2017年のプロ野球は、セリーグは広島、パリーグはソフトバンクが他のチームと圧倒的な差をつけて優勝しました。これから気になるのがクライマックスシリーズ(CS)と日本シリーズです。

ここでは、「クライマックスシリーズ(CS)」と「日本シリーズ」の

  • 日程
  • 闘いの場所となる球場
  • チケットの販売日と購入方法
  • クライマックスシリーズと日本シリーズのルール
  • 歴代の情報

など、についての情報をまとめて紹介しています。


10月1日:セリーグのCS進出は、広島、阪神、DeNA
10月1日:DeNa2年連続CS進出
10月1日:巨人がCS進出をのがす

 

スポンサーリンク




プロ野球の最新の順位

プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)に残るチームを予測するには、最新の順位が気になるところです。

セリーグの順位 10月1日現在

セ・リーグ順位  
1位 広島 87 51 4 優勝
2位 阪神 76 61 4 11
3位 DeNA 71 65 5 4.5
4位 巨人 71 68 3 1.5
5位 中日 59 75 5 9.5
6位 ヤクルト 45 95 2 17

セリーグのクライマックスシリーズ(CS)の予測

現状のセリーグの順位をチェックすると、1位の広島が、優勝したことで、クライマックスシリーズ(CS)への進出が決定しました。2位の阪神は、3位のDeNAに5.5ゲームの差をつけているのえ、順当に行けば、阪神がクライマックスシリーズへの進出を決める可能性が高いと予測できます。3位のチームですが、現在は、DeNAか4位の巨人の2チームが、ゲーム差が0.5ゲームなので、クライマックスシリーズへの進出を競っているところです。5位の中日は、ゲーム差が9あるので、クライマックスシリーズへの進出は厳しいと思います。最下位のヤクルトは、さらにゲーム差が14なので、クライマックスシリーズへの進出は絶望的でしょう。

パリーグの順位 10月1日現在

パ・リーグ順位  
1位 ソフトバンク 93 48 0 優勝
2位 西武 78 60 3 13.5
3位 楽天 74 60 2 2
4位 オリックス 63 74 1 12.5
5位 日本ハム 56 83 0 8
6位 ロッテ 52 86 1 3.5


パリーグのクライマックスシリーズ(CS)への進出チームの予想

パリーグのクライマックスシリーズ(CS)へ進出するチームは、1位のソフトバンクが優勝を決めたことで決定しました。2位の西武と3位の楽天のゲーム差は2です。4位のオリックスとのゲーム差は13なので、ほぼほぼ、クライマックスシリーズへ進出するのは、ソフトバンク、西武、楽天の3チームになるのではないかと予想できます。

クライマックスシリーズ(CS)の日程

クライマックスシリーズの日程は、セリーグとパリーグでは、同じ日程で試合が行われます。試合は、10月14日から18日の間で行われます。最初の試合であるファーストステージは10月14日から始まり、次のファイナルステージは10月18日から始まります。

セリーグのファーストステージ

セリーグのファーストステージは、2位のチームと3位のチームの戦いになります。現状では、阪神とDeNAか巨人の戦いになる可能性が高いです。

試合日程

  1. 14日(土曜日):2位のチームと3位のチームの戦い
  2. 15日(日曜日):2位のチームと3位のチームの戦い
  3. 16日(月曜日):2位のチームと3位のチームの戦い
  4. 17日(火曜日):予備日

試合の場所となる球場

試合の場所は、セリーグで2位になったチームの本拠地の球場です。2位のチームは阪神です。阪神の甲子園球場で行われる可能性が高いと思います。

ファイナルステージに進むチームは?

クライマックスシリーズ(CS)は、3試合あります。先に2勝したチームがファイナルステージに進出します。

セリーグのファイナルステージ

セリーグのファイナルステージは、ペナントレースの1位のチームとファーストステージの勝者での戦いになります。

セリーグのファイナルステージの日程

ファイナルステージは、10月18日(水曜日)から開始されます。

10月18日(水曜日) 18時~ :広島×ファーストステージの勝者
10月19日(木曜日) 18時~ :広島×ファーストステージの勝者
10月20日(金曜日) 18時~ :広島×ファーストステージの勝者
10月21日(土曜日) 13時半~ :広島×ファーストステージの勝者
10月22日(日曜日) 13時半~ :広島×ファーストステージの勝者
10月23日(月曜日) 18時~ :広島×ファーストステージの勝者
10月24日(火曜日) 18時~ :予備日
10月25日(水曜日) 18時~ :予備日

