毎月6日は、メロンの日という記念日です。

メロンの日は、メロンの美味しさを多くの人に知ってもらうことで、メロンの消費を拡大させるのが目的の記念日です。

さらに詳しく、「メロンの日」について理解を深めたい場合は、このまま読み進めてもらえれば理解を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「メロンの日」に関する基本情報

まずは、「メロンの日」は、誰が制定したのか?なぜ、毎月6日なのか?といった、基本的な情報を紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

制定したのは、茨城県鉾田市で、全国のメロン産地の自治体が参加する「第2回全国メロンサミットinほこた開催実行委員会」です。

なぜ、6日になったのか?

毎月6日に制定されたのは、6月が、一番メロンの出荷量が多い時期という意味と「6」という数字は、メロンの形に似ていることで制定されました。

メロンの日には、何が行われるのか?

各産地ごとに適した月の6日に、メロンのアピールすることになっています。

スポンサーリンク

 

「メロンの日」に関する豆知識

ここからは、「メロンの日」に関連する事柄を豆知識として紹介します。

「メロンの日」は、複数存在するので「いつ?」と悩みやすい。。。

「メロンの日」は、複数の日、記念日が存在します。ここからは、複数の「メロンの日」を紹介します。

クラウンメロンの日

毎月6日は、「クラウンメロンの日」です。クラウンメロンの日とは、静岡温室メロンの記念日です。

こちらは、毎月6日の「メロンの日」から派生し、袋井市は「毎月6日」を「静岡メロンの日」にすることとなりました。

5月5日の「メロンの日」とは?

5月5日の「メロンの日」は、誰が制定したのか分かりませんが、池袋の東武百貨店プラザ館地下2階にある青果店、「築地定松」 では、「5月5日はメロンの日」というキャンペーンが行われています。

キャンペーンの内容は?

「築地定松」 のキャンペーンの内容は、5月5日ということで、「“かわいい孫へ。アンデスメロンを送ろうキャンペーン” 」が行われていました。

なぜ、5月5日なのか?

5を二つ合わせた形が、メロンを横から見たときのカタチに似ているので、5月5日がメロンの日になっています。
メロンの日のメロンの写真
上記のように、メロンの写真に「5」を書き込むと理解できると思います。

トルクメスタンの「メロンの日」

トルクメスタンでは、メロンの日は、祝日になっています。

いつが「メロンの日」なのか?

8月の第2日曜日が、メロンの日です。

なぜ、祝日になるほどの記念日なのか?

トルクメスタンでは、「メロンは、国の誇りをかけた特産品である」というほど、特産品のメロンにこだわりと誇りを持っているため、「メロンの日」が祝日になっています。

どんなメロンが作られているのか?

色々な種類の品種が数多く生産されているが、特に、マスクメロンがトルクメスタンの特産品です。その味、大きさ、香りは、世界でも高く評価されています。

 

まとめ

メロンの日は、日本国内だけでも複数存在しますが、さらに、海外にもメロンの日があるのには驚きました。同じメロンでも、記念日にすることで、販売促進やキャンペーン、PRなどを行うことで、より売上げアップにつなげる努力が行われているのではないかと想像できます。