1月14日の「今日は何の日」として、

  • 記念日
  • 誕生花
  • 誕生石
  • 1月14日生まれの偉人・キャラ
  • 有名人の忌日・命日
  • 1月14日生まれのキャラ
  • 歴史的な出来事

など、1月14日に関連する情報を色々と紹介しています。
 

スポンサーリンク




記念日

左義長(さぎちょう)・どんと焼き・どんどん焼き

正月に飾った、正月飾り、書初めなどを燃やす日です。呼び方は地方によって違い、地方によっては、8日や10日に行う地方もあります。

<開く・たたむ>
秋に刈り取った後の田んぼで、3本か4本で組んだ長い竹を立てて、その年の正月に飾ったしめ縄や門松、書き始めなどを持ち寄って焼く儀式です。

焼く事の意味とは?

しめ縄や門松を燃やすことで、しめ縄や門松でお出迎えをした歳神を、焼くことで、炎と共に見送る意味があると言われています。

焼く時に行うこと

しめ縄や門松を燃やす時に、その火を使って、三食団子や餅を焼いて食べる地域もあります。

病を除く方法

しめ縄や門松などを焼いた後の、灰を持ち帰り、自宅の周辺にまくことで、その年の病を取り除くとも言われています。

色々な呼び方がある

日本全国で、広くみられる有名な風習ですが、地域によって、どんど焼き、どんと焼き、才の神焼き、さいの神、歳の神などと呼ぶ地域もあります。

飾納・松納

正月に飾っていた、門松や正月飾りを取り外す日です。

十四日年越し

小正月の前日になるので、昔は年越しの日として祝っていました。

スポンサーリンク

タロとジロの日(愛と希望と勇気の日)

1956年1月14日は、南極に置き去りにされた南極観測隊であった、22匹のカラフト犬ゆやタロとジロの生存が確認された日です。

<開く・たたむ>
南極観測船である「宗谷」は、1956年(昭和31)の秋に、11人の隊員が東京港を出発して、15頭の樺太犬が参加しました。

1958年(昭和33年)に、再度、第2時超冬隊を結成し、南極に向かいましたが途中で分厚い氷に阻まれ、隊員11人は、ヘリコプターで救出されました。

カラフト犬は、救出できなかった・・・

ヘリコプターで救出できたのは人だけで、カラフト犬、15頭は、鎖につないだままの状態で氷原に置き去りされました。

タロとジロの生存を確認

翌年である1959年(昭和34年)1月14日、南極観測船「宗谷」から飛び立ったヘリコプターが、南極の昭和基地に着いた時に、タロとジロの生存が確認されたことが、南極から打電されました。このニュースは、世界中に広まり、希望と愛、勇気と感動に包まれました。

映画化される

この物語は、「南極物語」として、映画化されたことで、さらに広がり、記念日になりました。

「愛と希望と勇気の日」とも言われる

タロとジロの日は、愛と希望と勇気の日とも言われています。

その後のタロとジロは?

ジロは?

その後、ジロは、1960年7月9日に、南極の昭和基地で、5歳で病気のため死亡しました。ジロは、剥製(はくせい)として、東京の上野にある国立科学博物館におかれています。

タロは?

タロは、1961年5月4日に、日本に生還を果たし、北海道札幌市の北海道大学植物園で余生を過ごし、1970年(昭和45年年)8月11日に、14歳7ヵ月で老衰のため永眠しました。

尖閣諸島開拓の日

2010年(平成22年)12月に、沖縄県石垣市が制定した記念日です。

<開く・たたむ>

なぜ、記念日ができたのか?