ファイナルステージのアドバンテージのルール

プロ野球のリーグ戦で優勝した広島には、アドバンテージとして1勝が得た状態からファイナルステージがスタートします。その状態で、6試合を戦い、先に4勝した方の勝利になり、日本シリーズに進出することになります。

日本シリーズに進出する為に必要な勝利数

  • 広島:3勝(アドバンテージの1勝を追加)
  • ファーストステージの勝者:4勝

上記の通り、ファーストステージを勝ち抜いたチームは、1勝多い4勝しないと日本シリーズには進出できません。

セリーグのファイナルステージの球場の場所

セリーグのクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージの試合が行われる球場は、リーグ優勝したチームの本拠地になります。その為、2017年の優勝チームである広島東洋カープの本拠地である「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」で行われます。

パリーグのファーストステージ

パリーグのファーストステージは、2位のチームと3位のチームの戦いになります。2位と3位は西武と楽天です。4位のオリックスはゲーム差が13あるので、西武と楽天の戦いになる可能性が高いです。

試合日程

  1. 14日(土曜日):2位のチームと3位のチームの戦い
  2. 15日(日曜日):2位のチームと3位のチームの戦い
  3. 16日(月曜日):2位のチームと3位のチームの戦い
  4. 17日(火曜日):予備日

試合の場所となる球場

試合の場所は、パリーグで2位になったチームの本拠地の球場です。西武の本拠地は、埼玉県所沢市にある西武ドームです。楽天の本拠地は、宮城県仙台市にある宮城球場です。西武ドームか宮城球場のどちらかでパリーグのクライマックスシリーズのファーストステージの戦いが行われる可能性が高いです。

ファイナルステージに進むチームは?

クライマックスシリーズ(CS)は、3試合して、先に2勝したチームがファイナルステージに進出します。

パリーグのファイナルステージ

パリーグのファイナルステージは、ペナントレースの闘いで1位になったソフトバンクとファーストステージの勝者での戦いになります。

セリーグのファイナルステージの日程

ファイナルステージは、10月18日(水曜日)からです。

10月18日(水曜日) 18時~ :ソフトバンク×ファーストステージの勝者
10月19日(木曜日) 18時~ :ソフトバンク×ファーストステージの勝者
10月20日(金曜日) 18時~ :ソフトバンク×ファーストステージの勝者
10月21日(土曜日) 13時半~ :ソフトバンク×ファーストステージの勝者
10月22日(日曜日) 13時半~ :ソフトバンク×ファーストステージの勝者
10月23日(月曜日) 18時~ :ソフトバンク×ファーストステージの勝者
10月24日(火曜日) 18時~ :予備日
10月25日(水曜日) 18時~ :予備日

ファイナルステージのアドバンテージのルール

プロ野球のリーグ戦で優勝したソフトバンクには、アドバンテージとして1勝をプラスした状態でファイナルステージの戦いが始まります。その状態で、6試合して、先に4勝した方のチームが勝利となり、日本シリーズに進出が決定します。

日本シリーズに進出する為に必要な勝利数

  • ソフトバンク:3勝(アドバンテージの1勝を追加)
  • ファーストステージの勝者:4勝

上記の通り、ファーストステージを勝ち抜いたチームは、1勝多い4勝しないと日本シリーズには進出できません。

パリーグのファイナルステージの球場の場所

パリーグのクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージの試合は、パリーグのリーグ戦で優勝したソフトバンクの本拠地である九州の福岡ドームで開催されます。

クライマックスシリーズ(CS)のテレビ放送での中継は?

