毎月2日は、Life2.0の日という記念日です。

Life2.0の日は、マニュライフ生命保険が、「未来について考えるきっかけの日としてもらうのが目的」で制定した記念日です。

さらに、詳しく「Life2.0の日」について知りたい場合は、このまま読み続けてもらえれば知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「Life2.0の日」に関する基本情報

Life2.0の日とは、どのような意味や由来があるのか?誰が、どんな目的で制定した記念日かを紹介します。

記念日制定の由来とは?

マニュライフ生命保険のブランドスローガンとして「今日を生きる。明日をひらく。」を掲げており、前向きに未来を自分らしく行動する生き方「Life2.0」と名付けているのに由来している記念日です。

なぜ、毎月2日なのか?

2日を記念日にしたのは「Life2.0」の「2.0」に由来しています。また、1年を通じて何かを始める日という意味を込めて毎月2日にしています。

スポンサーリンク

 

「Life2.0」に関する豆知識

ここからは、「マニュライフ生命」や「Life2.0」について、「Life2.0の日」に関連する豆知識を紹介します。

マニュライフ生命のスローガン

「今日を生きる。明日をひらく。」というのがマニュライフ生命のスローガンです。自分らしく、人生を切り開くことが大切だという意味が込められたスローガンになっています。

「Life 2.0」とは?

Life 2.0とは、自分らしい人生を切り開いていく生き方であり、これから自分らしい生き方を、マニュライフ生命は「Life 2.0」と名づけました。
 

マニュライフ生命保険とは?

マニュライフ生命保険は、東京の新宿に本社がある保険会社です。カナダ系の大手金融サービスグループで、アメリカ、カナダ、アジカなどを中心に事業を行っているマニュライフ・ファイナンシャル社のグループ会社です。

いつ出来た会社なのか?

1887年に、カナダで、「マニュファクチャラーズ・ライフ・インシュアランス・カンパニー」という社名で設立された会社です。

スポンサーリンク

日本への進出はいつか?

日本国内では、1901年に、日本での生命保険の事業の免許を取得して営業をはじめています。かなり古くから日本に進出していたんですね。

日本から撤退

しかし、第二次世界大戦になり事業を中断しました。

日本に再上陸

1999年4月に、マニュライフ・センチュリー生命として、日本に再上陸しました。

受け皿企業として資金供与を受ける

2000年5月に、中堅生保の第百生命保険相互会社が経営破綻したことでスポンサーの受け皿金融機関として、生命保険契約者保護機構から1,450億円の資金供与を受けています。これにより、既存契約の移転、営業権の譲受が行われました。

マニュライフ生命保険株式会社になったのは?

2001年9月から、現在の「マニュライフ生命保険株式会社」という社名になっています。

 

まとめ