5月13日は、カクテルの日という記念日です。

カクテルの日

さらに詳しく、「カクテルの日」について興味がある場合は、このまま読み進めることで知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「カクテルの日」に関する基本情報

ここでは、「カクテルの日」が、なぜ、5月13日なのか?などといった基本的なことがらを紹介します。

誰が制定したのか?

2011年(平成23年)に、日本のバーテンダー4団体である

  • NBA(日本バーテンダー協会)
  • HBA(日本ホテルバーメンズ協会)
  • PBO(プロフェッショナル・バーテンダーズ機構)
  • ANFA(全日本フレア・バーテンダーズ協会)

が設立した記念日です。

なぜ、5月13日が記念日になったのか?

カクテルの日の記念日が、5月13日なのは、1806年5月13日に、アメリカの週間新聞である「バランス・アンド・コロンビア・リポジトリ」にカクテルの定義が掲載されたことに由来しています。

「カクテル」が初めて掲載されたのは?

「カクテル」という言葉が初めて使用、掲載されたのは、1806年5月6日のアメリカの週刊新聞「バランス・アンド・コロンビア・リポジトリ」です。この紙面に対して、読者から「カクテルって何?」というと言わせがあり、翌週の5月13日に、「カクテルの定義」が初めて文書化し、掲載されました。

どのようにカクテルが定義されたのか?

「バランス・アンド・コロンビア・リポジトリ」に定義された「カクテル」は、「蒸留酒に砂糖、水、ビターを混ぜた興奮飲料であり、俗に「ビタースリング」と呼ばれ、選挙運動の妙薬ということになっている」と言ったものでした。

一般的な、「カクテル」とは?

一般的なカクテルとは、ジンやウォッカのお酒をベースとし、その他に、お酒やジュースなどを混ぜて作るアルコール飲料です。

スポンサーリンク

 

「カクテルの日」に関する豆知識・雑学

ここあkらは、「カクテルの日」にちなんだ関連する豆知識、雑学などを紹介します。

カクテルの日のイベントとは?

カクテルの日である5月13日は、日本のバーテンダー協会、団体が主催するイベントが開催されます。

イベント開催の目的とは?

イベント開催の目的は、カクテルの魅力、素晴らしさを伝えることで、一人でも多くの人にカクテルのある生活を楽しんでもらうのが目的で実施されています。

「カクテル・アンバサダー賞」の授賞式

カクテル・アンバサダー賞は、カクテルを通じて、新しい飲酒文化の発展を願い、カクテルの普及に大きな影響を与えて、貢献した人に対して、「カクテルアンバサダー」が選ばれ表彰されました。

カクテルパティーの開催

カクテルの日のイベントでは、日本でもトップクラスのバーテンダーが一堂に会し「スペシャルラウンジ」が運営されました。

フレアバーテンディングのパフォーマンス

イベントの終盤には、世界チャンピオンで優勝したフレアバーテンダーの金城光浩氏が、段上でのパフォーマンスを披露しました。世界トップクラスのテクニックを次々と繰り出すことで、海上全体を盛り上げました。

 

まとめ

カクテルの日は、カクテルが初めてアメリカの新聞で定義されたことで、5月13日に制定された記念日です。カクテルの日には、今まで、カクテルを楽しんだことが無い人でも、カクテルを楽しむのにいい機会ではないかと思いました。