毎月7日、8日は、生パスタの日という記念日です。

生パスタの日は、生パスタの「風味」「味」「コシ」などの魅力を多くの人に知ってもらうのが目的で制定された記念日です。

さらに詳しく、「生パスタの日」について理解を深めたい場合は、このまま読み進めてもらえれば参考になります。
 

スポンサーリンク




「生パスタの日」に関する基本情報

ここでは、「生パスタの日」は、誰が制定したのか?なぜ、毎月7日、8日なのか?といった基本的な内容を紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

「全国製麺協同組合連合会」という、生めん類の製造業者の団体が制定しました。

なぜ、毎月7日、8日なのか?

日付は、「生=な(7)ま・パ(8)スタ」ということで、毎月7日、8日に制定しました。

制定の目的とは?

生パスタの日は、生パスタの「コシ」「味」「風味」など、素材としての生パスタの魅力を多くの人に知ってもらうために制定された記念日です。

7月8日も「生パスタの日」

「生パスタの日」は、同連合会は7月8日にも制定しています。

いつ制定されたのか?

日本記念日協会に「生パスタの日」が制定されたのは、2017年4月5日です。

スポンサーリンク

 

「パスタの日」に関する豆知識

ここからは、パスタやパスタの日に関連する情報を紹介します。

世界パスタデー

世界パスタデーは、イタリアのローマで開催された「第1回世界パスタ会議」を記念して制定されたきねんびです。

誰が制定したのか?

1998年に、イタリアパスタ製造業者連合によって、制定された記念日です。

世界パスタデーは、いつか?

1995年10月25日に、「第1回世界パスタ会議」が開かれたことで、10月25日を世界パスタデーの日になっています。

どんなイベントが開催されているのか?

各店舗で、世界パスタデーを記念して、先着のプレゼントのスペシャルディナーなど、イベントを行っているところもあります。

イタリア料理の日

パスタとは少し違いますが、9月17日は、イタリア料理の日です。

誰が制定した記念日なのか?

日本イタリア料理協会が制定した記念日です。

何を目的に作られたのか?

イタリア料理の日の記念日の制定の目的は、「イタリア料理の普及と発展」「イタリア料理の調理技術と知識の向上」です。また、同時に、イタリア文化の紹介も合わせて行われています。

 

まとめ

生パスタの日の由来や制定の意義を紹介しました。パスタは、日本でも人気な食品です。生パスタの日に、イタリア料理店やパスタ店の多くでキャンペーンをしてもらえると嬉しいですね。