12月20日は、ブリの日(鰤の日)という記念日です。

魚へんに師と書いて「鰤」と読みます。そして、20日をブリと読むことから12月20日を鰤の日(ブリの日)と言います。

さらに「ブリの日」について詳しく知りたい場合は、下記にまとめて紹介しています。
 

スポンサーリンク




「ブリの日」に関する基本情報

ブリの日の由来や意味、なぜ、12月20日なのか?基本的なことがらについて紹介します。

ブリの日の由来とは?【詳細】

ブリの日が、なぜ、12月20日なのか?を詳しく紹介します。

なぜ、12月なのか?

ブリの旬は、12月の師走です。

魚へんにと書いて「鰤(ブリ)」と書きます。

なぜ、20日なのか?

20日を分解して

  • =
  • =

「ブリ」と読むことができることから、20日になりました。

12月20日が、ブリの日になった理由:まとめ

年取り魚のブリは師走の魚です。また、12月が師走で、鰤の字に似ていること、20がブリと読む、語呂合わせで、12月20日がブリの日になっています。

誰が提唱した記念日なのか?

FM長野の番組中に提唱されて出来た記念日です。

スポンサーリンク

 

鰤(ブリ)の賞味期限(消費起源)・日持ちとは?

鰤(ブリ)の賞味期限は、購入した時の状態によっても変わりますが、基本的に新鮮な状態で購入すれば、2日~3日程度は持つと言われています。

鰤(ブリ)を保存する方法

鰤(ブリ)を保存する時のポイントは、

  • 水分をシッカリと拭き取る
  • 味つけ、調理をしてから保存する
  • ラップで包み、ジップロックで空気に触れないようにする

といった点が大切になります。

チルドでの保存

ラップに包み、ジップロックで空気を遮断して、冷蔵庫のチルド室では、2日~3日程度保存できます。

冷蔵での保存

みりん、醤油などで漬け込んで、冷蔵保存すると1週間近く持つと言われています。

冷凍での保存

風味が落ちますが、冷凍すれば、2週間ぐらいは持つようです。

上記は、季節や冷蔵庫の温度、購入時の鰤(ブリ)の状態によって変わるので、あくまでも参考程度にしましょう。

変色したブリは食べれるのか?

ブリを食べようと思ったら変色していたというケースがあります。変色していても、必ず腐っている訳ではありませんが、ヌメリや変な匂いがする場合は食べない方がいいです。
 

鰤(ブリ)の日本記録とは?

「Japan Game Fish Association」での記録としては、2005年12月11日の三重県石鏡沖の「22.10kg」といった記録があります。Wikiペディアでは、最大の前兆が150センチ、体重40キロの記録があるとありますが、これは、どこの記録化不明です。
 

「鰤(ブリ)」に関する豆知識

ここからは「鰤(ブリ)」に関する豆知識を紹介します。鰤の日(ブリの日)を、より理解できるようになります。

年取り魚とは?

年取り魚とは、大晦日に食べる魚のことです。

昔は、正月を迎えるのに欠かせない魚

鰤(ブリ)は、大晦日に食べる魚なので、昔は、正月を迎えるのに欠かせない魚でした。

鰤(ブリ)は、出世魚なので縁起物

鰤(ブリ)は、出世魚です。その為、縁起物として、正月に欠かせない魚です。

スポンサーリンク

出世魚とは?

出世魚とは、何なのでしょうか?

江戸時代の頃までは、武士は、男の子が成人になると、元服といったお祝いをして名前が変わります。また、出世するたびに名前が変わりました。

この風習に基づいて、魚のサイズや容姿、生息域、生態の変化で、名前がコロコロ変わる魚を「出世魚」と呼んで、縁起物として、お祝いの時や門出を祝う料理として出されました。

どんな魚が「出世魚」なのか?

出世魚と呼ばれるのは、

  • ブリ
  • スズキ
  • ボラ

などがあり、成長と共に名前が変わる通り、名前が変わると食べると、まったく違う魚のような味わいです。

出世魚としての「ブリ」の名前の変化とは?

出世魚として有名なのは、ブリ(鰤)です。鰤は、地域によって呼び名も違い、色々と変わります。

関東地方

ワカナゴワカシイナダワラサブリ

関西地方

モジャコ(ワカナ)ツバスハマチメジロブリ

東北地方

ツベ(アオッコ)イナダ(ショッコ)アオ(サワラ)ブリ

下北地方

フクラギイナダサワラブリ

北陸地方

ツバエリコズクラフクラギアオブリハナジロブリ

富山県

ツバイソコズクラフクラギガンド(ガンドウ)ニマイヅルブリ

丹後地方

マンリキ(イナダ)マルゴハマチブリ

紀州近海

ワカナツバスイナダハマチブリオオウオ

山陰地方

ショウジゴワカナメジロハマチブリ

四国地方

ツバスツカナ(ツバス)ハマチメジロブリ

九州地方

ワカナゴヤズハマチ(コブリ)メジロブリオオウオ

上記の通り、多くの場合、最後の名前が「ブリ」になるので、出世魚として、ブリを好んで食べられる縁起物になっています。

魚のサイズによる出世魚の名前の違い

ここでは、具体的に、ブリの魚のサイズが、何センチなら、何という名前になるのか?といった点を紹介します。

関東・関西

関東と関西では、80センチ以上になると「ブリ」と呼ばれます。

関東の場合

関東の場合は、

  1. モジャコ:稚魚
  2. ワカシ:35cm以下
  3. イナダ:35~60cm
  4. ワラサ:60~80cm
  5. ブリ:80cm以上


といった感じで、サイズの違いで出世して、呼び名が変わります。

関西の場合

関西の場合は、

  1. モジャコ:稚魚
  2. ワカナ:兵庫県瀬戸内海側
  3. ツバス、ヤズ:40cm以下
  4. ハマチ:40~60cm
  5. メジロ:60~80cm
  6. ブリ:80cm以上


といった感じのサイズで名前が変わります。

鰤(ブリ)の語源とは?

鰤(ブリ)の語源には、諸説あり

  • 脂の多い魚で「アブラ」のブラが転じて「ブリ」
  • 昔は、火にあぶって食べていた「あぶり」を略して「ブリ」
  • 身が赤く「ブリブリ」していることから「ブリ」


と言ったようなことが、語源になっているのではないかと言われています。

特に美味しい「寒ブリ(カンブリ)」とは?

晩秋に南下してくる親ブリのことを「寒ブリ(カンブリ)」と言います。「寒ブリ」は、特に脂がのっていて美味しいと有名です。

鰤(ブリ)の栄養成分

鰤(ブリ)の脂質は良質な脂で、体に良いと言われているEPAやDHAが含まれており、脳細胞を活性化したり、血中コレステロールの低下などの働きが期待できます。

 

まとめ

「ブリの日」は、12月20日と、鰤が旬になる時期の12月、鰤が12月を意味する「師走」の「師」を含むので12月といった2つの12月の意味があります。さらに、20日は、強引な語呂合わせで「ブリ」と呼ぶことも合わさって、12月20日が「ブリの日」になっています。

鰤(ブリ)は、出世魚です。大晦日は、家族でそろって、鰤を食べることで、翌年は出世できるように願掛けをして、良い年を迎えましょう。