5月9日は、ゴクゴクの日という記念日です。

ゴクゴクの日は、初夏の日差しが気持ちよくなる5月9日に、屋外や家で、ゴクゴクビールなどを飲んで爽快感を味わうのと同時に、水資源に恵まれない地域の人々が、ゴクゴク、水を飲めるように水環境を考える日として制定された記念日です。

さらに詳しく、「ゴクゴクの日」について興味がある場合は、このまま読み進めることで理解を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「ゴクゴクの日」に関する基本情報

ここでは、「ゴクゴクの日」が、誰が制定したのか?なぜ、5月9日が記念日になったのか?といった基本的なことがらを紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

池田千恵氏が制定した記念日です。池田千恵氏は、「きき酒師ちえの料理と酒の相性研究」のホームページを主宰している人です。

なぜ、5月9日が記念日なのか?

ゴクゴクの日の記念日が、5月9日なのは、「5 = ゴ 9 = ク 5 = ゴ 9 = ク」で、「ゴクゴク」の語呂合わせで日付で決められています。

「きき酒師ちえの料理と酒の相性研究とは?

「ゴクゴクの日」を制定した池田千恵氏は、「きき酒師ちえの料理と酒の相性研究」のホームページを主催している人ですが、2018年現在、このホームページは、表示されなくなっていました。現在は、活動されていないのかもしれません。

過去に「ゴクゴクの日」に、どんなイベントがあったのか?

過去に、ゴクゴクの日には、2007年から2012年、2015年と、5月9日には、ゴクゴクの日を作った池田千恵氏によってイベントが行われていました。しかし、その後は、池田千恵氏が子育て中ということで、イベントが開催できない状況だそうです。

スポンサーリンク

 

「ゴクゴクの日」に関する豆知識

ここからは、「ゴクゴクの日」にちなんだ豆知識、雑学を紹介します。

お酒の健康効果とは?

お酒であるアルコールは、適度な量であれば、健康にもいいと言われています。

過剰な飲酒は害が大きい・健康に悪い

過剰な飲酒をした場合には、WHO(世界保健機構)によれば、60種類以上の病気の原因になるとも言われています。

過剰の飲酒による病気の一例

アルコールを分解するためには、肝臓が働きます。肝臓への負担が高まると、肝硬変などのリスクが上がります。

消化管に負担がかかる

消化管に負担がかかることで、十二指腸潰瘍、胃潰瘍、胃炎、腸炎、胃がん、大腸がんなどのリスクが高まります。

脳が委縮する

過剰な飲酒は、脳を委縮させるので、認知症になる可能性が高まります。

膵臓に負担がかかる

膵臓に負担がかかることで、膵炎や糖尿病になる可能性が高くなります。

過剰な飲酒って、どれくらいか?

過剰な飲酒の条件としては、厚生労働省によると純アルコール量60g/回程度の飲酒を指します。また、度数5%のビールであれば1500ml/回程度になります。これは、個人の体質などによって変わるので参考程度にしましょう。

適正な量の飲酒とは?

適度な飲酒量としては、厚生労働省によると、純アルコール量20g/回程度の飲酒を指します。また、度数5%のビールであれば500ml/回程度が、適度な量になります。

 

まとめ

ゴクゴクの日は、ゴクゴクと、ビールなどを飲んで爽快感を味わう記念日です。.昔は、毎年、5月9日には、イベントが開催されていましたが、現在は、行われていないようです。