5月14日は、ゴールドデーという記念日です。

ゴールドデーは、新年度、新学期に入ってきた新人に対して、ゴールデンルーキーとして新人たちにエールと期待を込めて、先輩からゴールドキウイフルーツを贈る日として制定された記念日です。

さらに詳しく、「ゴールドデー」について興味がある場合は、このまま読み進めることで知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「ゴールドデー」に関する基本情報

ゴールドデー

ゴールドデーの制定の目的とは?

ゴールドデーは、ゴールドキウイをPRする日です。

誰が制定した記念日なのか?

インターナショナルジャパン株式会社が制定した記念日です。

インターナショナルジャパン株式会社とは?

インターナショナルジャパン株式会社とは、ニュージーランド産を中心とするキウイフルーツの輸入などを行っている会社です。

なぜ、5月14日を記念日にしたのか?

ゴールドデーの記念日が、5月14日なのは、5月病に負けずに、ポリフェノールが豊富で甘いゴールドキウイで元気になって欲しいとの願いが込められて日付が決まっています。

キウイフルーツの種類

ゴールドデーのキウイフルーツの記念日ですが、キウイフルーツには、

  • ヘイワード
  • ゼスプリゴールド
  • レインボーレッド
  • 香緑(こうりょく)
  • さぬきゴールド
  • 讃緑(さんりょく)
  • アップルキウイ
  • ベビーキウイ
  • スウィートグリーン
  • サンゴールド

といった、色々な種類が存在します。

スポンサーリンク

 

「ゴールドデー」に関する豆知識・雑学

ここからは、「ゴールドデー」に関連して「キウイフルーツ」についての豆知識、雑学を紹介します。

キウイフルーツの原産地は?

キウイフルーツは、中国大陸の南部が原産の植物で、1906年にニュージーランドに持ち込まれ、栽培がおこなわれるようになりました。

キウイフルーツの名前の語源・由来とは?

キウイフルーツは、1906年からニュージーランドに持ち込まれ栽培されていましたが、当時は、「チャイニーズグーズベリー」という名前で呼ばれていました。しかし、1956年に、アメリカと中国の国際関係が悪化したことで、アメリカへの輸入のために、「チャイニーズ」の呼び名を避け、「キウイフルーツ」という名前にしたのが、「キウイフルーツ」の名前の由来です。

鳥のキウイから名前が付いた説

「キウイ」という名前になったのは、ニュージーランドに生息している「キウイ(kiwi)」という鳥に、見た目が似ているためです。

キウイの本来の意味に即した説

「キウイ」には。「ニュージーランド」という意味もあります。この為、「キウイフルーツ」は、「ニュージーランドのフルーツ」という意味もあります。

キウイフルーツの主な生産地とは?

キウイフルーツの主な生産地は、

  • イタリア
  • イタリアは、キウイフルーツの生産量は、年間50万トン弱で、世界最大の産地です。

  • ニュージーランド
  • ニュージーランドは、年間30万トンの生産量があります。

  • 中華人民共和国
  • 中国大陸では、年間30数万トンの生産量があり、「陝西省周至県」「河南省南陽市西峡県」「湖南省」「四川省」などで生産されています。

  • 日本
  • 日本では、キウイフルーツの生産量は、2015年は、2万7800トンです。日本国内では、愛媛県や和歌山県などで栽培されています。

スポンサーリンク

キウイの栄養とは?

キウイフルーツの栄養は、特にビタミンCが豊富に含まれているのが特徴です。その他にも、どんな栄養成分が含まれているkのか紹介します。なお、下記で紹介している含有量は、100g当たりになります。

キウイのカロリーは?