尖閣諸島の周辺には、国連の調査によって、天然ガスや石油などの地下資源が埋蔵していることが分かりました。国連の調査後、中国と台湾が領有権を主張しはじめました。

中国の公船や漁船

その後、中国の公船や漁船が領海侵犯することが相次ぎ、2010年には、中国漁船衝突事件が発生しました。

漁民が操業できない現実

尖閣諸島海域は、豊かな漁場であるが、中国の公船や漁船が領海侵犯によって、日本の漁船は操業できない状況が続いています。

尖閣諸島開拓の日(尖閣の日)の制定

日本の漁船は操業できず、漁民の切なる訴えは何一つ解決されない状況が続いています。この状況を打破するために、石垣市は「尖閣諸島開拓の日」とする条例を制定しました。

都に寄付が集まる

石原慎太郎都知事が現役の時に、尖閣諸島の5島中、魚釣島、北小島、南小島の購入を表明したことで、都には10億円を超える寄付金が集まりました。

尖閣諸島は、いつ日本領になったのか?

尖閣諸島は、日本政府が尖閣諸島を1895年(明治28年)に、閣議決定によって、日本領に編入することが決まりました。

なぜ、尖閣諸島と言うのか?

「尖閣諸島」という名前は、1900年(明治33年)5月に、高知出身の教師である黒岩恒(くろいわ ひさし)が、「島の尖っている形状」と「イギリス海軍水路誌にある”The Pinnacle Islands”」に由来して「尖閣」という名前が付けられています。

無償貸与された尖閣諸島

尖閣諸島は、名前がつく前は、日本政府が、実業家の古賀辰四郎(こが たつしろう)に無償貸与されていました。この無償貸与された島を古賀辰四郎が、黒岩恒に調査を依頼しています。

スポンサーリンク

褒め言葉カードの日

褒め言葉カードの日は、家族や職場の仲間に褒めて感謝を伝える日です。

<開く・たたむ>

記念日制定の目的とは?

記念日制定の目的は、「褒め言葉カードを普及させるため」「褒め言葉の大切さを理解してもらう」です。

誰が制定した記念日なのか?

一般社団法人日本褒め言葉カード協会が制定した記念日です。

なぜ、1月14日なのか?

褒め言葉の「いいよ」を「 い = 1 、 い = 1 、 よ = 4 」の語呂合わせで決められています。

褒め言葉には色々な種類がある

褒め言葉には、

  • ありがとう
  • 感動
  • 嬉しい
  • 一流
  • 素直
  • 衝撃的
  • 感激
  • ミラクル
  • 予想以上


といった様な、色々な言葉があります。

主の割礼祭

「主の割礼祭」は、正教会の祭です。修正ユリウス暦を使用している正教会において1月1日になります。

 

外国の記念日

外国の記念日として、どのようなモノがあるか紹介します。

韓国のダイアリーデー

韓国において、恋人に、その年、1年間に使う手帳をプレゼントする日です。ちなみに、毎月14日は、韓国では、恋人に関する記念日です。

スポンサーリンク

 

毎月14日が記念日

作成中です。

 

誕生花

1月14日の誕生花を紹介します。

シクラメン

シクラメンの誕生花の花言葉は、「清純」「内気」「はにかみ」という意味があります。

シンビジューム

シンビジュームには、「飾らない心」「素朴」という誕生花の意味があります。

スイートピー

スイートピーの誕生花の意味は、「門出」「優しい思い出」です。

サフラン

サフランの花言葉は、「歓喜」「陽気」です。

 

誕生石

1月14日の誕生石を紹介します。

ターコイズ

ターコイズは、「思い慕う」「冒険心」「前を向く」という意味がある誕生石・石言葉です。

スポンサーリンク

 

誕生日

偉人・芸能人の有名人の誕生日

1月14日生まれの芸能人、偉人、政治家などの有名人の誕生日を紹介します。

紀元前38年

ネロ・クラウディウス・ドルースス (ローマ帝国の軍司令官、第2代皇帝ティベリウスの弟)

1272年(文永8年12月12日)

北条貞時(鎌倉幕府第9代執権)

1702年(元禄14年12月17日)