2017年のクライマックスシリーズ(CS)のテレビ放送での中継は、どうなのでしょうか?2016年の昨年のテレビ中継を確認すると地上波とBSでは、クライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージの中継の予定は限られているようです。(地上波は、現在未定

全試合を放送で見たい人は、スカパーに加入するといいです。

ちなみに、2016年の地上波での全国放送は、TBS系列で広島とDeNAの一試合のみが放送されただけでした。

日本シリーズの場合は、全試合、全国放送でテレビの中継が行われますが、クライマックスシリーズ(CS)の場合は、全国放送は難しいようです。

テレビ以外で見る方法

テレビ以外では、スマホで見ることができるようです。スマホで見る場合は、ソフトバンクが行っている「スポーツナビライフ」という動画配信サービスで試合を鑑賞することができます。

ソフトバンクのスマホを利用している人は、月額500円で全試合見れます。ソフトバンク以外のドコモやAUなどのスマホを持っている人は、月額3000円なので、少し高いです。

ただし、ソフトバンクのスポーツナビライフのサービスは、パリーグの試合だけを放送しているので、セリーグのクライマックスシリーズ(CS)は見れません。

日本シリーズの放送をするかどうかは、現在未定です。

クライマックスシリーズ(CS)のチケットの販売日

セリーグとパリーグのクライマックスシリーズ(CS)のチケットの販売日を紹介します。

セリーグのクライマックスシリーズ(CS)の発売日

セリーグのクライマックスシリーズ(CS)は、阪神タイガース、DeNAベイスターズ、横浜ベイスターズの3チームがファーストステージの試合に参戦する可能性があります。

有力な阪神の公式サイトでは、まだ、発表情報は確認できませんでした。DeNAと巨人は販売日の日程が発表されています。

クライマックスシリーズ(CS)のチケットの注意点

クライマックスシリーズ(CS)のチケットの購入にさいして、発売日などを紹介していますが、購入できるのは、2位になり、クライマックスシリーズ(CS)のファーストステージが、DeNAや巨人の本拠地である球場で試合が開催される場合に有効になります。

DeNAベイスターズの公式サイトの情報

2017年度の公式ファンクラブの『B☆SPIRIT友の会』の会員であれば、先行販売の抽選に参加することができます。

  • 抽選お申込期間:10月3日(火)10:00~10月5日(木)23:30
  • 当落確認・払込票番号確認:10月8日(日)10:00 (※)より
  • チケット受取期限:10月10日(火)23:30まで

チケットの一般販売は、下記の通りになります。

  • シーズンシートの契約者:10月11日(水) 12:00~
  • 公式ファンクラブ「ゴールドステージ+」:10月11日(水) 12:00~
  • 公式ファンクラブ「ゴールドステージ」:10月11日(水) 17:00~
  • 公式ファンクラブ「シルバーステージ」:10月12日(木) 12:00~
  • 公式ファンクラブ「ブロンズステージ」:10月12日(木) 15:00~
  • 公式ファンクラブ「ベーシックステージ」:10月12日(木) 17:00~
  • 一般販売:10月13日(金) 10:00~

チケットの購入方法

横浜DeNAベイスターズの公式ホームページによると下記のような方法でのチケットの購入が可能です。

  • 横浜DeNAベイスターズチケット(ベイチケ)
  • コンビニ:セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス(Kステーション設置店舗のみ)、ミニストップ
  • 店頭プレイガイド:チケットぴあのお店
  • 各プレイガイドホームページ:セブンチケット、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス
  • 電話予約:ローソンチケット

雨天中止・延期になった時のチケットは?

購入したチケットの日に雨が降り、試合が延期された場合は、基本的に、次の試合のチケットとして利用することができます。

※クライマックスシリーズ(CS)のチケットの注意点
クライマックスシリーズ(CS)のチケットには、「第1戦」「第2戦」といった何戦目の試合かが記載されています。この何戦目の試合であるかが優先されます。試合が行われる日は関係ありません。

その為、例えば、10月14日(土曜日)の第1戦が雨天中止になった場合は、
「10月14日(土)第1戦のチケット」で「10月15日(日)第1戦のチケット」として使えます。

この為、もしも第一戦目が翌日に延びた場合は、
「10月15日(日)第2戦のチケット」が「10月16日(月)第2戦のチケット」として使え、「10月16日(月)第3戦のチケット」が「10月17日(火)第3戦のチケット」として使うことができます。

チケットの払い戻し

クライマックスシリーズ(CS)のファーストステージの試合が雨天中止など試合が行われなかった場合には、払い戻しが可能です。

ただし、払い戻しは、販売店舗で対応するので、球場に行って、横浜スタジアムでの払い戻しは行っていないので注意してくささい。

巨人の公式サイトの情報

巨人の公式サイトに、クライマックスシリーズ(CS)の公式サイトにチケットの販売情報が掲載されていました。基本的にファンクラブの人に優先してチケットが販売されます。

