毎月1日は、資格チャレンジの日という記念日です。

資格チャレンジの日は、毎月1日に、資格取得を考え、挑戦して、より良い人生を目指してもらうのが目的で制定された記念日です。

さらに詳しく「資格チャレンジの日」について理解を深めたい場合は、このまま読み進めれば参考になります。
 

スポンサーリンク




「資格チャレンジの日」に関する基本情報

資格チャレンジの日の設定の目的や、誰が制定したのか?なぜ、毎月1日なのか?基本的なことを紹介します。

誰が制定したのか?

資格取得の通信講座を運営している株式会社フォーサイトが制定した記念日です。

毎月1日である理由とは?

資格取得について、毎月の初日である1日に考えてもらい、資格取得に挑戦してもらいらいのが目的で制定された記念日です。

記念日を制定した目的とは?

自己啓発や転職、就職など、人生にとって重要になる資格の取得に挑戦してもらい、良い人生を目指してもらうのが目的です。

「資格チャレンジの日」を制定したのが資格取得の学校なので、資格の取得を目指す人が増え、受講生が増えれば・・・。といった思いがあるように感じる記念日です。

スポンサーリンク

 

「資格チャレンジの日」を制定したフォーサイトって、どんな会社なのか?

ここからは、「資格チャレンジの日」を制定した株式会社フォーサイトが、どんな会社なのか?を紹介します。

「資格チャレンジの日」を制定した会社って、どんな会社?

「資格チャレンジの日」を制定したのは、資格取得の通信講座に特化して運営している株式会社フォーサイトです。

「NHK」で紹介された!?

通信教育に特化した専門校としてNHKにも取り上げられたことがあるそうです。

ビジネスモデルの特許を取得

インターネット学習システムの「道場破り」については、その先見性が認められた特許庁にビジネスモデルの特許の取得が認められています。

フォーサイトが扱う資格とは?

株式会社フォーサイトが取り扱っている資格は、

  • 行政書士
  • 社会保険労務士
  • 宅建(宅地建物取引士)
  • FP(ファイナンシャルプランナー)
  • 簿記2級・簿記3級
  • マンション管理士・管理業務主任者
  • 診療報酬請求事務能力認定
  • カラーコーディネーター・色彩検定
  • ITパスポート
  • 通関士
  • 旅行業務取扱管理者


といった資格です。

フォーサイトの特徴とは?

株式会社フォーサイトのホームページを見る限りですが、「講師が優秀」「受講料が安い」「教材のクオリティが良い」という点をウリにしているようです。

資格取得の学習時間は?

フォーサイトで扱っている資格の取得に必要な学習時間は、2ヵ月、3ヶ月、6ヶ月といった感じになっています。

フォーサイトの受講料の特徴

フォーサイトは、通信教育で勉強するので、安い受講料で資格取得が目指せます。

株式会社フォーサイトの沿革

フォーサイトは、最初の講座は、「不動産研修会者」として、1993年4月に名古屋で創業しています。同年に、積水ハウス、岡崎信用金庫、三交不動産の企業に、宅建通信講座を開始しています。

1997年

実績が評価され、積水ハウスやミサワホームなど、多くの不動産会社に研修として採用されます。

1999年

中央出版から1冊目の書籍が刊行されています。

2002年

行政書士、社労士、ファイナンシャルプランナー、簿記などの通学講座を開講しています。

2004年

通信教育の講座を開講しています。

2007年

通信教育で、年間1万人の受講を突破します。また、書籍の出版も累計で30冊を超えます。

2008年

第三世代eラーニングシステムの「道場破り」が完成します。

上記の通り、株式会社フォーサイトは、企業研修などで実績があった会社であるようです。

スポンサーリンク

 

「資格チャレンジの日」に関する豆知識

ここからは、「資格チャレンジの日」に関連する豆知識を紹介します。

日本で一番古い資格とは?

日本で、最も古い資格と言われているのが、1899年から始まった弁理士です。

日本の資格の数とは?

