12月7日は、国際民間航空デーという記念日です。

国際民間航空デーは、国際民間航空条約が制定されたことを記念してできた記念日です。

さらに、国際民間航空デーとは、どんな記念日なのか?具体的には、下記で詳しく詳細しています。
 

スポンサーリンク




「国際民間航空デー」の基本情報

国際民間航空デーが、どんな記念日なのか?ここで詳しく紹介します。

国際民間空港条約とは?

国際民間空港条約とは、民間の航空機が安全に運航できるように、国際的な航空機の法的地位や基準などを定める国際的な条約です。

どんな記念日なのか?

世界的な国際民間航空機関が組織されたことを記念してつくられた記念日です。

いつ制定された記念日なのか?

国際民間航空デーは、1992年の国際民間航空機関(ICAO)の総会で制定されました。実際に、この記念日が実施されたのは1994年からです。

国際民間航空デーができた由来とは?

国際民間航空機関(ICAO)の設立を定めた「国際民間航空条約(通称シカゴ条約)」の署名が行われたことに由来しています。

そもそも、国際民間航空機関(ICAO)とは?

世界中のあらゆる人々に航空ネットワークを提供することを目的に設立された国連の機関の1つです。

ICAO(国際民間航空機関)の設立の目的とは?

国際民間航空機関(ICAO)とは、1944年12月7日に、世界52ヵ国の航空関係者が集まり、航空機時代の到来を前に、最前の安全と保全、持続性が提供できるグローバルな民間航空体制を育成することを目的に制定されたました。

日本が加入したのはいつか?

ちなみに、日本は、1953年、ICAO(国際民間航空機関)に参加しています。さらに、1956年以降は、理事国のひとつとして活動しています。

日本の参加している役所とは?

ICAO(国際民間航空機関)の理事会には、日本政府の「経産省」と「国土交通省」から人をだして参加しています。ちなみに、数年ごとに後退しているようです。

現在のICAO(国際民間航空機関)の加盟国数は?

設立当初は、52ヵ国であったICAO(国際民間航空機関)ですが、現在では、190ヵ国以上にもおよんでいます。いかに航空機が世界的に広がり普及しているかが分かります。

現在の「ICAO(国際民間航空機関)」の活動は、何なの?

ICAO(国際民間航空機関)が行っている活動を具体的に説明すると

  • 航空技術の普及
  • 管制方法の標準化
  • 国境を越える時のルール制定

などのような航空機の国際的な普及や標準化を行っています。

さらに、上記以外にも航空機のナビゲーションに衛星を使う方法の開発なども行っているようです。

国際民間航空デーは、「国際デー」です。

国際民間航空デーは、「国際デー」に登録されている記念日です。


そもそも、「国際デー」って何よ?
「国際デー」とは、国際機関によって定められた記念日です。「国際デー」に指定された記念日は、毎年、決まった記念日に、特定の事項ついて重点的に問題解決を国連をはじめ、全世界の団体や個人に呼びかけ普及するための日です。

 

国際民間航空デー(こくさいみんかんこうくうデー)の英語表記とは?

国際民間航空デーは、英語での表記は、「International Civil Aviation Day」となります。

スポンサーリンク

 

「国際民間航空デー」の関連情報・豆知識

国際民間航空デーに関連する情報を紹介します。

2001年のアメリカ同時多発テロで、世界的に航空機の再編が起こった

近年、民間航空機の業界では、格安航空会社の出現により、世界的にも大きな再編が行われています。

その大きなきっかけになったのが、2001年のアメリカ同時多発テロです。飛行機のテロが行われたことで、飛行機を敬遠し、航空需要が落ち込みました。さらに、手荷物検査などの費用がかさみ、安全のために経費がかさみ、航空会社の経営を圧迫しました。

その結果、ユナイテッド航空(UA)が破綻しました。さらに、タイミングが悪く、原油の高騰が重なり、航空会社の経営を圧迫し、デルタ航空やノースウエスト航空といった航空会社も経営破綻してしまいました。

日本においては、日本航空と日本エアシステムが2002年に行われ、航空業界の再編が行われ、低運賃を売りにした航空会社の人気がでたことで、今までドル箱路線であった収益をシッカリと出せていた大手の航空会社も油断できない時代になりました。
 

旅客機の歴史はいつから始まったのか?