中御門天皇(第114代天皇)

1741年

ベネディクト・アーノルド(アメリカ独立戦争時の大陸軍将軍)

1797年

ヴィルヘルム・ベーア(天文学者)

1799年

ヨハン・イグナツ・フォン・デリンガー(神学者)

1800年

ルートヴィヒ・フォン・ケッヘル(ケッヘル番号を作った作曲家)

1806年

マシュー・フォンテーン・モーリー(海軍士官、海洋学者)

1836年

アンリ・ファンタン=ラトゥール(画家、版画家)

1841年

ベルト・モリゾ(画家)

1875年

アルベルト・シュヴァイツァー(医師、オルガニスト)

1878年

ヴィクトル・セガレン(詩人、医師)

1884年

永田鉄山(陸軍軍人)

1886年

ヒュー・ロフティング(児童文学作家)

1889年

棚橋小虎(労働運動家(政治家)

1890年

アーサー・ホームズ(地質学者)

1892年

マルティン・ニーメラー(ルター派牧師、神学者)

1892年

秦豊吉(実業家、演出家)

1896年

ジョン・ドス・パソス(画家、小説家)

1901年

アルフレト・タルスキ(数学者、論理学者)

1904年

セシル・ビートン(写真家)

1905年

福田赳夫(第67代内閣総理大臣)

スポンサーリンク

1906年

小谷正雄(物理学者)

1909年

エミール・ラング(ドイツ空軍のエース・パイロット)

1914年

駒田信二(作家、中国文学者)

1915年

フェリックス・カスパー(フィギュアスケート選手)

1917年

小田野柏(プロ野球選手)

1918年

島方金則(プロ野球選手)

1925年

三島由紀夫(作家)

1925年

井上普方(政治家)

1927年

原口統三(遺稿「二十歳のエチュード」で知られる旧制一高生)

1928年

ハンス・コーンバーグ(生化学者)

1933年

斎藤栄(推理作家)

1936年

毒島章一(プロ野球選手)

1936年

ライナー・クリンケ (Reiner Klimke)(馬術選手)

1938年

ジャック・ジョーンズ(歌手)

1938年

細川護熙(第79代内閣総理大臣)

1938年

浜中祥和(プロ野球選手)

1941年

佐藤雅美(作家)

1941年

フェイ・ダナウェイ(女優)

1943年

マリス・ヤンソンス(指揮者)

1949年

忍全功(プロ野球選手)

1944年

田中眞紀子(政治家)

1951年

小牧リサ(元女優)

1954年

石田純一(俳優(タレント)

1954年

萩尾みどり(女優)

1954年

森雪之丞(作詞家)

1954年

ルー大柴(タレント)

1954年

渕正信(プロレスラー)

1955年

岩下正明(プロ野球選手)

1959年

吉田鋼太郎(俳優、演出家)

1959年

柴田理恵(タレント)

1959年

松本海希(女優)

1962年

安田信二(作曲家)

1963年

スティーブン・ソダーバーグ(映画監督、脚本家)

1965年

日下翔平(俳優)

1966年

マルコ・ヒエタラ(歌手、ベーシスト、ナイトウィッシュなど)

1967年

佐藤里佳(フジテレビアナウンサー)

1967年

ザック・ワイルド(ギタリスト)

1967年

小林和公(プロ野球選手)

1967年

小沢浩一(プロ野球選手)

1968年

三宅弘城(俳優)

1968年

LL・クール・J(ラッパー、俳優)

1968年

村上和幸(元野球選手)

1968年

伍佰(ウー・バイ)(台湾の歌手)

1968年

早川伸吾(お笑いタレント)

1968年

松居直美(タレント)

1969年

デイヴ・グロール(ミュージシャン、フー・ファイターズ))

1969年

雅まさ彦(俳優歌手(幕末塾)

1970年

進藤達哉(プロ野球選手)