キウイフルーツのカロリーは、100g当たり、「53kcal」です。標準的なサイズのキウイフルーツの場合、1個のキウイフルーツ87gで、46Kcalです。

キウイフルーツに含まれる栄養成分

基本的な栄養成分
  • タンパク質:1g
  • 脂質:0.1g
  • 炭水化物:13.5g

キウイに含まれるビタミン

  • ビタミンA:6μg
  • ビタミンE:1.3mg
  • ビタミンB1:0.01mg
  • ビタミンB2:0.02mg
  • ナイアシン:0.3mg
  • ビタミンB6:0.12mg
  • 葉酸:36μg
  • パントテン酸:0.29mg
  • ビオチン:1.4μg
  • ビタミンC:69mg

キウイに含まれるミネラル

  • ナトリウム:2mg
  • カリウム:290mg
  • カルシウム:33mg
  • マグネシウム:13mg
  • リン:32mg
  • 鉄:0.3mg
  • 亜鉛:0.1mg
  • 銅:0.11mg
  • マンガン:0.11mg
  • セレン:1μg

キウイに含まれる脂肪酸

  • 脂肪酸 飽和:0.01g
  • 脂肪酸 一価不飽和:0.02g
  • 脂肪酸 多価不飽和:0.06g
  • 脂肪酸 総量:0.08g
  • n-3系 多価不飽和:0.04g
  • n-6系 多価不飽和:0.01g
  • 18:1 オレイン酸:11mg
  • 18:2 n-6 リノール酸:11mg
  • 18:3 n-3 α-リノレン酸:44mg

スポンサーリンク

キウイフルーツに期待できる健康効果とは?

キウイフルーツのおもな栄養成分は、

  • アクチニジン
  • ビタミンC
  • カリウム
  • 食物繊維

といった4つの成分が健康効果に注目すべき成分です。

アクチニジン

キウイには、アクチニジンが豊富に含まれています。アクチニジンは、タンパク質を分解する働きがあり、胃腸の負担を軽減し胃もたれ防止など、胃腸を健康に維持する効果が期待できます。

ビタミンC

キウイフルーツには、抗酸化作用があるビタミンCに加えて、ビタミンEが含まれています。ビタミンCとビタミンEは、ストレスや紫外線などで過剰に活性する活性酸素を除去する効果があります。

ビタミンCは、抗酸化作用によって、シミやシワ、肌荒れなどの美肌効果などにも期待できる成分として化粧品などにも使われています。

カリウム

キウイフルーツは、バナナやアボカドには劣りますが、生の果物としてはトップクラスです。カロリーは、バナナやアボカドよりも低いのでダイエットしたい人には適しています。

カリウムは、体内で過剰になったナトリウムを排泄する働きがあるので、高血圧の予防むくみの解消の効果が期待できます。

食物繊維

キウイの食物繊維は、バナナの2倍です。食物繊維は、整腸作用があるので、お通じが気になる人にオススメです。特に、キウイに含まれる食物繊維は、不溶性食物繊維が含まれています。

スポンサーリンク

美味しいキウイの選び方

美味しいキウイの選び方は、

  • 毛の生え揃っているもの
  • シワのないもの
  • 触って、程よく弾力があるもの

といった点が美味しいキウイの選び方になります。

ただし、「いびつな形」「黒いモノ」は避けるのが大切です。

キウイを柔らかくする方法・キウイを甘くする方法

硬いキウイの場合は、柔らかくなってから食べた方が甘くなり美味しいです。キウイを柔らかく甘くするためには、リンゴやバカナなどエチレンガスを放出する果物と一緒に冷蔵庫で2日~3日、保管すると柔らかくなります。

キウイフルーツの旬はいつ頃か?

キウイフルーツは、輸入物は、年中出回っています。しかし、日本国内で栽培されているモノは、旬の時期があります。

基本的に、キウイフルーツは、10月~11月にかけて収穫され、10月~翌年の6月ぐらいにかけて出荷されます。

特にキウイフルーツの旬は、12月~4月ごろのようです。

 

まとめ

ゴールドデーは、キウイフルーツをPRするのが目的で制定されたキウイフルーツの記念日です。特に5月は、ゴールデンウィークあけに、新人が5月病になるので、そんな新人にエールを送るために、キウイフルーツを贈る日です。

実際に、キウイフルーツを扱っている会社でないと、後輩にキウイフルーツを贈るのは難しいかもしれませんね。そんな時は、気分転換の飲みに行けるような先輩、後輩の仲に、なっておきたいですね。