飛行機を作り、人類で初めて動力飛行を行ったのはライト兄弟です。ライト兄弟が初飛行に成功したのは1903年12月17日です。当時の飛行機は、まだまだ、実用性があるモノではなく、お客を乗せれるようなモノではありませんでした。

飛行機の発達時期

ライト兄弟以降も、「サントス・デュモン 」「ブレリオ XI 」「アンリ・ファルマンIII 」「カーチス ゴールデンフライヤー 」など、様々な飛行機が開発され、飛行機が実用性があがりました。

戦争で発展した飛行機

第一次世界大戦という大きな戦争に飛行機が使われたことで、飛行機は大きく発展し、信頼性がアップしまた。そこで、戦後に、本格的に、輸送の手段として飛行機が使われるようになりました。

戦争の終わりが、旅客機の始まり

第一次世界大戦で、飛行機が戦いに使われました。しかし、大戦が終わり、軍縮が起こったことで、民間にプロペラ式の軍用機が販売された旅客輸送事業がはじまりました。当時は、元々、爆撃機や偵察機として使われていた機体を改造して、乗客や郵便物を運ぶ飛行機が作られていました。

当時の飛行機は「木」と「布」でできていた

イギリスやフランスで作られていた飛行機は、木製の骨組みに、羽布張りの複葉機が主体でした。

世界初の定期航空便はどこか?

世界初の定期航空便は、1919年2月5日に、ベルリンとワイマールを結ぶ便です。さらに、1919年2月8日にはロンドンとパリを結ぶ国際航空便が誕生しました。

当時の旅客機は、誰が使っていたのか?

当時の飛行機は、まだまだ、一般人が乗れるようなモノではありませんでした。当時は、大戦後ということもあり、戦後処理を迅速に進めたい政治家や外交官が主に使っていたようです。さらに、緊急で、どうしても仕方がない民間人などが使っていました。その他には、大金持ちで大金が払え、自分の命をかけた冒険ができるような人が使っていました。

どんな感じで乗っていたのか?

当時は、まだまだ、乗客に優しい飛行機は作られておらず、雨風をまともに受ける座席であったため、パイロットと同じように安全ヘルメットや風防眼鏡が必須という状態でした。

安全で優雅な空の旅は飛行船が使われた

まだまだ、飛行機は、優雅な旅行で使うのが無理な時代でした。その為、当時は、飛行船を利用する人が多くいました。

夜間飛行や機体の大型化はいつから始めったのか?

夜間飛行や旅客機の期待の大型化、輸送費を削減が進んだのは1920年代の初期になってからです。

航空旅客輸送が世界的に広がった時期

航空旅客輸送が世界的に広がったのは1930年代です。アメリカが主導し、航空機の安全性や信頼性の改善が進んだことで、飛行機が「命がけの飛行」ではなくなりはじめたようです。

長距離の国際線が確立

1940年代には、アメリカでは、第二次世界大戦中でも、国内で民間用の輸送機が大量に生産、使用されました。その結果、大戦後、アメリカ国内では航空旅行の需要が増大しました。

ジェット機の誕生

1950年代には、ジェット機の旅客機が誕生しました。元々、ジェット機は、プロペラ機よりも早く飛べるということで、イギリスで戦闘機として開発されていました。

一般人でも飛行機に乗れる時代

1960年代にはいり、アメリカの空軍が、今までと比べ燃費の良いエンジンを開発したことで、旅客機の運賃を下げることができ、旅客機が大衆でも乗れるようになりました。

航空機が環境にも配慮をしはじめる

1960年代に、航空機が大衆化したことで、航空会社が成功しました。そんな航空機が、排気を出しながら高空を飛行しながら環境破壊をしているのではないかという疑いがでたことで、二酸化炭素や窒素酸化物の削減が1970年代には言われるようになりました。

 

まとめ

国際民間航空デーという記念日があることは初めて知りました。国際民間航空デーは、飛行機が安全に運航されている基礎を築いた記念日だと思いました。

国際民間航空デーを迎える12月7日は、国際民間航空機関について考えるだけではなく、飛行機の歴史についても調べ考えてみました。

インターネットは、元々、アメリカの軍事目的に開発された技術です。飛行機は、最初は、空を飛びたいという純粋な目的で開発されたと思いますが、その後、戦争に使われることで、飛躍的に飛行機の性能がよくなり、その後、旅客機として大衆に広がっていきました。

飛行機は長距離の移動には必須で、ありがたいものです。今後、さらに安全性が増して、今まで以上に安心して乗れる乗り物になると良いですね。