日本には、現在、国家資格と民間資格など、様々な資格を含めると1000を超える資格があると言われています。

国家資格一覧

ここでは、国家資格を一覧で紹介します。

ア行の国家資格

  • 衛生工学衛生管理者試験
  • 移動式クレーン運転士
  • 園芸装飾技能士
  • アプリケーションエンジニア試験
  • 玉掛作業者
  • 足場の組立て等作業主任者
  • 運行管理者
  • ウェブデザイン技能検定
  • 応用情報技術者試験
  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験
  • エックス線作業主任者
  • 医師試験
  • 運航管理者(航空機)
  • 一般計量士
  • 衛生管理者試験
  • 液化石油ガス設備士
  • 栄養士
  • あん摩マッサージ指圧師試験
  • アマチュア無線技士

カ行の国家資格

  • 小型船舶操縦士
  • 乾燥設備作業主任者
  • 高圧ガス移動監視者
  • 技術士(補)試験
  • 高圧ガス販売主任者
  • 救命艇手試験
  • 看護師試験
  • 義肢装具士試験
  • 学芸員(補)試験
  • ガス主任技術者
  • 高圧室内作業主任者
  • 建築士試験
  • 行政書士試験
  • 海技士(通信・電子通信)
  • 言語聴覚士試験
  • 競輪選手
  • クリーニング師試験
  • 海事代理士試験
  • 航空管制官
  • 競艇選手
  • 航空整備士
  • 管理栄養士
  • 高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定:通称大倹)
  • 国立国会図書館職員
  • 建設機械施工技士
  • 管工事施工管理技士
  • 危険物取扱者
  • 高等学校教諭普通免許状
  • 型わく支保工の組立て等作業主任者
  • 管理業務主任者試験
  • 貸金業務取扱主任者
  • 菓子製造技能士
  • キャリアコンサルタント
  • 航空運航整備士
  • 建築物環境衛生管理技術者(通称「ビル管理技術者」「ビル管理士」)
  • 警備業務検定(警備員検定)
  • 高圧ガス製造保安責任者
  • 公認心理師
  • ガンマ線透過写真撮影作業主任者
  • 航空工場整備士
  • 海技士(機関)
  • 航空機関士
  • 原子炉主任技術者
  • 建築物等の鉄骨の組立て等作業主任者
  • 介護福祉士試験
  • 海上無線通信士試験
  • 建築設備検査員(旧建築設備検査資格者)
  • 学校図書館司書教諭
  • 気象予報士試験
  • 小型船舶操縦士
  • 機関当直3級海技士(機関)
  • 海上特殊無線技士試験
  • 旧司法試験
  • 基本情報技術者試験
  • コンクリート破砕器作業主任者
  • 環境計量士(濃度関係/騒音・振動関係)
  • 騎手(日本中央競馬会)
  • 航空工場検査員
  • 広告美術仕上げ技能士
  • きゅう師試験
  • 公害防止管理者
  • クレーン運転士
  • 火薬類(製造・取扱)保安責任者
  • 海技士(航海)
  • 公認会計士試験
  • 建築施工管理技士試験
  • 金融窓口サービス技能士試験
  • 救急救命士試験
  • コンクリート造の工作物の解体等作業主任者

サ行の国家資格

  • 船橋当直3級海技士(機関)
  • 自動車の整備管理者
  • 作業療法士試験
  • ソフトウェア開発技術者(※廃止)
  • ショベルローダ等運転技能者
  • 上級システムアドミニストレータ試験
  • 職業訓練指導員
  • 臭気判定士
  • 総合無線通信士試験
  • 消防設備士
  • 司法書士試験
  • 飼料製造管理者
  • 食品衛生管理者
  • 車両系建設機械運転技能者
  • 自動車検査員
  • 造園施工管理技士
  • 船舶に乗り組む衛生管理者
  • 事業用操縦士(飛行機・回転翼)
  • 造園技能士
  • 社会保険労務士試験
  • 測量士試験
  • 製菓衛生師
  • 診療放射線技師試験
  • 視能訓練士試験
  • 自動ドア施工技能士
  • 獣医師試験
  • 助産師試験
  • 自動車整備士
  • 税理士試験
  • 消防設備点検資格者
  • 酸素欠乏危険作業主任者
  • 船内荷役作業主任者
  • 自家用操縦士(飛行機・回転翼)
  • 情報処理安全確保支援士
  • 司法試験
  • 社会福祉士試験
  • 作業環境測定士
  • 船橋当直3級海技士(航海)
  • 情報セキュリティスペシャリスト試験
  • 柔道整復師試験
  • 自家用操縦士(滑空機・飛行船)
  • 歯科衛生士試験
  • システム監査技術者試験
  • システムアーキテクト試験
  • 食品衛生責任者
  • 歯科医師試験
  • 浄化槽管理士
  • 小学校教諭普通免許状
  • 浄化槽設備士
  • 情報セキュリティーアドミニストレータ試験
  • 測量士補試験
  • 司書(補)試験
  • 潜水士
  • 精神保健福祉士試験
  • 自動車運転者
  • 歯科技工士試験
  • 昇降機検査資格者
  • 初級システムアドミニストレータ(※廃止)
  • 商品装飾展示技能士試験

