5月5日は、未来の日という記念日です。

未来の日は、子どもを未来の象徴として捉えることで、未来を生き、主役となる子どもたちに未来を創る日とするのが目的で制定された記念日です。

さらに詳しく、「未来の日」について興味がある場合には、このまま読み続けてもらえれば知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「未来の日」に関する基本情報

ここでは、「未来の日」の記念日を、誰が制定したのか?なぜ、5月5日なのか?といった基本的なことがらを紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

株式会社アール・イーが制定した記念日です。

株式会社アール・イーとは?

株式会社アール・イーとは、新潟県新潟市において、イベントの企画運営などを行っている会社です。

なぜ、5月5日が記念日なのか?

未来の日の記念日が5月5日であるのは、国民の祝日である「こどもの日」に新しい意味を加えたいといった思いで、日付が決められています。

未来の日には、何が行われているのか?

未来の日には、子ども達と、未来を考える「未来会議」などを企画しています。

スポンサーリンク

 

「未来の日」に関する豆知識・雑学

ここからは、「未来の日」に関連する豆知識、雑学について紹介します。

5月5日には、どのような記念日があるのか?

未来の日と同じ5月5日には、色々な記念日が制定されています。

こどもの日(Children’s Day)

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」として制定された国民の祝日です。

端午の節句,菖蒲の節句

邪気を払う為に、菖蒲や蓬を軒に挿して、粽や柏餅を食べる日です。

児童憲章制定記念日

1951年に、子供の権利に関する宣言「児童憲章」が制定されたのを記念して制定された記念日です。

子どもへ本を贈る日

子どもの日にちなんで、子どもへ本を贈る日になればと制定された記念日です。

おもちゃの日

端午の節句にちなんで、おもちゃ、人形のPRのための記念日です。

植物エキスの日

植物エキスの有用性を知ってもらい、広く活用してもらうのが目的で制定された記念日です。

国際助産師の日

1990年の国際助産師連盟の国際評議会で制定されて、1992年から実施されている記念日です。

手話記念日

2003年3月20日に、日本デフ協会が制定した記念日です。手話が両手の5本の指を使うので5月5日になっています。

たのしくドライブする日

楽しくドライ素ぶるには、新しい世界に一歩踏み出すことで、新しい道を走ってみる、そんな思いを多くの人にシェアするのが目的で制定された記念日です。

上記の通り、色々と5月5日には多くの記念日があります。特に、1年の中でも5月5日は、記念日が多いのではないかと思います。

 

まとめ

未来の日は、未来の象徴である子ども達とともに、未来を創る日として制定された記念日です。特に、有名な記念日ではないと思いますが、日本記念日協会にも正式に登録されています。