12月3日は、個人タクシーの日です。

個人タクシーの日は、一般社団法人全国個人タクシー協会が、個人タクシーは、乗って安心で、安全な輸送手段であることをPRするための記念日です。

さらに、個人タクシーの日についてや、キャンペーンについて詳しく知りたい場合には読み進めてください。
 

スポンサーリンク




「個人タクシーの日」の基礎知識

個人タクシーの日の由来や意味、キャンペーンなど、個人タクシーの日に関連する情報をまとめて紹介します。

「個人タクシーの日」の由来とは?

個人タクシーの日は、1959年(昭和34年)12月3日に、個人タクシーの第一次免許者が173名誕生したことをちなんで記念日になりました。

誰が制定した記念日か?

一般社団法人全国個人タクシー協会が、2009年に50周年となるこを記念して制定しました。

記念日を制定した理由は?

個人タクシーは、事故率も低く、「乗って安心」と評判が高いことから、安全な輸送手段とPRしています。

個人タクシーの日のキャンペーンとは?

個人タクシーの日である12月3日は、東京都個人タクシー協会では、「利用者感謝の日」というキャンペーンを開催しています。

利用者感謝の日の内容とは?

利用者感謝の日では、総計715名の人に

  • 有名旅館宿泊プラン:15名ペア
  • 特産品1万円相当:20名
  • 特産品5000円相当:30名
  • 特産品3000円相当:50名
  • クオカード500円分:600名
といったプレゼントがもらえるキャンペーンが行われています。

キャンペーンへの参加方法

キャンペーンに参加するためには、キャンペーンに参加している個人タクシーに乗車して、「利用者感謝キャンペーンチラシ(応募用紙)」を貰い、領収書を応募用紙に貼って、タクシー協会に送り、後日、発送を持って当選となります。

 

スポンサーリンク

個人タクシーに関する豆知識

ここからは、個人タクシーに関連する豆知識を紹介します。

個人タクシーとは?

個人タクシーとは、正式には「1人1車制個人タクシー事業」といい、一般乗用旅客自動車運送事業経営許可を取得して、自分で1台のタクシー車両を所有して経営するタクシー事業者のことを言います。

個人タクシーは、どれくらい存在するのか?

少し古いデータですが、2008年度の交通年鑑では、個人タクシーの事業者数は、約46,000だそうです。ちなみに、タクシー車両全体の16.8%を占めているようです。

優良な個人タクシーの「マスターズ制度」

1998年に、優良個人タクシー事業者認定制度に合格したタクシーは、三ツ星を取得したタクシーとして、三ツ星の行灯を装備することができます。この制度をマスターズ制度と呼ばれています。

マスターズ制度で三ツ星を獲得する方法

マスターズ制度で三ツ星のマスターズマークを取得するためには、有識者によるマスター認定委員会の厳しい審査を受けて認定される必要があります。ちなみに、三ツ星を取得するためには、一ツ星、二ツ星を順番に認定を受ける必要があります。

 

まとめ

個人タクシーは、安全性が高いので、今後、タクシーを乗るときは、できるだけ個人タクシーを選びたいと思いました。しかも、三ツ星があるタクシーは、特に選びたいタクシーだと思いました。また、12月には、特に個人タクシーに乗ることで、「利用者感謝クキャンペーン」もあるので応募してみたいと思いました。