ファンクラブ

ファンクラブの人は、先行抽選販売に参加できます。申込みは、下記の期間で行う必要があります。

  • プライム会員 :9月22日(金)12時~9月27日(水)12時
  • エンジョイ会員 :9月26日(火)12時~9月29日(金)12時

先行販売のチケットの当選か落選は、10月3日(火)に行われます。

一般販売

巨人の場合は、チケットの一般購入は、10月7日(土曜日)の午後11時~発売の予定です。

チケットの購入方法

一般販売されるチケットは、ネットでの購入と店舗での購入が可能です。

ネットでの購入

  • ロ―チケ
  • セブンチケット
  • チケットぴあ
  • チケットキャンプ
  • eプラス
  • チケットGIANTS

といった方法で購入できます。

店舗で購入する方法

店舗でチケットを購入したい場合は、

東京ドーム

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • サークルK
  • ファミリーマート
  • ミニストップ

といった球場かコンビニで買うことが出来ます。コンビニでの販売は、いつかは、まだ発表されていません。

広島のクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージのチケットの販売日、申込み情報

広島のクライマックスシリーズのチケットの抽選受付は、9月22日(金曜日)10時~24日(日曜日)18時までです。
抽選の申し込みは、

  • セブンチケット
  • ローソンチケット
  • e+(イープラス)
  • チケットぴあ

で、インターネットや電話などで可能です。

チケットの当選確認と引換は、9月28日からです。上記の申し込み方法によって、10月1日か10月4日までに引き換えを行う必要があります。

一般発売

チケットの一般発売は、10月4日(水曜日)の10時からです。こちらは、先着順での発売になります。残席があれば10月5日でも発売されています。

一般発売についても

  • セブンチケット
  • ローソンチケット
  • e+(イープラス)
  • チケットぴあ

で、購入することになります。

パリーグのクライマックスシリーズ(CS)のチケット販売情報

パリーグのクライマックスシリーズ(CS)のファーストステージの試合が行われる可能性がある西武と楽天の公式サイトをチェックしましたが、まだ、発表されていませんでした。

クライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージのチケット販売

ソフトバンクの公式サイトでは、ヤフオクドームで行われる10月18日~23日までのチケットは、「会員購入」ということで、会員の人のみ購入できるようになっています。

特にお得なのが10月18日~20日までの3日間は、ユニフォーム付きのチケットなのでお得です。

会員購入を利用する方法

ホークスのクライマックスシリーズ(CS)の試合のチケットを購入するためには、「タカチケット」の無料の会員登録が必要です。もしも、有料のクラブホークス会員になっている人は、不要です。

日本シリーズの日程

日本シリーズについては、現状、出場するチームは未定ですが、日程のみ決まっています。

  • 10/28(土):パリーグのチームの本拠地
  • 10/29(日):パリーグのチームの本拠地
  • 10/30(月):移動日
  • 10/31(火):セリーグのチームの本拠地
  • 11/1(水):セリーグのチームの本拠地
  • 11/2(木):セリーグのチームの本拠地
  • 11/3(金):移動日
  • 11/4(土):パリーグのチームの本拠地
  • 11/5(日):パリーグのチームの本拠地

日本シリーズは、何回勝てば優勝か?

日本シリーズは、先に4勝した方が優勝です。

日本シリーズの日程の決め方

日本シリーズの日程は、西暦が偶数か奇数かによって日程が決まります。

偶数の年

西暦で偶数の年は、セリーグのチームの本拠地から試合がスタートします。

  • 1戦目:セリーグのチームの本拠地
  • 2戦目:セリーグのチームの本拠地
  • 3戦目:パリーグのチームの本拠地
  • 4戦目:パリーグのチームの本拠地
  • 5戦目:パリーグのチームの本拠地
  • 6戦目:セリーグのチームの本拠地
  • 7戦目:セリーグのチームの本拠地

奇数の年

西暦で奇数の年は、パリーグのチームの本拠地から試合がスタートします。

  • 1戦目:パリーグのチームの本拠地
  • 2戦目:パリーグのチームの本拠地
  • 3戦目:セリーグのチームの本拠地
  • 4戦目:セリーグのチームの本拠地
  • 5戦目:セリーグのチームの本拠地
  • 6戦目:パリーグのチームの本拠地
  • 7戦目:パリーグのチームの本拠地

同点の場合は、どうなるのか?