1970年

高遠菜穂子(イラク人質事件、ボランティア活動家)

スポンサーリンク

1971年

トルステン・アムフト(ファッションデザイナー)

1972年

波立紀夫(フリーアナウンサー(元サッカー選手)

1972年

ジェームス・キー(エンジニア)

1972年

松木秀(歌人(川柳作家)

1973年

ジャンカルロ・フィジケラ(F1レーサー)

1973年

山口衛里(元マラソン選手、陸上競技指導者)

1974年

藤井優志(プロ野球選手)

1975年

西郡勲(映像作家)

1975年

田中美音子(ハンドボール選手)

1976年

山崎弘也(お笑いタレント、アンタッチャブル)

1977年

北川悠仁(ミュージシャン、ゆず)

1977年

辻本耕志(お笑いタレント、フラミンゴ)

1978年

クノ・ベッカー (Kuno Becker)(俳優)

1979年

中村聖奈(グラビアモデル)

1979年

アンジェラ・リンドヴァル(スーパーモデル、女優)

1979年

ヴィレ・ヴァンニ(ミュージシャン(外科医)

1980年

玉木宏(俳優、歌手)

1980年

山口瑠美(歌手)

1980年

炭谷宗佑(元日本テレビアナウンサー)

1980年

甲斐田裕子(声優)

1980年

ゾーイ・ジョーンズ(フィギュアスケート選手)

1981年

新山千春(タレント)

1981年

森田香央里(タレント)

1981年

村上純(お笑いタレント(しずる)

1981年

田口節子(競艇選手)

1982年

桜田さくら(AV女優)

1982年

ビクトル・バルデス(サッカー選手)

1983年

上原多香子(歌手、SPEED)

1984年

エリック・アイバー(メジャーリーガー)

1984年

マイク・ペルフリー(メジャーリーガー)

1984年

松尾依里佳(ヴァイオリニスト、タレント)

1985年

小明(グラビアアイドル)

1985年

ショーン・ソーヤー(フィギュアスケート選手)

1985年

雅原慶(ミュージカル俳優)

1985年

古市憲寿(社会学者)

1986年

ヨアン・キャバイェ(サッカー選手)

1986年

武田航平(俳優)

1986年

松岡佑起(陸上競技選手)

1986年

前野朋哉(俳優)

1987年

橋本淳(俳優)

1987年

井手麻実(アナウンサー)

1988年

後藤友香里(声優、歌手、元AAA)

1988年

藤原正典(プロ野球選手)

1989年

豊田エリー(女優)

1989年

山田真央(タレント)

1990年

エレーナ・ロドリゲス(フィギュアスケート選手)

1991年

市川華菜(陸上競技(短距離)選手)

1991年

李雪ゼイ(バドミントン選手)

1991年

北條瑛祐(朝日放送アナウンサー)

1991年

アーロン・アルテール(メジャーリーガー)

1991年

トッド・ヴァン・スティーンゼル(マイナーリーガー)

1992年

石谷春貴(声優)

1993年

マリヤ・クチナ(陸上競技選手)

1993年

ドヴィダス・ネブラウスカス(プロ野球選手)

1994年

増田怜奈(女優、タレント、ジュニアアイドル)

1994年

栞菜智世(歌手)

1997年

夏欣怡(バレーボール選手)

1998年

森高愛(ファッションモデル(女優)

1998年

村上来渚(LANA)(歌手、アイドル(GEM)

生年不明

熊谷勇希(声優)

生年不明

大橋世津(声優)

スポンサーリンク

 

アニメや漫画のキャラの誕生日

1998年

神浜コウジ(「プリティーリズム・レインボーライブ」(「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」に登場するキャラクター)

生年不明

朽木ルキア(漫画・アニメ「BLEACH」に登場するキャラクター)

生年不明

中慈馬早苗(漫画・アニメ「すもももももも 地上最強のヨメ」に登場するキャラクター)

