5月1日は、コインの日という記念日です。

コインの日は、各国、各時代の意匠や様式を反映している「貨幣」を通じて、それぞれの国の歴史や文化に対する理解を深めるのを目的として制定された記念日です。

さらに詳しく、「コインの日」についての知識を深めたい場合には、このまま読み進めてもらえれば知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「コインの日」に関する基本情報

ここでは、コインの日を誰が制定したのか?なぜ、5月1日なのか?といった基本な情報を紹介します。

誰が制定した記念日なのか?

日本貨幣商協同組合が制定した記念日です。

なぜ、5月1日が記念日になったのか?

コインの日の記念日の日付は、貨幣の硬貨の言い方である「コイン」と「5月1日」で、「5 = コ 1 = イン」の語呂合わせで決められています。

貨幣は、国の歴史、文化と関係が深い・・・

貨幣は、3000年近くの歴史を持っています。歴史のある貨幣は、美術品とも言われ、人類が生み出した重要な発明のひとつとも言われています。貨幣であるコインや紙幣は、その時代、時代を反映すデザインが行われていることがあります。

スポンサーリンク

 

「コインの日」に関する豆知識

ここからは、「コインの日」にちなんで、「コイン」に関連する豆知識、雑学を紹介します。

コイン(貨幣)の由来・起源となる歴史とは?

ここでは、コインの歴史となる由来や起源について紹介します。

コインが誕生したのはいつか?

コインは、正確に、いつ誕生したのかは定かではありません。前5世紀のギリシアの歴史家であるヘロドトスが、「リディア人はわれわれの知る限りでは、金銀の貨幣を鋳造して使用した最初の民族である。」と言ったように、紀元前7世紀末に、小アジアに建国されたリディア王国のギゲス王の「エレクトラム貨」が最初のコインと言われています。

古代文明には、コインがなかった・・・

紀元前の古代のエジプトやメソポタミア文明、インダス文明、中国大陸など、世界的に有名な文明でもコインはしようされていませんでした。

世界最古のコイン「エレクトラム貨」とは?

世界最古のコインと言われている「エレクトラム貨」です。エレクトラム貨は、金が73%、銀が27%で、自然合金をエレクトラムということから名前で呼ばれています。

エレクトラムは、リディア王国の中心地であるサルディスを流れていたパクトロス川から採れたエレクトラムを原料に作っていました。

エレクトラム貨からコインが世界に広がる

エレクトラム貨が作られ、流通するようになると、すぐに周囲の国でも、コインの便利さが広まり、アケメネス朝ペルシャ、アテネなどのギリシア各都市においても、コインが発行されて広がっていきました。

スポンサーリンク

当初のコインは、重さがバラバラ

各地でコインが作られるようになりましたが、当時は、まだ、コインの大きさ、重さがバラバラでした。例えば、ギリシャのドラクマ貨は、アテネが4.3gであっても、コリントは2.9gと言った感じでした。

コインの重さ、大きさが統一したのは、アレキサンダー大王

コインの重さ、大きさが統一されたのは、紀元前4世紀アレキサンダー大王のギリシアからインドまでの大帝国ができてからでした。アレキサンダー大王が帝国内の金銀を集めてコインを発行し、広大な地域でコインの重さ、大きさ、金貨と銀貨の交換比率の統一などが行われました。

世界にコインを広めたのはローマ帝国

古代ローマ帝国では、コインを自国で発酵したのは、紀元前3世紀からでした。古代ローマが領土を拡大するのに伴い、貨幣社会が広がり、発展していきました。

日本のコインの歴史・起源とは?

日本におけるコインの歴史としては、574年~708年の飛鳥(あすか)時代が始まりと言われています。

日本で最初のコインは、中国の「開元通宝(かいげんつうほう)」という貨幣を参考に、富本銭(ふほんせん)というコインが作られました

「富本」とは、「「国を富まし、民を富ませる本(もと)」ということで、「国を豊かにして、人々にも裕福な生活をさせるもと」といった意味があるようです。

以前は、「和同開珎」が日本で一番古いコインと思われていた・・・

昔は、飛鳥時代の最後の年に作られた「和同開珎(わどうかいちん)」が、日本で最初に作られたコインと思われていました。

「富本銭」は、広がらなかったコイン・・・?

1999年に奈良県で、「富本銭」が出土したことで、日本最古のコインが「富本銭」であることが判明しました。しかし、「和同開珎」の方が有名ということは、「富本銭」は、広まらなかったと思われます。

 

まとめ

コインの日は、コインを通じて、それぞれの国の歴史や文化を振り返る記念日です。貨幣は、かなり昔から存在しましたが、その後、コインが誕生することになります。コインが、いつから作られ、どう広まっていったのか?コインの日にちなんでコインの歴史を紹介させていただきました。