日本シリーズで、同点の場合は、「1戦目~7戦目」までは、15回まで延長して、勝敗が決まらない場合は引き分けになります。8戦目以降は、決着がつくまで試合が継続します。1戦目~7戦目まで、全てが同点であることなどを踏まえて、最大で14戦までは想定しているようです。

日本シリーズのチケットの販売日、購入方法

日本シリーズのチケットの販売や予約は、まだ情報がありません。

昨年の2016年の情報を確認すると

  • LEncore会員/ローソンWEB会員の方のみ
  • ⇒10月9日(土曜日)10時~10月10日(日曜日)23時まで

  • 先行販売
  • ⇒10月13日(木曜日)10時~10月15日(土曜日)18時まで

  • 一般販売
  • ⇒10月20日(木曜日)10時~

といった日程でチケットが販売されていました。

今年のチケット販売日の予測は!?

昨年の日本シリーズは、10月22日からでした。先行発売は、10日程度まえからでした。

その為、今年は、10月28日から日本シリーズが始まるので、チケットの販売日の予想は、10月19日前後になるのではないかと予想できます。

クライマックスシリーズとは?

昔、子供の時は、プロ野球を見ていたが、ここ10年ほど、プロ野球を見たことが無かった人は、「クライマックスシリーズ」と聞いても何のことか分からないと思います。

クライマックスシリーズは、いつから出来たのか?

クライマックスシリーズが始まったのは、2007年からです。2006年までは、セリーグとパリーグの優勝チームが決まり、残りの試合が終了したら、セリーグとパリーグの優勝チームが日本シリーズをして、日本一位を決めていました。

このクライマックスシリーズができた、元になったのは、パリーグで優勝チームが決まった後の消化試合になっても面白い試合をしてもらうために、2004年~2006年の3シーズンに、上位3チームで、プレーオフ制度が実施されました。

※消化試合の問題点
優勝チームが9月の早々に決まってしまうと、その後の試合は、消化試合になります。優勝チームが決まった後は、特に、意味もない試合になるので、お客さんも真剣に応援できなくなります。さらに、優勝チームが決まり、結果が出た後は、お客の入りも悪くなります。この状態を克服して、試合に活気を取り戻すためにプレーオフが導入されました。

プレーオフ制度の成功

パリーグで導入されたプレーオフは、優勝チームが決まった後でも、2位か3位になる事ができれば、日本シリーズに進出することができるかもしれないということで、選手やお客さんのモチベーションをアップさせました。それが、工業的にも成功したことから、セリーグでも導入が決まりました。

ちなみに、2004年、2005年と、プレーオフ制度を導入した後に、優勝チーム以外が、日本シリーズに実際に行った例もあります。

クライマックスシリーズの仕組みのおさらい

クライマックスシリーズは、リーグ戦の上位3チームで争います。1位の優勝したチームには、有利なようにルールができています。

「ファ-ストステージ」と「ファイナルステージ」とは?

クライマックスシリーズでは、まずは、2位と3位のチームが「ファーストステージ」として戦います。2位のチームへのアドバンテージとして、試合が行われるのは2位のチームの本拠地です。この試合で、先に2勝した方が、ファイナルステージに進出することができます。

ファイナルステージは、1位のチームとファーストステージの勝者が戦います。勝敗は、先に4勝した方が勝ちですが、1位のチームへのアドバンテージとして、最初から1勝が与えられています。つまり、1位のチームは、3勝すれば勝ちです。また、試合は、1位のチームの本拠地で行うので、かなり有利な条件で戦うことがえきます。

リーグ戦の優勝チーム以外が日本シリーズに出た歴代のチーム

  • 2007年:中日(リーグ戦2位)
  • 2010年:ロッテ(リーグ戦3位)
  • 2014年:阪神(リーグ戦2位)

上記の通り、リーグ戦で優勝しなくても日本シリーズに出場しているチームもあります。

さらに、2007年の中日と2010年のロッテについては、日本シリーズでも勝ち抜いて日本シリーズ制覇をして日本一位になっています。

スポンサーリンク