タ行の国家資格

  • 土地区画整理士技術検定
  • 土地家屋調査士試験
  • 電気主任技術者試験
  • 電験3種通信講座
  • 土止め支保工作業主任者
  • テクニカルイラストレーション技能士
  • テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験(※廃止)
  • 特定化学物質等作業主任者
  • テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験(※廃止)
  • 特定高圧ガス取扱主任者
  • 電気通信主任技術者試験
  • 中小企業診断士試験
  • 特定建築物調査員(旧特殊建築物等調査資格者)
  • テクニカルエンジニア(データベース)試験
  • 通関士
  • 土地改良換地士試験
  • 調理師
  • 調教師(日本中央競馬会)
  • 通訳案内業
  • 電気工事施工管理技士
  • 電気工事士試験
  • 定期運送用操縦士(飛行機・回転翼)
  • デリック運転士
  • 土木施工管理技士
  • 調理技術審査/調理技能検定
  • テクニカルエンジニア(システム管理)試験
  • データベーススペシャリスト試験
  • 中学校教諭普通免許状
  • 宅地建物取引主任者(宅建)試験
  • 登録販売者(一般医薬品)試験

ナ行の国家資格

  • 内燃機関海技士
  • ネットワークスペシャリスト試験

ハ行の国家資格

  • パン製造技能士
  • 法科大学院(ロースクール)と新司法試験
  • ピアノ調律技能士
  • フラワー装飾技能士試験
  • ボイラー据付工事作業主任者試験
  • 普通第1種圧力容器取扱作業主任者
  • ボイラー整備士試験
  • 放射線取扱主任者
  • プロジェクトマネージャ試験
  • フォークリフト運転技能者
  • 不動産鑑定士試験
  • ファイナンシャル・プランニング技能士試験
  • ボイラー溶接士試験
  • 保健師試験
  • 保育士資格
  • 廃棄物処理施設技術管理者
  • ボイラー技士試験(1級、2級、特級)
  • はり師試験
  • 美容師試験
  • 弁理士試験
  • 保育士採用試験
  • ボイラー取扱者試験

マ行の国家資格

  • 木造建築物の組立て等作業主任者
  • 木材加工用機械作業主任者
  • 水先人

ヤ行の国家資格

  • 薬剤師試験
  • 幼稚園教諭普通免許状
  • 有機溶剤作業主任者
  • 養護学校教諭

ラ行の国家資格

  • レストランサービス技能士
  • 理学療法士試験
  • 労働安全コンサルタント
  • 陸上特殊無線技術士試験
  • 臨床検査技師試験
  • 臨床工学技士試験
  • 理容師試験
  • 揚貨装置運転士
  • 林業架線作業主任者
  • 労働衛生コンサルタント
  • 陸上無線技術士試験
  • 旅行業務主任者/旅行業務取扱管理者

A-Z行の国家資格

  • ITストラテジスト試験
  • ITサービスマネージャー試験
  • ITパスポート試験



日本の国家資格を一覧で並べてみました。思ったより多く、一般人では、よく分からない資格もありますが、こんあに資格があることに驚きました。

 

まとめ

今回は、「資格チャレンジの日」を紹介しました。今の仕事からスキルアップ、ステップアップを目指す為に資格取得は、知識レベルの証明ができるのでオススメな方法だと思います。

今の仕事のスキルアップ、レベルアップも大切ですが、転職や就職など、ステップアップや違う分野の仕事をしたい人は、資格取得を1つの切っ掛けにしてみるのも良いのではないかと思います。