生年不明

風林寺美羽(漫画・アニメ「史上最強の弟子ケンイチ」に登場するキャラクター)

生年不明

父(漫画・アニメ「あたしンち」に登場するキャラクター)

生年不明

東城綾(漫画・アニメ「いちご100%」に登場するキャラクター)

スポンサーリンク

 

忌日・命日

1月14日の忌日、命日を紹介します。

有名人・偉人の忌日・命日

人物[編集]

1676年

ピエトロ・フランチェスコ・カヴァッリ(作曲家)

1695年(元禄7年11月29日)

島津光久(第2代薩摩藩主)

1701年(元禄13年12月6日)

徳川光圀(第2代水戸藩主)

1742年

エドモンド・ハレー(天文学者)

1753年

ジョージ・バークリー(神学者)

1788年

フランソワ・ド・グラス(フランス海軍提督)

1867年

ドミニク・アングル(画家)

1898年

ルイス・キャロル(童話作家、数学者)

1901年

シャルル・エルミート(数学者)

1905年

エルンスト・アッベ(物理学者)

1924年

ゲザ・ジチー(作曲家、ピアニスト)

1928年

アル・リーチ(野球選手)

1931年

ハーディ・リチャードソン(メジャーリーガー)

1938年

初世野村萬斎(狂言方)

1949年

ホアキン・トゥリーナ(作曲家)

1952年

アルトゥール・カップ(作曲家)

1953年

鳥居龍蔵(考古学者、人類学者、民俗学者)

1957年

ハンフリー・ボガート(俳優)

1961年

バリー・フィッツジェラルド(俳優)

[ads19]

1964年

浅川伯教(彫刻家、陶磁器研究家)

1966年

セルゲイ・コロリョフ(ロケット技術者)

1972年

フレゼリク9世(デンマーク王)

1976年

ファン・ダリエンソ(タンゴのヴァイオリニスト)

1977年

アンソニー・イーデン(イギリス首相)

1977年

アナイス・ニン(作家)

1977年

ピーター・フィンチ(俳優)

1978年

ハロルド・エイブラハムス(陸上競技選手)

1978年

花森安治(編集者)

1978年

クルト・ゲーデル(数学者)

1979年

大野源一(将棋棋士)

1980年

山名文夫(グラフィックデザイナー)

1984年

レイ・クロック(起業家)

1986年

ドナ・リード(女優)

1988年

ゲオルギー・マレンコフ(政治家)

1990年

財津守(プロ野球選手)

1994年

バーナード・デイビス(微生物学者)

2002年

マイケル・ヤング(社会学者)

[ads110]

2003年

横須賀功光(写真家)

2005年

高梨公之(法学者)

2006年

アンリ・コルピ(映画監督)

2006年

シェリー・ウィンタース(女優)

2010年

ペトラ・シュルマン(モデル、女優)

2010年

ボビー・チャールズ(シンガーソングライター)

2011年

細川俊之(俳優、声優)

2011年

和田勉(演出家、テレビプロデューサー)

2012年

堀本律雄([プロ野球選手)

2014年

種田訓久(プロ野球選手)

2017年

周有光(経済学者、言語学者)

 

アニメや漫画のフィクションのキャラクターの忌日・命日

2007年

初代チョロ松(ウォークマンのCMに出演したニホンザル)

スポンサーリンク

 

