 1
  • フル = 2
  • 日 = 1
といった感じで、語呂合わせで「12月1日」になります。

何を目的に作った記念日なのか?

ワッフルの日の制定したのは、「ワッフルと言う食文化を広めるため」と「ワッフルの魅力を多くの人に伝える」のが目的です。

ワッフルの日に行われたキャンペーン

R.L(エール・エル)は、ワッフルの日が日本記念日協会に登録されたのを記念して、2016年の12月1日から12月3日にかけて期間限定でキャンペーンを行っています。

神戸本店のキャンペーン

神戸本店では、「大人の贅沢ワッフルケーキセット」を販売しています。

全国の店舗でのキャンペーン

さらに、R.L(エール・エル)の創業25年を記念して、2016年には、「R.L25周年創業祭として、ワッフルケーキ全品100円のセール」と「北欧雑貨プレゼント」の特別企画が行われています。

ワッフルの日のキャンペーン

「ワッフルの日特別プレゼント」として、2017年9月29日(金曜日)10時~10月2日(月曜日)9時59分にかけて

  • 税込3,240円以上購入した人に、期間限定(月末から月初)で使える500円OFFの特別クーポン
  • 全品ポイント2倍
というキャンペーンが行われました。

スポンサーリンク

 

毎月1日は、ワッフルの日

「エール・エル」創業の日が1991年12月1日であることから、12月1日をワッフルの日としました。この12月1日から、毎月1日を「ワッフルの日」と制定しています。

ワッフルの日を制定した理由

毎月1日は、ワッフルを食べようという販促のために設定されたと思います。

 

3月25日のワッフルの日

3月25日は、スウェーデンの企業であるイケアワッフルウィーク(ワッフルの日)です。

なんで、3月25日なのか?

3月25日は、スウェーデンでは「ワッフルデイ」と言われるぐらい認知度が高い日です。

カトリックが関係している日

3月25日は、カトリックで言う聖母マリアがキリストを身ごもった日(12月25日のクリスマスの9ヶ月後)の「マリア受胎告知の日」として知られています。

なぜ、ワッフルの日になったのか?

「マリア受胎告知の日」をスウェーデン語では、「Varfrudagen(ヴォーフルーダーゲン)」と言います。ワッフルが「Vaffeldagen(ヴォッフェルダーゲン)」と似た呼び方をするから、自然とワッフルを食べるようになり、スウェーデン全体でワッフルをよく食べる日になったといわれています。

スウェーデンのワッフルは、サクサクで生地が薄い

スウェーデンのワッフルの写真
スウェーデンのワッフルは一般的に知られているベルギー等のワッフルとは違います。
基本的に、スウェーデンのワッフルは、

  • 生地が薄い
  • サクサク感がある
  • 形がクローバー
  • 切り分けるとハート型の形になる
といった特徴があります。

食べ方も独特

スウェーデンのワッフルは、食べる時も特徴があります。
具体的にスウェーデンのワッフルは、

  • 生クリームをたっぷりのせて食べる
  • リンゴンベリーやブルーベリーのジャムを塗って食べる
  • ベリーやイチゴなどを載せて食べる
と言った感じに食べるのがスウェーデン流のワッフルの食べ方です。

イケアのワッフルの日のイベント「ワッフル ウィーク」とは?

イケアでは、3月25日のワッフルの日をお祝いするため、「ワッフル ウィーク」を開催します。2017年は、3月23日(木)~4月6日(木)の期間で行われました。

実際に行われたキャンペーン

「ワッフル ウィーク」の期間は、人気のワッフルがお得な価格で食べれます。(※2017年の実施状況です。)

開店から11時までの兆色タイム

「ワッフル&パンケーキ朝食」が税込で149円です。

14時~16時のコーヒータイム

ワッフルプレート3種のベリーソース コーヒー付きが、税込で299円です。

スウェーデンマーケットでワッフルが特価

イケアのスウェーデンマーケットでは、「VÅFFLOR ワッフル 冷凍」が、通常価格1,280円を、2個購入すると、1個あたり15%オフの税込で、1,088円と特価での購入が可能になります。

 

スポンサーリンク

ワッフルに関する豆知識

ワッフルに関する豆知識を紹介します。

スウェーデン人はワッフルが大好き

スウェーデンでは、どの家庭にもワッフルを焼く専用の機械があるぐらい、ワッフルが大好きです。

ワッフルの種類

スウェーデン以外にも、ワッフルは色々な種類があり、お店によっても形や食感が様々です。

ベルギーワッフル

ワッフルと言えば、ベルギーワッフルというぐらい日本で有名なワッフルです。ベルギーワッフルは、イーストを使って生地を発酵させてから焼いたもので、「丸い形のリェージュワッフル」「大き目の長方形のブリュッセルワッフル」

丸い形のリェージュワッフル

大きめの粒の砂糖であるパールシュガーが入っているので甘く、生地が歯ごたえがあり、食べごたえのあるワッフルです。

大き目の長方形のブリュッセルワッフル

サクサクと軽い食感で、甘さ控えめの生地なので、ハチミツや粉砂糖、生クリーム、アイスクリームなどをトッピングして食べられます。また、大き目の長方形のワッフルで、ベルギーでは朝食に食べられることが多いです。

アメリカンワッフル

アメリカンワッフルは、ベーキングパウダーを使って膨らませるワッフルなので、ベルギーのブリュッセルワッフルと同じような食感ですが、フワッとしているのが特徴です。生クリームをトッピングして食べるのが相性がいいようです。

ストロープワッフル

オランダで、おやつとして人気があるワッフルです。ストロープワッフルは、丸く直径が10センチ程度のワッフルです。焼いている途中に、生地を半分に切ってシロップを塗って焼き上げるのが特徴です。食べた感じは、サクッとしていて、シロップがトロリとしているのが特徴です。

香港風ワッフル

香港風ワッフルは、ベビーカステラが連なったようなワッフルです。焼き上げる時に、砂糖やバター、練乳、ピーナッツバターなどを生地に混ぜ合わせて焼き上げます。食べた感じは、柔らかくて甘いです。

その他のワッフル

上記以外にもワッフルには、色々な種類があります。ワッフル生地を使ったロールケーキであったり、クッキーのようにサクサクするタイプ、日本では米粉が入っているワッフルなど、様々なワッフルが存在します。

 

まとめ

ワッフルの日は、12月1日が日本の記念日で、3月25日がスウェーデンの記念日です。

それぞれの記念日には、

  • 12月1日:ワッフルやスイーツのお店のR.L(エール・エル)
  • 3月25日:イケア

と言った感じで、キャンペーンが行われるので、お得にワッフルが食べれるので要チェックです。