毎月23日は、国産小ねぎ消費拡大の日という記念日です。

国産小ねぎ消費拡大の日は、国産小ねぎの販売促進が目的で制定された記念日です。

さらに詳しく「国産小ねぎ消費拡大の日」について興味がある場合は、このまま読み進めることで理解を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「国産小ねぎ消費拡大の日」に関する基本情報

ここでは、「国産小ねぎ消費拡大の日」が、誰が制定したのか?なぜ、毎月23日なのか?といった基本情報を紹介します。

誰が制定したのか?

「小ねぎ主産県協議会」が制定した記念日です。

小ねぎ主産県協議会とは?

小ねぎ主産県協議会とは、福岡、佐賀、大分、宮城、高知にある全国農業協同組合連合会の県本部で作っている協議会です。

なぜ、毎月23日なのか?

11月23日が、「小ねぎ記念日」であるのにちなんで、毎月23日を、「国産小ねぎ消費拡大の日」の記念日としています。

スポンサーリンク

11月23日の「小ねぎ記念日」とは?

小ねぎ記念日とは、国産の小ねぎの販売促進のシンボル的な日として制定された記念日です。

なぜ、11月23日なのか?

11月23日は、「勤労感謝の日」です。勤労感謝の日ということで、「ねぎらいの日」に通じることから「ねぎらい」を「葱(ねぎ)」ということで、11月23日を「小ねぎ記念日」になっています。

11月下旬の別の意味もある!?

11月23日は、11月下旬です。11月下旬は、「小ネギの生産が増える時期」と「鍋物に小ネギが使われる季節」と言った由来もあります。

誰が制定した記念日なのか?

「小ねぎ記念日」を制定したのは、「国産小ねぎ消費拡大の日」と同じ、「小ねぎ主産県協議会」が制定した記念日です。

「国産小ねぎ消費拡大の日」との関係は?

小ネギの記念日は、基本は、11月23日の「小ねぎ記念日」です。さらに、1年中、小ネギが食べられるように、というコトで、毎月23日が、「国産小ねぎ消費拡大の日」が制定されています。

スポンサーリンク

 

「国産小ねぎ消費拡大の日」に関する豆知識

ここからは、「国産小ねぎ消費拡大の日」にちなんで、「小ねぎ」の栄養やカロリーなどについて紹介します。

小葱(こねぎ)とは?

各地にある小ネギの多くは、九条ネギを品種改良した上で、若採りされたものです。

小ネギのカロリーとは?

小ネギのカロリーは、100g当たり、27Kcalで、カロリーが低いです。

小ネギの栄養とは?

小ネギには、色々な栄養が含まれています。

三大栄養素

  • タンパク質:2g
  • 脂質:0.3g
  • 炭水化物:5.4g

ビタミン

  • ビタミンA:190μg
  • ビタミンE:1.3mg
  • ビタミンK:120μg
  • ビタミンB1:0.08mg
  • ビタミンB2:0.14mg
  • ナイアシン:0.6mg
  • ビタミンB6:0.13mg
  • 葉酸:120μg
  • パントテン酸:0.2mg
  • ビタミンC:44mg

ミネラル

  • ナトリウム:1mg
  • カリウム:320mg
  • カルシウム:100mg
  • マグネシウム:17mg
  • リン:36mg
  • 鉄1:mg
  • 亜鉛:0.3mg
  • 銅:0.03mg
  • マンガン:0.18mg

その他

  • 食物繊維:2.5g

スポンサーリンク

小ネギの保存

ここでは、小ネギを、そのままの状態で保存する方法と、カットしてから保存する方法を紹介します。

そのままの状態で保存する場合

小ネギは、乾燥しやすいので、「根っこの部分を湿らせたキッチンペーパーで包む」、「湿らせた新聞紙で、全体を包む」、「ポリ袋で包む」といった感じにして野菜室で「立てた状態」で保存します。

カットして保存する場合

小ネギは、カットした状態で、冷蔵庫で保存すると臭いが気になるものです。臭いを防いで冷蔵庫で保存する場合には、カット後は、「サランラップで包む」「ジップロックで密封する」といった方法で、野菜室で保存すれば、臭いが気にせずに済みます。

小ネギの賞味期限は?

小ネギの賞味期限は、1週間程度が目処です。もちろん、季節や保存方法で変わります。

長期保存したいなら!?

小ネギを長期保存したい場合は、「カットしてから、冷凍保存」です。冷凍保存した場合は、解凍せずに、あらかじめ冷蔵庫に移しておいてkら使うといいです。

 

まとめ

小ネギは、手軽に使える食品で、薬味として、他の料理を美味しくしてくれる大切な食材です。国産小ねぎ消費拡大の日に、小ネギの良さ、栄養、保存方法などを見直して、美味しいネギを日々、食べたいですね。