出来事

1月14日に起きた、過去の歴史的な出来事、アニメや映画、漫画、小説の出来事を紹介します。

主な出来事・歴史上の出来事

1526年

神聖ローマ皇帝カール5世と捕虜となったフランス王フランソワ1世が、イタリア戦争においてマドリード条約を締結した日です。

1724年

スペイン王のフェリペ5世が譲位した日です。しかし、後継者のルイス1世が病死したことで同年中に復位ました。

1814年

キール条約、デンマークとスウェーデンとの間で締結された日です。

1858年

ナポレオン3世の暗殺未遂事件を主犯がフェリーチェ・オルシーニが発生した日です。

1874年

岩倉具視が東京の赤坂で不平士族に襲撃される「喰違の変」が起こった日です。

1881年

東京において、内務省警視局を改組し、警視庁を再設置した日です。

1900年

ローマで、ジャコモ・プッチーニのオペラの「トスカ」が初めて演じられた日です。

1903年

インドビハール州ラージギル郊外で、大谷光瑞率いる大谷探検隊が釈迦の住んでいた霊鷲山を発見した日です。

1914年

法科大学の教授全員が、京都帝国大学で沢柳政太郎総長の人事に反発して辞表を提出した「沢柳事件」が起こった日です。

1939年

ドローニング・モード・ランドの領有をノルウェーが宣言した日です。

1940年

阿部信行内閣が総辞職した日です。

1943年

ウィンストン・チャーチルとフランクリン・ルーズベルトが欧州戦線での協力と枢軸国に対する無条件降伏の要求を確認する「カサブランカ会談が開催」が行われた日です。

1950年

初飛行をMiG-17した日です。

1954年

ハドソンとナッシュの合併で、アメリカン・モーターズが創業した日です。

1959年

1年間、南極大陸で置き去りにされたカラフト犬のタロとジロの生存が確認された日です。

スポンサーリンク

1963年

名門劇団の文学座の分裂が表面化したことで、クーデター的に中堅劇団員が集団で脱退して「劇団雲」を結成した日です。

1967年

ヒューマンビーインが、サンフランシスコではじまった日です。

1969年

アメリカ海軍の「エンタープライズ」という航空母艦の艦載機に搭載されていたズーニー・ロケット弾が爆発したことで27人の死者を出した日です。

1970年

第3次佐藤栄作内閣が成立した日です。

1972年

デンマーク女王にマルグレーテ2世が即位した日です。

1978年

伊豆大島近海で、マグニチュード7.0の地震が発生して25人の死者を脱した日です。

1978年

メンバーのジョニー・ロットンが、ロックバンドのセックス・ピストルズを脱退したことで、実質上の解散となった日です。

1980年

第8代インド首相にインディラ・ガンディーが就任した日です。

1987年

「藤波辰爾 vs 木村健悟」の後楽園ホールでの一興行で1試合のみの史上で初めてのワンマッチ興行が行われた日です。チケットは当日販売のみでしたが超満員で、入場できなかった人が多数でるほどの人気でした。

1997年

後楽園ホールで、マーク・フレミング、セッド・ジニアス、ヘンリー・ロビンソンの3選手での巴戦・アイアンマン・コンテストが全7試合で行われた日です。

2004年

500年ぶりにグルジア王国の旗がグルジアの国旗として復活した日です。

2005年

欧州宇宙機関の土星探査機「カッシーニ」から分離された小型探査機「ホイヘンス・プローブ」が土星の衛星タイタンに突入して表面に着陸した日です。

2009年

中央大学教授刺殺事件が起こった日です。

2009年

国家元首初の北極点到達者モナコ大公アルベール2世が国家元首として初めて南極点に到達したことで、地球の両極点を制覇した日です。

2011年

チュニジアのザイン・アル=アービディーン・ベン=アリー大統領がサウジアラビアに脱出する「ジャスミン革命」が起こった日です。

 

アニメや漫画、映画、小説などの出来事

漫画やアニメ、映画、テレビ番組、小説などのフィクションでの出来事を紹介します。

1957年(昭和32年)

東京駅で安田辰郎(とみ子(八重子の三人が(お時さんが男と「あさかぜ」に乗車するのを目撃する。(「点と線」第2章)

 

まとめ

1月14日の「今日は何の日」として、「歴史的な出来事」「誕生石」「記念日」「誕生花」「有名人の誕生日や命日、忌日」なとを紹介しました。