毎月19日は、シュークリームの日という記念日です。

シュークリームの日は、シュークリームをより身近なおやつにしたいという思いで制定された記念日です。

さらに詳しく、「シュークリームの日」について知りたい場合は、このまま読み続ける事で知識を深めることができます。
 

スポンサーリンク




「シュークリームの日」に関する基本情報

ここでは、「シュークリームの日」についての基礎知識として、誰が制定したのか?なぜ、毎月19日なのか?といったことを紹介します。

なぜ、毎月19日なのか?

19日が記念日の日付になっているのは、「シュークリーム」の語感が「19(ジューク)」と似ていることから、毎月19日になっています。

誰が制定した記念日なのか?

記念日として制定したのは、「牛乳と卵のシュークリーム」などのスイーツを製造して、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで販売している株式会社モンテールが制定しました。

モンテールとは?どんな会社なのか?

モンテールとは、「小さな洋菓子店モンテール」などのブランドで、シュークリーム以外にもロールケーキ、エクレア、クレープ、ワッフルなどの洋生菓子を製造している会社です。

どこで、モンテールの洋菓子が買えるのか?

モンテールの洋菓子は、主に、スーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアなどで販売されています。

通信販売でも購入できる

モンテールが製造している洋菓子は、楽天市場やYahoo!ショッピングなどの大手の通信サイトからも買うことができます。

どこで製造しているのか?

洋菓子をモンテールが製造しているのは、茨城県坂東市、埼玉県八潮市、岐阜県美濃加茂市に直売所を兼ねた工場を持っています。また、西日本では兵庫県たつの市の田口乳業、北海道勇払郡安平町の北海道コクボ、には製造を委託しています。

モンテールは、いつ出来た会社なのか?

モンテールの設立は、1954年10月と、60年以上の歴史のある会社です。

どんな事業内容なのか?

事業内容は、チルドデザートの製造販売を行っています。

 

スポンサーリンク

 

「シュークリームの日」に関する豆知識

ここからは、「シュークリームの日」にちなんで、シュークリームの豆知識について紹介します。

シュークリームのカロリーは?

シュークリームのカロリーは、どれくらいあるのか、メーカーごとに紹介します。

モンテール

  • 夏のマンゴーシュークリーム : 212kcal
  • エスプレッソのシュークリーム : 232kcal
  • 牛乳と卵のシュークリーム : 250kcal
  • 牛乳と卵のカスタード&ホイップシュー : 257kcal
  • カフェオレのプチシュー : 281kcal
  • 9Pプチシュークリーム : 288kcal
  • シュークリームくん : 294kcal
  • 生クリーム仕立てのプチシュー : 384kcal

ヤマザキパン

  • パイシュー : 343kcal
  • ホイップカスタードシュー4個入 : 82kcal

スイートガーデン

  • シュークリーム : 239kcal
  • 窯焼きシュー : 281kcal
  • プリンシュー : 218kcal
  • マンゴー&パッションシュー : 241kcal

シャトレーゼ

  • ダブルシュークリーム 283kcal
  • 無添加うみたて卵のシュークリーム : 283kcal

スリーエフ

  • オンブラージュ とろけるカスタードシュー : 181kcal

イタリアン・トマト

  • シュークリーム : 298kcal

シュークリームの栄養とは?

シュークリームに含まれる栄養としては、

  • ビタミンD
  • 脂質
  • ビタミンB12
  • ビタミンB2
  • パントテン酸

などが多く含まれていることが多いようです。

スポンサーリンク

シュークリームの「シュー」の意味とは?

シュークリームの「シュー」の意味は、フランス語で「キャベツ」「ハボタン」「ハクサイ」などの総称したモノを意味します。シュークリームの形が結球したキャベツに似ているからでしょう。

シュークリームは、「和製英語」

シュークリームは、フランス語のシュ(chou)英語のクリーム(cream)を組み合わせてできた和製英語です。この為、海外で、シュークリームと言っても通じません。

シュークリームの語源とは?

また、シュークリームの語源として、フランス語の「シュー・ア・ラ・クレーム」の「ア」と「ラ」が省略されたのちに、「クレーム」を「クリーム」といった英語読みになって、「シュークリーム」になったという説もあります。

シュークリームを英語では?

英語圏では、日本のシュークリームにあたるお菓子は、「cream puff(クリーム・パフ)」と言い、クリーム入りのふっくらした物という意味があります。英国では、「プロフィトロール」と言われています。

シュークリームの原型は?

シュー生地の原型は、「揚げシュー(ベニエ・スフレ)」であると言われています。

シュークリームの由来・歴史とは?

シュークリームの由来は、諸説あるようですが、1553年に、メディチ家のカトリーヌ姫が輿入れした時に、カトリーヌ姫のお抱え菓子職人であったポプリーヌによってフランスに伝わったと言われています。当時は、ププランと言う乳房を意味する言葉で呼ばれていました。その後、1760年になってからジャン・アヴィスがシュークリームを完成させたとも言われています。

日本にシュークリームが伝わったのは?

日本にシュークリームが伝わったのは、幕末に、サミュエル・ピエールという外国人が横浜に西洋画視点を開いたのが最初だと言われています。さらに、和菓子で有名な米津風月堂は、1896年には、シュークリームを発売していたようです。

 

まとめ

最近では、コンビニやスーパーなどでも美味しいシュークリームが販売されています。この為、シュークリームの日には、気軽に美味しいシュークリームが食べれるようになりました。

甘いもの好きな人なら、毎月19日のシュークリームの日は、美味しいシュークリームを食べるのも良いのではないかと思います。